イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

パリのロダン美術館とバラと考える人、『神曲』を思い地獄見やるダンテがモデル

パリのロダン美術館とバラと考える人、『神曲』を思い地獄見やるダンテがモデル_f0234936_21521813.jpg
 庭園を彩るバラも美しいパリのロダン美術館(Musée Rodin)を、わたしが夫と訪ねたのは、2016年6月のことです。

パリのロダン美術館とバラと考える人、『神曲』を思い地獄見やるダンテがモデル_f0234936_21351394.jpg
Musée Rodin, Paris, France 12/6/2016

 ロダン(1840-1917)の代表作、『考える人』(Le Penseur)のブロンズ像も、

パリのロダン美術館とバラと考える人、『神曲』を思い地獄見やるダンテがモデル_f0234936_21463401.jpg

この庭園の高みに設置され、

パリのロダン美術館とバラと考える人、『神曲』を思い地獄見やるダンテがモデル_f0234936_21521813.jpg

雨の日に訪ねたわたしたちが歩いていると、庭園のバラと緑の向こうに、まずは雨に煙る姿が見えました。

 ロダンの手になる名高い彫刻はまた、美術館内にもあって、

パリのロダン美術館とバラと考える人、『神曲』を思い地獄見やるダンテがモデル_f0234936_22035236.jpg

様々な角度からじっくりと見て鑑賞ができるように、設置されていました。

 閑話休題。今年、2021年は、イタリア語の父、ダンテ・アリギエーリ(Dante Alighieri、1265-1321)の没後700周年を祝う記念の年です。


 そのため、年を通じて様々な催しが企画されているのですが、昨年、3月25日ダンテの日(Dantedì)と定められたこともあって、この日の前後には特に多くの催しがあり、テレビでも関連番組が多数放映されました。

 毎週土曜に放映される番組、『Le parole della settimana』では、ダンテの日のずっと前から、毎週、その前後にニュースなどで焦点となった3人の有名人について、ゲストたちが地獄・煉獄・天国のどこに送るかを問われて、理由と共に答えるコーナーがあるのですが、3月27日には、ダンテとその代表作である『神曲』(La Divina Commedia)にインスピレーションを得てつくられた芸術作品を紹介していました。



 そして、その説明で、この考える人のモデルは、『神曲』の創作にあたって熟考するダンテであり、

パリのロダン美術館とバラと考える人、『神曲』を思い地獄見やるダンテがモデル_f0234936_22365837.jpg

そもそもは、地獄の門(La Porte de l'Enfer)の上部に配され、地獄で苦しむ人々を、身を乗り出して観察し、『神曲』の創作のために考えるダンテを表す像として造られ、彫像の題名も、『La Poète』(「詩人」、イタリア語ではIl Poeta)だったと知って、驚きました。

 その説明があるのが上の映像の冒頭部で、司会者もゲストも全員が驚いているので、イタリアでも知る人の方が少ないのではないかと思います。

パリのロダン美術館とバラと考える人、『神曲』を思い地獄見やるダンテがモデル_f0234936_22564289.jpg

 そうと聴いて写真を見ると確かに、『地獄の門』の上部に据えられ、地獄で責め苦に遭う人々のただ中にあり、そうした人々の様子を見やるかのように体を乗り出している像は、あの『考える人』です。

 ロダン美術館のサイトにも、フランス語と英語で、その説明が書かれ、音声案内を聞くこともできます。該当ページへのリンクは、以下のとおりです。

- Musée Rodin - collections - Le Penseur 🇫🇷
- Musée Rodin - Collections - The Thinker 🇬🇧

 ダンテの功績については、特にイタリア語や文学において果たした役割がよく知られています。また、過去記事を確認すると、例えば昨年見たテレビ番組でも、後世の多くの芸術家が『神曲』における地獄の描写をもとに、作品を創作したという話は聞いていたのですが、


現代美術の傑作とされるロダンの彫刻、『考える人』や『地獄の門』までもが、国を越え、時を越えて、『神曲』が創作の源にあると知って、改めて驚きました。

パリのロダン美術館とバラと考える人、『神曲』を思い地獄見やるダンテがモデル_f0234936_23042647.jpg

 ちなみに、2016年6月12日に、わたしたちが短いパリ滞在の中で、このロダン美術館を訪ねることになったのは、

パリのロダン美術館とバラと考える人、『神曲』を思い地獄見やるダンテがモデル_f0234936_23202762.jpg

飛行機でパリに着いた翌日の朝、どしゃ降りの雨が降り始めたおかげです。

 歩いている途中に突然降り始めた雨が、どんどん激しくなっていくので、夫は最初に見つけた傘を売る露店で、折り畳み傘を購入しました。開いてみたら中がさびだらけではあったのですが、パリ観光の初日に、雨からしっかりと守ってくれました。雨が降る前は、夫は庭園を訪ねたいと言っていました。

パリのロダン美術館とバラと考える人、『神曲』を思い地獄見やるダンテがモデル_f0234936_23234132.jpg

 雨に降られたのは大変でしたが、ロダン美術館を訪ねることができたのも、そして、こんな美しい夕景を見ることができたのも、雨のおかげです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:お気に入りの場所やお勧めスポット・お店を教えて!
by milletti_naoko | 2021-04-21 23:25 | Francia & francese