イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

復活祭2021

 カトリック教会では、今年は今日、4月4日が復活祭(Pasqua)です。

 例年であれば、朝食も義父母たちと共にして、前日に祝福を受けた卵とチーズたっぷりの復活祭のパン(Torta di Pasqua)などを食べ、それからアッシジのサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会のミサに参列して、大家族で昼食を共にし、食後にはチョコレート型の卵を贈って祝います。


 今年は、感染抑止のための規制で、トーディの義弟たちがペルージャまで来ることができないため、数日前に焼きたての復活祭のパンを義弟が取りに来たときに、姪たちへの復活祭の贈り物、卵型のチョコレートも渡していて、祝いのあいさつはオンラインです。

 今年はミサも、うちの近くの教会であれば行くことができたのですが、教皇フランチェスコがバチカンのサン・ピエートロ大聖堂で執り行うミサがテレビで中継されたので、わたしたち二人はそのミサを視聴しました。聖書の章や祈りの言葉などを主にラテン語で、また、スペイン語や英語、ギリシャ語など様々な言語でも読み上げるのは興味深いのですが、説教の言葉がなく、イエスの復活を語る場面は、これまでにも教会で何度か聞いていて知っているのですが、ラテン語ではやはり何と言っているか分かりづらいので、途中から聖書を手にして、歌を歌っている間などにその場面を読んでみました。

復活祭2021_f0234936_23174708.jpg
Gesù è risorto
Presepe pasquale alla Porziuncola, Assisi, Umbria 20/4/2014

 例年ミサに参列しているアッシジの教会で、2014年復活祭前に、イエス・キリストの誕生から復活までを模型で表したプレゼーペの展示がありました。上の写真は、そのプレゼーペの「イエスが復活した」(Gesù è risolto)という場面です。詳しくは次の記事をご覧ください。



 クリスマスや復活祭などの行事の際に歌われる歌にはいろいろな歌があり、年によって、また教会によって選曲が違ってきます。上の記事の翌年の復活祭に、サンタ・マリーア・デッリ教会のミサに参加すると、Cristo è risorto, alleluia「キリストが復活した。ハレルヤ」という歌が歌われる中、キリストの像を担いで行進していた修道士たちが、教会の中に入ってきたのですが、わたしはその音楽を聴いて驚きました。





 まさか教会でこの言葉と共に歌われるとは、思いもしなかった曲だからです。日本に暮らす方なら、誰でも知っているあの曲だったのですが、まさか讃美歌として、イエス復活を歌う歌となっているとは。

 皆さんもぜひ聴いてみてください。歌について詳しくは、次の記事をご覧ください。



 わたしは義父母への感染を心配していたのですが、同じ二世代住宅に暮らす義父母たちと義弟夫婦とは、朝食と昼食を共にして祝いました。幸い、皆が元気なので何よりです。

 今年はこういう状況下で、バレンタインも女性の日も、特に何か祝いをということは夫の側からはなかったので、

復活祭2021_f0234936_23501209.jpg

大好きなリンツの卵型チョコレートを贈ってもらって、うれしかったです。二人でいっしょに、少しずつ楽しみに食べていくのですが、やはり気持ちがうれしいです。口の中で溶けるこのリンツのチョコレートがおいしいので、わたしも夫も大好きなのです。

 後ろに咲いているのは、桜の花です。

復活祭2021_f0234936_23523853.jpg

 我が家の近所は、花粉症の原因となる花粉が多いため、日中はあまり外に出ないのでご紹介できずにいたのですが、うちの庭と畑でも、今白い桜が花盛りで、きれいな花を咲かせているのです。

 マスクなしでのおしゃべりは心配でしたが、久しぶりに皆で食事を共にし、乾杯をして祝うことができてよかったです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

Commented by nonkonogoro at 2021-04-05 08:38
この表彰式に流れる曲は
「勇者の行進」として覚えています。
いい曲ですよねえ。

讃美歌もオリジナル以外に
他の曲を使っているものも あるようですね。

私は この曲が流れると~
「ひょうしょうじょう。。。」という言葉をすぐ連想して
しまいます。

「勇者」は ずっと 「ゆうじゃ」と読んできたのですが
パソコンでは 変換されませんでした。
「ゆうしゃ」なのですねえ。。。

Commented by tokotakikuh at 2021-04-05 14:14
復活祭のこの曲ですって?
日本では・聞きなれ過ぎてますが
この曲を使用する場面は・・
必ず・スポーツと切り離せないですよね
そして、勝利への誓いです

そうでしたか?
歴史を、宗教を超えて、伝える気持ちは
解りました

エッグに絵柄を入れるのは?
楽しいですよ

日本では、生誕行事には
いろいろ携わりますが
復活祭は、さほどの、行事は目にしないですね

Commented by milletti_naoko at 2021-04-06 03:38
のんさんは、作曲したヘンデル自体が意図していた題名をご存じだったんですね! わたしは、表彰式の曲としてインプットしていて、もうずいぶん聞く機会がなかったイタリアで、教会のミサのときにいきなり歌詞つきで歌われたので、びっくりしました。
Commented by milletti_naoko at 2021-04-06 03:46
zakkkanさん、同じ曲が、日本では表彰のときに、イタリアでは復活祭を祝う教会の賛美歌として使われているとはと驚きました。日本で表彰式にこの曲を使うようになったのは、かつて近代オリンピックの表彰式に流されていたからだそうです。

卵に絵を描かれるんですか! そう言えば、彩り豊かなゆで卵で祝うところもありますよね。
by milletti_naoko | 2021-04-04 23:55 | Feste & eventi | Comments(4)