イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

美しい町と首相候補ドラーギ ウンブリア大半がレッドゾーンに

 コンテ首相続投とならぬことを今も残念に思うものの、マッタレッラ大統領が首相候補として指名したマリオ・ドラーギは、前欧州中央銀行総裁で、欧州の他国からも信頼が厚く、誠実な人柄と仕事の手腕で知られています。この数日のドラーギと各党代表との協議に関するニュースを見ると、幸い、新型コロナウイルス感染症拡大の原因ともなり、国の極端な右傾化を招きかねない選挙は、なんとか避けることができそうで、とりあえずはほっとしています。

 ただ、経済・金融畑でやって来た人だけに、産業、企業や銀行ばかりではなく、国民一人ひとりの暮らしや福祉にも目を向けて、人権や平等を重視してくれるのだろうかという懸念がありました。

美しい町と首相候補ドラーギ ウンブリア大半がレッドゾーンに_f0234936_08445424.jpg
Città della Pieve (PG), Umbria 28/12/2018

 チッタ・デッラ・ピエーヴェ(Città della Pieve)は、ウンブリア州の西の端、トスカーナ州との州境にあり、レンガ造りの町並みが美しい町です。

美しい町と首相候補ドラーギ ウンブリア大半がレッドゾーンに_f0234936_08502683.jpg

 キアニーナ牛の産地として知られるキアーナ渓谷を見晴らす丘の上に、歴史的中心街があり、

美しい町と首相候補ドラーギ ウンブリア大半がレッドゾーンに_f0234936_08552034.jpg

町を歩くと、小路の向こうに、下方に広がる緑の風景も見えて、風情があります。

 閑話休題。今日の夕方、ウンブリアの地方ニュースを見ていたら、イタリアの次期首相候補、ドラーギの別荘が、そのチッタ・デッラ・ピエーヴェにあって、教会にも通うので町の神父もよく知っている上、町の人にも顔なじみで、この週末はチッタ・デッラ・ピエーヴェで過ごすのだという報道があって、驚きました。



 ニュースではla seconda casa「第二の家、別邸」という言葉を使っていたのですが、AGI通信(Agenzia Gioralistica Italia)の記事によると、休暇を過ごすために2009年に購入した緑のただなかにある家なのだそうです。近年ではチッタ・デッラ・ピエーヴェの町の人が、町中でドラーギを見かけることがよくあり、町から約1km離れた家に、妻と二人で、昨年はほぼ定住していたとのことです。

 この数日は、なんとローマから150km離れたこのチッタ・デッラ・ピエーヴェの家から、ローマに通っていたとのことです。

美しい町と首相候補ドラーギ ウンブリア大半がレッドゾーンに_f0234936_09240272.jpg

 親切で素朴な人柄だという町の神父や新聞屋、肉屋のドラーギを語る言葉を聞いて、温かい人であるようだと、安心しました。



 画家、ペルジーノの出身地であるチッタ・デッラ・ピエーヴェには、ペルジーノの手になる美しい《東方三博士の礼拝》の壁画があり、また例年、クリスマスを祝う期間には、イエス・キリストの生誕場面を再現する大規模のプレゼーペが設置されます。

 2018年のクリスマスの頃にそのプレゼーペを訪ねたとき、その展示会場の壁に、

美しい町と首相候補ドラーギ ウンブリア大半がレッドゾーンに_f0234936_09305077.jpg

こんな言葉が掲げられていました。

「すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。

 人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神を持って行動しなければならない。」

(世界人権宣言 第1条)(訳はこちらのページから引用)

美しい町と首相候補ドラーギ ウンブリア大半がレッドゾーンに_f0234936_09433814.jpg

 こういう思いを持つ町の人たちが、いい人だ、この人なら国政を任せられると考えるなら、そうして、この町で、ドラーギ夫妻が心地よく暮らすことができているなら、国や企業の利益ばかりではなく、一人ひとりの暮らしや命も大切に考えてくれるのではないかと希望が持てるように思います。



 さて、ウンブリア州では、特に北のペルージャ県で、新型コロナウイルスの感染が拡大して、深刻な状況であることを、先日もお話ししました。ドラーギの別荘があるチッタ・デッラ・ピエーヴェも、上の地図の左端にその名があり、新規感染者の多い29の市町村の一つとなっています。

 最近になって、このウンブリアでの感染者の急増は、病院内ではブラジル型の変異種、ペルージャ県の病院の外では、英国型の変異種が出回っているためであることが発覚しました。

 その後も、新規感染者数が後を絶たず、集中治療室の病床が逼迫する状況となる病院が出てきたために、ウンブリア州はオレンジゾーンにとどまるものの、


2月8日月曜日から21日までの14日間、ペルージャ県のすべての市町村、そして、テルニ県で新規感染者数の多い六つの市町村が、レッドゾーンとなることになりました。

美しい町と首相候補ドラーギ ウンブリア大半がレッドゾーンに_f0234936_00303364.png
出典:在イタリア日本国大使館「ゾーン別措置(概要:2021年2月7日現在)」
https://www.it.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid_19_misureGAR.html

 多くの店が閉業となり、外出・移動がひどく制限される上に、外出の際には必ず自己宣誓書が必要となり、取り締まりもかなり強化されるとのことです。

 上のumbria24の記事は、ドラーギも、レッドゾーンで暮らすことになるけれども、「仕事のため」という理由で、月曜はローマに行くだろうという言葉で締めくくられています。

美しい町と首相候補ドラーギ ウンブリア大半がレッドゾーンに_f0234936_10161546.jpg

 日曜とは言え昼食は、今回は、義父母や義弟夫婦とは食事を共にせず、それぞれの夫婦だけで食べることとなり、感染しやすい変異種が出回り、身近な人が感染したり、亡くなったりし始めていますので、感染を防ぐことができるとほっとしています。夫にも、少なくとも来週1週間は在宅勤務にしてもらいたいのですが、さて、なんとか説得することができるでしょうか。

 わたしの授業は、もう長いこと、オンライン授業一本になっています。

関連記事へのリンク
- 焼きそば ペルージャの歴史とイタリアの危機 (26/1/2021)
- 荒波に揺らぐイタリア、コンテ首相続投への希望、World Voice 連載第17回 (30/1/2021)
- 赤レンガ 霧の向こうに行く夕日、チッタ・デッラ・ピエーヴェ (28/12/2018)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32136477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kagura-x at 2021-02-07 11:53
美しい街並みですね。
行ってみたいなあ。

covid-19…
早く収束してほしいものです。
自由に出歩けないことが
けっこう苦痛だなと実感している次第です。
オンライン授業もいつまで続くのでしょうねえ。
Commented by tokotakikuh at 2021-02-07 16:29
アメリカも、どうやら一段落・
しかし、ミャンマーのクーデターには
情けなさを感じます
ヨーロッパも、コロナ禍で
政治騒動が、あまり報じられてないですが
庶民は、何よりも「平和」を望んでいますよ
画期的でも、活動的でも、今はコロナに集中でしょうか?
日本も、そろそろオリンピック
真剣に協議してほしい時が来ています
Commented by meife-no-shiawase at 2021-02-07 19:48
国のトップに立つ人で、色々な事が変わりますもんね。
良い風に変わるのであればいいですが
心配なところもありますね。
信頼できる能力あるトップがいれば・・・安心できますね。

この赤い風船の女のコは・・・バンクシーでしょうか?
あれ?それが壁画のところに???

お散歩だけでも外出できるのは嬉しいですね。
なおこさんも上手に外出されているようなので良かったです。
Commented by milletti_naoko at 2021-02-09 00:59
さくらさん、思うように外出や旅行ができないのは辛いですよね。早く再び自由に旅ができる日々が戻ってきますように。とりあえずペルージャはレッドゾーン、2週間はできるだけうちの中で仕事や家事、記事の執筆に励みます。

対面授業に比べて伝えるものが劣ることのないオンライン授業の在り方を模索してみるのですが、なかなか難しいです。

Commented by milletti_naoko at 2021-02-09 01:14
Zakkkanさん、ミャンマーのクーデターに、アメリカ新大統領の中国への厳しい発言、平和と自由のために活動していたボローニャ大学に通っていたエジプト人学生がもう1年も母国でテロ活動に関わったとして逮捕され勾留されていたりと、政治騒動が内外で絶えない状況が続いています。もちろん、あふれるニュースの中のごく一部しか、わたしたちの知るところとはならないのでしょうけれども。

どうか世界中の国々が、新型コロナウイルス感染という共通の敵を倒すために、平和の旗のもとに協力していけますように。
Commented by milletti_naoko at 2021-02-09 01:26
メイフェさん、経済だけではなく、国民の真の意味での福祉を考えてくれる人であることを祈っています。

おっしゃるようにバンクシーの作品ですね。絵があり言葉が書かれた紙を額に入れ、壁にかけてありました。

今日から2週間は、散歩のための外出も禁じられています。キツネとブドウではありませんが、天気も悪天候か極寒のようなので、うちの中でできることをして、必要なときには細心の注意を払って食料品を買いに行くつもりでいます。
by milletti_naoko | 2021-02-07 10:24 | Umbria | Trackback | Comments(6)