イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

光彩る中世の広場きれいペルージャ

光彩る中世の広場きれいペルージャ_f0234936_09134962.jpg
 今年はとりわけ美しいというクリスマスのイルミネーションを、月曜の夕方、ようやくペルージャの歴史的中心街で見ることができました。

光彩る中世の広場きれいペルージャ_f0234936_08581781.jpg
Perugia, Umbria 4/1/2020

  着いたときは、まだ空が明るかったので、まずは、大噴水があるこの同じ広場に面しているペルージャのドゥオーモを訪ねました。

光彩る中世の広場きれいペルージャ_f0234936_09025349.jpg

 ドゥオーモを出ると、空はまだ完全には暗くないのですが、ちょうどプロジェクションマッピングが始まろうとするところでした。わたし同様に、ドゥオーモの階段の上から撮影しようと、互いに距離はあるものの、横並びで写している人、録画している人が何人もいたこともあり、他の人のカメラの前に立たないために、また、この角度からが、ツリーも噴水もきれいに見えるのではないかと、以下の写真はすべてこの位置から撮りました。

 プリオーリ宮殿(Palazzo dei Priori)の壁の装飾を、金色の光が縁取りしていきます。

光彩る中世の広場きれいペルージャ_f0234936_09074000.jpg

 壁面が紺碧の空となり、雪のひらや雪の結晶が、上から静かに、降っていきます。

光彩る中世の広場きれいペルージャ_f0234936_09091086.jpg

 雪が降りしきり、一面に積もる中に、宮殿の壁の装飾をうまく使って描いた家があります。

 その中を、サンタクロースが左から右へと歩いていき、

光彩る中世の広場きれいペルージャ_f0234936_09120528.jpg

次から次へと、空から赤いリボンに包まれた贈り物が降ってきます。

光彩る中世の広場きれいペルージャ_f0234936_09134962.jpg

 そうして、この美しい風景や映像が贈り物ですよと言うかのように、プリオーリ宮殿の壁に、真っ赤なリボンがきれいにかかりました。

光彩る中世の広場きれいペルージャ_f0234936_09154920.jpg

 そうして最後には、着いたときに見た、光の粒が踊るような、揺れるような像が、壁に映し出されていました。

 このプロジェクションマッピングは、このあと、カメラで録画もしました。ただし、始まって少ししてから録画を開始し、最後の部分も、この光の粒のようなあまり変化のない映像が長く続くため、割愛しました。今夜は遅いので(イタリア時間で、1月5日火曜日の午前1時を過ぎています)、またいつかご紹介できればと考えています。手ぶれがあったり、途中で拡大したりしているので、いったいどんなふうに写っているのか、まずは確認してみなければいけません。

光彩る中世の広場きれいペルージャ_f0234936_09272486.jpg

 イタリアでは、1月6日の主顕節までが、イルミネーションやクリスマスツリー、プレぜーぺなど、クリスマス飾りが町や家、教会を彩る期間となっています。ペルージャとアッシジの中心街のイルミネーションやプロジェクトマッピングが美しいことを、クリスマスの前からニュースで見て知ってはいたのですが、オレンジゾーンやレッドゾーン、悪天候で動くことができず、1月も4日になってようやく見ることができました。

 1月5日・6日もまた、イタリア全土がレッドゾーンとなり、居住する市町村の外に行くには、特別な事情や自己申請書が必要となります。今年はこういう非常事態であるため、1月7日以降も、しばらくはイルミネーションが残って、アッシジの聖フランチェスコ大聖堂に映し出されるというジョットの絵が見られることを願っています。

******************************************************************************************
Bellissima! Ieri siamo riusciti finalmente ad ammirare
Perugia vestita di luce con i nostri occhi.
Perugia, Umbria, Italy 4/1/2020
*****************************************************************************************

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 

Commented by ciao66 at 2021-01-05 16:11
プロジェクションマッピング、なかなかいいセンスだし、これは楽しいですね♪雪が降る街にサンタが登場して空からプレゼントが降ってくる!お正月まで続くクリスマスなんですね!
Commented by ムームー at 2021-01-06 14:28 x
なおこさん
こんにちは
やっぱりペルージャの街並みは素晴らしいですね
ツリーも品があり見とれます
宮殿のマッピングも気が利いていますねぇ
見せていただいて嬉しいです
いつもご心配おかけしています
Commented by tokotakikuh at 2021-01-06 15:14
ありがとうございます

内科医の「薬」変えましょう
これだけ?はい・。これだけでした( ´艸`)

寒いと、血圧上ります
神経と、ストレスが、最悪ですかね・(笑)

ここを訪問させていただき
この光景に・眼の保養をありがとうございます
Commented at 2021-01-07 07:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2021-01-07 07:40
ciao66さん、次は何が起こるんだろうと、大人も子供も楽しんで見られて、いいなあと思いました。絵として美しかったり、かわいらしかったり。イタリアのクリスマスは例年は1月6日、今日の晩で終わりなのですが、さあ、今年はもう少し長くイルミネーションを置いておいてくれたら、アッシジでも見られるのですが、どうなることでしょう。
Commented by milletti_naoko at 2021-01-07 07:51
ムームーさん、こんばんは。ありがとうございます♪
冬のしんとした寒さの中、通りのイルミネーションや宮殿に光が描く絵がきれいだなあと感嘆しました。共感してくださったと知って、こちらこそうれしいです。
どうかくれぐれもお体を大切にお過ごしくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2021-01-07 07:57
zakkkanさん、どういたしまして。
うちの義母も、高血圧で、もう数十年ずっと薬を飲み続けているのですが、同じ薬ばかり飲み続けるのはやはりよくないようで、変えたらけれど、その薬の副作用で咳が止まらなくなったりして、また薬を変えたこともあり、薬とは体との相性もあるので、なかなか難しいですよね。

ずっと続けていらっしゃる早起きとお散歩、きっときっとコレステロールと高血圧にも、少しずつけれど確実に、効果が出てきますように。こういう状況ですから、どうしてもストレスはありますよね。

こちらこそご訪問とお優しくうれしいお言葉をありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2021-01-07 08:00
鍵コメントの方へ、おっしゃるように、こういう時期ですからなおさら、外でも楽しめるこうした映像がうれしく、ありがたいです。
できるだけ早く、動画でもご紹介できればとは考えています。
できるかなできるかな……
すてきなお言葉をいつもありがとうございます♪
Commented at 2021-01-08 06:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2021-01-08 07:51
鍵コメントの方へ、ありがとうございます♪
Commented by cometsan1966 at 2021-01-08 22:13
ペルージャの歴史的中心街でのクリスマスイルミネーション☆
そう聞いただけで何だか心がワクワクしますね(*^^*)

ドゥーモの階段からの撮影・・ここは絶好のポイントでしたね!
プロジェクションマッピング・・プリオーリ宮殿の壁の装飾を
うまく利用してとっても美しいですね~素晴らしい!お見事です(^^)/
サンタクロースも歩いて登場するのですね(^-^;ふふふ
真っ赤なリボンがクリスマスプレゼントの様で素敵ですね!
素晴らしい光景をお伝え頂きありがとうございました!

レッドゾーンでは市町村の外への移動は特別な理由や事故申請書
が必要なんですね・・日本もそれくらい踏み込まないと
個人の良心に委ねてばかりいたのでは収束は見えないのでは
と思います・・長いトンネルに入った閉そく感を感じます((+_+))
Commented by milletti_naoko at 2021-01-10 01:46
お馬さん、クリスマスのイルミネーションがあるうちに見に行くことができて、うれしかったです。ありがとうございます♪

子供も見て楽しめるように、いろいろ工夫してあって、けれど美しい映像もあっていいなあと思いました。こちらこそ、共感してくださったと知って、うれしいです。

オレンジゾーンでも市町村街への移動は原則として禁止で、レッドゾーンの場合は、特にどうしてもという理由がなければ、うちの近所を離れてはいけないということにさえなっています。罰金が400ユーロから1000ユーロでも、それでも残念ながら、各地域で示し合わせて落ち合って騒いでいる若者がいて、それが問題となると同時に、それをきっかけにすでに感染が広がっている地域がペルージャの隣町でもあるそうです。

やはり国民任せではなく収束のために皆があるべき行動を取るように、国も率先して動いてほしいものですね。
by milletti_naoko | 2021-01-05 09:27 | Umbria | Comments(12)