イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

規制解除ようやく湖へ山へペルージャを出て

規制解除ようやく湖へ山へペルージャを出て_f0234936_23271442.jpg
 イタリアでは、当初の予定よりも早く規制の解除が始まり、来週月曜日には、イエローゾーンも再び戻ってくることになりました。

規制解除ようやく湖へ山へペルージャを出て_f0234936_06152547.jpg
https://twitter.com/Tg3web/status/1385643726597459968

 ウンブリア州は、1月16日からオレンジゾーンとなり、ブラジル型の変異株の蔓延による感染者数の急増と医療機関の逼迫のために、2月8日からはペルージャ県とテルニ県の感染の多い市町村が、他州に先駆けて数週間レッドゾーンとさえなりました。そのため、感染の減少も他州より早く、病床使用率が高い状況が続いていたものの、復活祭前からすでに、そろそろイエローゾーンとなるのではないかと言われていました。

 けれども、多くの州で感染が拡大したたため、イタリア全土で復活祭前後の3日間、4月3日から5日までがレッドゾーンとなり、4月6日以降は、イエローゾーンがなくなり、オレンジ・レッドゾーンのみとなったため、ペルージャ市外へ出られない状況がさらに長く続いていました。

規制解除ようやく湖へ山へペルージャを出て_f0234936_23271442.jpg
Lago Trasimeno, Passignano (PG), Umbria 13/1/2021

 トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)を、最後に間近で見ることができた1月半ばから、もう3か月以上も経っています。

 今回の法令によって、来週月曜からは、イエローゾーンであれば、少なくとも野外を歩くためであれば、自ら暮らす州内を自由に移動できるだけではなく、同じイエローゾーンの州であれば、州を越えての移動も可能となります。

規制解除ようやく湖へ山へペルージャを出て_f0234936_23364348.jpg

 わたしは慎重派であり、新型コロナウイルス感染症対策では、命を守ることがとにかく大切だと考えてはいるのですが、最近は、野外での感染の可能性は極めて少ないことが分かったこともあり、にも関わらず、自然を訪ねて歩くためにも、ペルージャ市の外に出られないことを辛く、また理不尽に思っていました。

規制解除ようやく湖へ山へペルージャを出て_f0234936_23384908.jpg

 わたしでさえそうですから、家にじっとしていられない、遠出をして山や湖、海を訪ねることに慣れていた夫には、この長い移動規制がひどくこたえていて、万一5月になっても規制が解かれないようであれば、長い有給休暇を取って、ペルージャ郊外に住む友人の庭にテントを張って過ごすとさえ言っていました。

規制解除ようやく湖へ山へペルージャを出て_f0234936_02115716.jpg

 イエローゾーンが戻ったことで、バールとレストランでも、出前や持ち帰りだけではなく、飲食ができるようになりました。やはり飲食を共にすると、特に屋内では感染の危険が高いとのことで、6月1日までは屋外でのみですが、昼食・夕食とも店での食事が可能になりました。

 「屋内でも飲食を可能にして、閉店は午後11時に」という反対の声が、与党内からも野党からも上がっていたのですが、かつて飲食が午後6時まで屋内でも可能だった状況で、感染が増える一方だったことを思うと、まずは外でのみ飲食を可能として、様子を見ることはとても大切だと思います。


 夫もわたしも大好きな、あの湖畔のなじみの店で、営業を再開するのはいつだろう、開いたらすぐに食べに行きたいと考えています。懐かしい夕景と懐かしい店の人たちに会えるのも楽しみです。

*追記(4月23日):昨日記事を書いた段階では、まだ州がどのゾーンになるかは見通しだけで決定ではなく、今日決定して分かった情報が、昨日の予想とは異なる点が多いので、冒頭の地図と説明を、今日決まった4月26日からの各州の実際のゾーンを記したものと差し替えました。

関連記事へのリンク

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32245071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sunandshadows2020 at 2021-04-23 00:07
いよいよイェローゾーンとなり遠方へお出かけ出来るのが何よりです。
ご主人の思いが伝わりますね。
最後のトラジメー湖の夕陽から3ヶ月も経つのですね、幽閉(?) お疲れ様でした。
此方はオレンジゾーンであっても交通量が多いので矢張り規制は無視されているのだと思います。
Commented by meife-no-shiawase at 2021-04-23 01:02
イタリアは皆さんが努力されている結果が出てきているのですね。
移動が広がったりお店が開いたり・・・
なんだか当たり前なことなのに、ものすごく貴重なことに感じます。

ご主人様もそこまで考えていらっしゃったとは・・・。
行動範囲が広がることで、また素敵な風景を見せていただけるのを楽しみにしています!!!
Commented by milletti_naoko at 2021-04-23 04:21
お転婆シニアさん、ありがとうございます。いったん移動を認めてしまうと、規制が難しいためとは思いますが、ようやく山歩きに遠出できるようになり、食事も外でできるようになって、うれしいです。

こちらでも残念ながら、規制を破って罰金を課される例も多く、たまたま見つからずにいるけれど、規則違反をしている人もいるのだと思います。どうか皆が自覚ある行動を取っていくことができますように。
Commented by milletti_naoko at 2021-04-23 05:00
メイフェさん、台湾のように日々が過ごせるようになるまでにはまだまだ日数がかかると思いますが、ワクチン接種も進んでいるので、少しずつ以前のような日々が、たとえマスク装着や互いの距離や人数など制限があったとしても、少しでも早く戻ってきますように。

ありがとうございます。来週は雨の日もあり、夫もいつ数日間拘束されるかもしれない仕事が入るか分からないとのことなのですが、ようやくトラジメーノ湖にもラヴェルナにもオルヴィエートにもフィオンキ山にも行けると、楽しみです♪
Commented by tokotakikuh at 2021-04-23 14:32
イタリアのコロナへの、対策は、とっても解りやいですね

コロナの予防には
まずは、密を避け、マスクを着用
こまめに手洗い
これを、どうしても守り切れないのが
「室内での、飲食」だったり、密集の場でのイベントだったり
当たり前のことに、不平が積もるのも、仕方ないですが
守るべき手段は、今のところ、自粛と、我慢です

郊外を歩いたり、自然を楽しんだり
密集こそ避ければ、大丈夫だと思います

後は・ワクチンですね
Commented by 3841arischan at 2021-04-23 15:20
なおこさん、イエローゾーンおめでとうございます(^^♪
日本は、反対に緊急事態のところが1と都3県、愛媛は、蔓延防止に入りました!愛媛は、そんなに感染者数的には、他の県と比べても多い方ではありませんが、知事の意向がそう見たいで残念です(>_<)人口比での感染者が多いのかも?ですが・・・
トラジメ―ノ湖までも行けなかったのですね!そう言えば、トラジメ―ノ湖の写真がなかったです(-_-;)
これからは、また美しい夕陽を見る事が出来ると楽しみにしています♡
Commented by ciao66 at 2021-04-23 19:52
トンネルを抜け出て明るい所に出たような、
土砂降り続きからが晴れ間が見えてきたような、
緊張感から少しだけ解放されたような、
とても喜ばしいことで、
とても良かったですね!やれやれ!

日本では残念ながら全く逆の動きになっていて、
対策の遅れが目立ってきたように思います。
暗雲漂うニッポン、晴れ間の見えたイタリア。
日本はコロナ対策後進国になりそうです。
失われた10年だったのが、今や30年になり、
さらに失われた半世紀になるかも。やれやれ・・・
Commented by milletti_naoko at 2021-04-24 06:41
zakkkanさん、もちろん経済的苦境の対策も打ち出していかなければいけず、各方面から声が上がってはいるのですが、どうすれば命を守りながら感染を抑えていけるか、国や対策班、州などが話し合いを重ね、こうすればなんとか抑えられるのではないかと考えられる緩やかな解除案が出されています。

イタリアでもそれでも守らない人が残念ながらいるのですが、日本でも厳しく、命を守るために規制を細かく定めて、人々が安心して行動できるようになるとよいのですけれども。

人の少ない山にだけ行くことも規制されているのは不便ではありますが、イタリアもきっとそうでもしないと、感染の拡大が防げない状況になってしまっていたのでしょう。

本当に、変異株が出てきて、感染がしやすくなっているこの状況では、やはりワクチンをどれだけ接種していけるかが肝要だと思います。
Commented by milletti_naoko at 2021-04-24 06:46
アリスさん、ありがとうございます。

早く厳しい措置を取れば取るほど、失われる命も少なく、減少に向かうのも早くなりますので、どうか効果がすぐに出て、皆さんが安心して外出・移動できる日が早く戻ってきますように。

そうなんです。トラジメーノ湖は近いのですが、ペルージャ市ではなく、テッツィオ山など遠い山から眺めるばかりでした。楽しみにしてくださって、ありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2021-04-24 06:48
ciao66さん、ありがとうございます。一足先にオレンジゾーン、レッドゾーンとなったため、もう3か月以上も市外に出られない状況が続いていたので、本当に助かりました。

どうかもっと国民のためをしっかりと考える人が政治を担ってくれる日本となってくれますように。
by milletti_naoko | 2021-04-22 23:51 | Covid-19 Italia | Trackback | Comments(10)