イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

寿司とイタリア人、とっておきの外食から日常食へ、World Voice 連載第15回

 「43パーセントのイタリア人は、直近3か月にスーパーで寿司を購入したことがある。42パーセントが月に1度以上、26パーセントが半年に1度から3度、19パーセントはまれに購入し、スーパーで寿司を購入したことが一度もないイタリア人は13パーセントにとどまる。」

寿司とイタリア人、とっておきの外食から日常食へ、World Voice 連載第15回_f0234936_20160137.png
https://www.nielsen.com/it/it/insights/article/2019/sushi-nella-gdo/

 以上は、2019年にニールセン社が行った調査の結果です。

 確かに、数年前にペルージャ郊外の大型スーパーで見つけて驚いていた寿司が、最近ではなんと我が家の近所のスーパーでさえ売られるようになったのですが、昨晩この記事を見たときは、びっくりしました。伝統の食文化を誇るイタリアでは、日本に比べると、海外の料理を日々の食卓に取り入れたり、外国料理のレストランを見かけたりすることが少なく、従来の食生活をそんなにも変えることはなかろうと思っていたからです。

 記事の冒頭にはさらに、「今日ではイタリア人の96パーセントが寿司を喜んで食べ、28%は毎日食べてもいいとさえ言っている。」と書かれています。そうして、イタリア人にとって、寿司が、特別な機会の外食から、身近な食品となった理由についても考察しています。

 ニューズウィーク日本版姉妹サイト、World Voice 連載第15回、「寿司とイタリア人、とっておきの外食から日常食へ」では、イタリアでの寿司や日本料理店の普及について、2009年、2015年、2019年の関連ニュース記事や、ウンブリア州での状況も紹介しています。よろしかったら、ぜひお読みください。

寿司とイタリア人、とっておきの外食から日常食へ、World Voice 連載第15回_f0234936_22025103.png
https://www.newsweekjapan.jp/worldvoice/ishii/2021/01/post-10.php

 記事の構想を練り始めたときは、オルヴィエートで新春に寿司を食べたことを話の枕にして、イタリアでの寿司や日本料理の人気について、そして、sushiやtempuraなど、日本の食に関わる言葉が、外来語としてイタリア語に定着しつつあることについて書こうと考えていました。寿司の人気や日本料理店の増加については、かつて新聞記事で見かけたことがあったので、そうした状況を数字と共に紹介する記事をインターネットで探し、文章の流れの中に取り込んで紹介するつもりでした。

 ところがその過程で見つかったニュース記事を読んでいくと、近年の記事や調査にはむしろ、イタリアで、日本料理をはじめとするエスニック料理を作る人や、エスニック食材を購入する人が増えたこと、また、今回ご紹介した記事のように、寿司がスーパーで買われる身近な食品となったことを語るものが多いのです。そのため、予定を変更して、わたしがイタリアで暮らし始めた19年前から今までの、イタリア人と寿司、日本料理の関わり、そしてその変化について書くことにしました。



 そうやって、今朝未明まで記事を書いていたら、ウンブリア州にできては消えていった、値段は若干高いけれど、とてもおいしかった日本料理店の数々を思い出しました。

 閑話休題。上述のニールセン社の調査結果を報告する記事によると、寿司を食べて満足したというイタリア人消費者の割合は、レストランでは76パーセントであるのに対し、スーパーで購入した商品については42パーセントとなっています。さらに、36パーセントのイタリア人は、スーパーで販売される日本食の生魚の安全性を疑っているとも書かれています。このニールセン社の記事は、スーパーでの寿司の販売を拡大していくためには、販売する寿司の品質を向上させ、購入したいと考える消費者が入手しやすいようにすること、また、42パーセントの消費者が高すぎると感じている値段について検討することが、販売業者と生産者にとっての課題であるという考察で、締めくくられています。

 ペルージャ郊外の大型スーパーで売られていた寿司が思いのほかおいしいと、東京でおいしい寿司に食べ慣れているだろう日本の友人から聞いて、いつか食べてみたいと考えたのは、もう数年前の話です。最近も店で見かけたものの、惣菜として買って家で食べるには値段が高いし、また、食品添加物も気になったので、そのときは買いませんでしたし、まだ購入したことがないのですが、いつかより安全でよりおいしい寿司が、より手頃な価格で、スーパーで買えるようになれば、買ってもいいかなと考えています。わたしとしては、特別なおいしさやうれしさをしっかりと味わうために、できればおいしい店でゆっくりと食事を楽しむことを好んではいるのですけれども。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

by milletti_naoko | 2021-01-13 22:54 | Notizie & Curiosita