イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

義父母ワクチン2回目接種終了とイタリア高齢者ワクチン接種・感染状況

 80代の義父母が二人とも、今週、新型コロナウイルスワクチンの2回目の接種を、無事に終えました。義父が火曜、義母が水曜に接種を受けて、義母はその後、金曜まで熱が出て、解熱剤を服用して休んでいたのですが、幸い熱も下がり、今は元気です。義父の方は、今のところは特に副作用のような症状は出ていないようです。

義父母ワクチン2回目接種終了とイタリア高齢者ワクチン接種・感染状況_f0234936_22394758.jpg

 ファイザーのワクチンによる95%と言われる予防効果が得られるのは、2回目の接種から7〜10日後からとのことです。ただ、義弟の職場では感染を防ぐためにしばしば検査が行われ、昨日も検査の結果、義弟が感染していないということが分かったからか、先週の復活祭に引き続き、今日、日曜日も、二世代住宅に暮らす義父母と義弟夫婦、わたしたち夫婦の6人で、昼食を共にしました。

 復活祭後、割引になっていたからと夫が買ったこのコロンバ(colomba)、復活祭の祝いに食べる鳩型のケーキを、デザートとして皆で食べました。シチリア特産のオレンジを使ったというコロンバは、おいしいと好評で、箱もかわいらしいです。



 義父母が1回目のワクチン接種を終えた1週間後、上の記事を書いた時点では、80歳以上の高齢者で、ワクチン接種を一度だけ受けた人、2度とも受けた人の割合がそれぞれ、イタリア全国では27.5%、17.8%、ウンブリア州では24.1%、14.0%だったのですが、

義父母ワクチン2回目接種終了とイタリア高齢者ワクチン接種・感染状況_f0234936_22535488.jpg
引用元:https://coronavirus.gimbe.org/vaccini.it-IT.html

4月9日現在では、イタリア全国で29.5%、38.6%、ウンブリア州では34.9%、34.9%ですから、多くの問題が発生してはいるのですが、ワクチン接種は確実に進んでいます。

義父母ワクチン2回目接種終了とイタリア高齢者ワクチン接種・感染状況_f0234936_23051818.png
引用元:https://twitter.com/Tg3web/status/1380931562657738753

 新型コロナウイルス感染症で、重症となり亡くなった人の62%が80歳以上の高齢者であったことから、高齢者を守るためにも、また医療機関での逼迫を防ぐためにも、今では国からの高齢者のワクチン接種を急ぐようにとの指示や措置が徹底し始め、その効果が接種を受けた人の割合にも表れています。

 それでも今日の昼食後、義父母たちから話を聞くと、友人・知人・親戚の中には、80歳以上でまだ1回目のワクチン接種を受けることができずにいる人や、受けるためにはスポレートなど遠方に行かなければいけないので見合わせている人もいるそうです。

義父母ワクチン2回目接種終了とイタリア高齢者ワクチン接種・感染状況_f0234936_23123224.jpg
引用元:https://twitter.com/Tg3web/status/1381188268855791616

 明日、月曜日からは、多くの州がレッドゾーンからオレンジゾーンとなります。

義父母ワクチン2回目接種終了とイタリア高齢者ワクチン接種・感染状況_f0234936_23150190.jpg
引用元:https://coronavirus.gimbe.org/emergenza-coronavirus-italia.it-IT.html

 ただし、同じオレンジゾーンにあっても、それぞれの州における日々の新規感染者数や感染の増加率にはかなり差があります。

義父母ワクチン2回目接種終了とイタリア高齢者ワクチン接種・感染状況_f0234936_23182620.png
引用元:https://coronavirus.regione.umbria.it

 状況がとりわけ落ち着いて見えるウンブリア州でさえ、けれども、現在の感染者数が、いまだに4千人以上いる状況で、

義父母ワクチン2回目接種終了とイタリア高齢者ワクチン接種・感染状況_f0234936_23194743.png
引用元:https://coronavirus.regione.umbria.it

ペルージャ県はレッドゾーン・オレンジゾーンという厳しい規制下にあった日々が長いにも関わらず、感染者数のそれほどの減少が見られません。これは、ウンブリア州が、イタリア全国の中でも、ブラジル型の変異株が占める割合が、とりわけ高いためだと思います。

 義父母の2度のワクチン接種が無事に終わり、まずは一息ついているのですが、これからも引き続き、規制を守って、気をつけながら日々を送っていかなければいけないと感じています。

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- イタリア写真草子 - タグ:新型コロナウイルス イタリア
- Fotoblog da Perugia - categoria: Covid-19 Italia

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32229067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokotakikuh at 2021-04-12 12:03
良かったね・・
そうですか?
日本でも、なんとなくワクチンの話は出ますが
まだまだ・未知ですね

高齢者から優先に
その前に、医療関係者?これもまだ済んでいないですから

いつになるか?
コロナに関しては、ワクチンが唯一撲滅に近い存在ですよ

マスクは、当然のごとく、日本人はしてます
しかしね
密での会食時は、どうしてもノーマスク
従って・感染者が増えます

そんな中
ワクチン普及が待たれます
Commented by meife-no-shiawase at 2021-04-12 15:30
まだまだ打てていない方もいらっしゃるのですね。
それでももう2回目を打てたとのことでしたら
本当に安心ですね。
副作用が今回は出ませんように・・・。

なおこさんたちはまだ打てる予定はないのでしょうか?
イタリアも高齢者の方からなんですね。
日本の両親にもとりあえず早く打ってもらいたいです。
Commented by milletti_naoko at 2021-04-13 02:28
zakkkanさん、英国型やブラジル型の変異株が従来株に取って代わってきてしまっているために、イタリアでは先月全土で規制が強化されるまで、感染が増加傾向にある州が多く、ようやく減少傾向に向かい始めて一息つけるかどうかというところです。

おっしゃるように、やはりワクチンで撲滅していくことが必要で、どうか日本でもイタリアでもワクチン接種が進んで、皆が安心して過ごせる日が早く戻ってきますように。
Commented by milletti_naoko at 2021-04-13 02:43
メイフェさん、各州によってかなりのばらつきがあるのですが、二人とも高齢なので、2度の接種がついて、とりあえずはほっとしました。

まだまだ未摂取の高齢者の方も多く、仕事柄必要とする他の年齢層の方もいるため、わたしまで回ってくるのはかなり先になるのではないかと思います。

本当に、日本でも早く高齢者の方の接種を進めていってもらわなければ。
by milletti_naoko | 2021-04-11 23:24 | Covid-19 Italia | Trackback | Comments(4)