イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

花びらで描く絵町を装う聖体祭、スペッロのインフィオラータ、World Voice 連載

花びらで描く絵町を装う聖体祭、スペッロのインフィオラータ、World Voice 連載_f0234936_08263708.jpg
 イタリアで最も美しい村の一つ、ウンブリア州のスペッロ(Spello)は、中世の町並みに風情があり、古代ローマの遺跡もある町です。

花びらで描く絵町を装う聖体祭、スペッロのインフィオラータ、World Voice 連載_f0234936_08030225.jpg
Spello (PG), Umbria 29/5/2016
 
 ニューズウィーク日本版の姉妹サイト、World Voiceに、このスペッロのインフィオラータについて記事を書きました。よろしかったらぜひお読みください。

花びらで描く絵町を装う聖体祭、スペッロのインフィオラータ、World Voice 連載_f0234936_01265636.png
 
 スペッロは花の町で、例年であれば、今の時期にはバラ祭りが催され、さらに、聖体の祝日(Corpus Domini)には、町じゅうの人が夜どおし協力して、中心街の通りをみごとな花の絵画やじゅうたんで彩るスペッロのインフィオラータ(Infiorata di Spello)が開催されるので、大勢の人々でにぎわいます。残念ながら、今年はバラ祭りもインフィオラータも、新型コロナウイルス感染の拡大を防ぐために中止となりました。

花びらで描く絵町を装う聖体祭、スペッロのインフィオラータ、World Voice 連載_f0234936_08263708.jpg
Infiorata di Spello, Spello (PG), Umbria 29/5/2016

 わたしたちがスペッロのインフィオラータ(Infiorata di Spello)を訪ねたのは2016年で、花びらや植物だけを使って、こんなにも美しい絵画を描くことができるのだと感嘆しました。

 保存料も人口着色料も糊もいっさい使わず、道路に直接花びらを置いて、重ねていっているだけで、聖体の祝日のミサの行列が花の上を歩いていったあとには、他の人々も足を上から重ね、風も吹くために、姿を消してしまう芸術なのですが、

花びらで描く絵町を装う聖体祭、スペッロのインフィオラータ、World Voice 連載_f0234936_08342056.jpg

そのはかない芸術のために、数か月前から、町じゅうの人々が老いも若きも皆参加し、協力して、聖体の祝日の前の晩には、夜どおし作業をして準備をするのだそうです。

花びらで描く絵町を装う聖体祭、スペッロのインフィオラータ、World Voice 連載_f0234936_08370801.jpg

 だからこそ、なおすばらしい、どこか桜の花を思わせるような、はかないながら、いえ、はかないからこそなおいっそうの美しさがあるように思います。

花びらで描く絵町を装う聖体祭、スペッロのインフィオラータ、World Voice 連載_f0234936_08395748.jpg

 また、町の人が皆で協力して、夢中になって取り組む祭りであることもすばらしいと思います。

 どうか来年こそは、インフィオラータもバラ祭りも開催されて、訪ねることができますように。

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 花の町スペッロのバラ祭り、ウンブリア / I Giorni delle Rose, Spello (2017/6/2)
- 傑作を花で描いて町彩る、Infiorata di Spello1 (2016/5/29)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32299804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokotakikuh at 2021-05-31 15:30
インフォーラル
この言葉の意味と、このお祭りを知ったのは
神戸でした
語源・行事は「イタリア」とありました

花弁で描く、道路の絨毯
素敵でしたね
私が、行ったとき、あまり知られてなくて
地元の方々で、まだまだ大勢の祭典までとは
行かない時でしたので
たっぷり、観て、楽しめました
毎年あったようですが、この祭典
コロナで、恐らく2年、中止ですね

残念です
しかし、本場イタリア、
見てみたいです・・
Commented by mahoroba-diary at 2021-05-31 16:58
なおこさん、こんにちは。

花の街スペッロ、初めて知りました。
なおこさんの過去記事も拝読させていただきました。
こんな素敵なお祭りがウンブリアにはあるのですね。
なんて美しいのでしょう。さすがは芸術の国、イタリアですね。感動して涙が出そうです。
宗教心が根底にはあるのでしょうが、一年のうちで最も美しい花の季節に、街の人たちが皆で協力して夢中で取り組むって素晴らしいことですね。
来年は開催できるようになっていることを切に祈りたいですね。
Commented by meife-no-shiawase at 2021-06-02 19:42
びっくりです。
これがお花なのですか???
素晴らしいですね。
みなさんでこれを準備されてお祝いをするのですか。
うわ~お写真だけでも感激してしまうので
実際に観たらもうこれは涙が出てしまいそうです。
Commented by milletti_naoko at 2021-06-05 05:28
zakkkanさんは神戸でご覧になったんですか。神戸でも再開されるときが、そうして、zakkkanさんがイタリアでご覧になれる日が早く来ますように。
Commented by milletti_naoko at 2021-06-05 05:32
まほろばさん、スペッロだけではなく、他のイタリアやウンブリアの町でも行われているのですが、暮らすペルージャに近いこともあって、すばらしいという話をよく聞いていて、初めて見に行って、感嘆しました。

おっしゃるように、宗教から生まれた祭りで、今もそうではあるのですが、花の季節に向けて町の人が皆、前々から準備して取り組んで完成させるというのは、すばらしいことだと、わたしも思います。

本当に来年は、開催することができますように。
Commented by milletti_naoko at 2021-06-05 05:38
メイフェさん、町の人たちが苦労して集めて並べ置いていった花びらでできた芸術の美しさに感嘆しました。皆で協力して作り上げて祝うというのもすばらしいと思います。
by milletti_naoko | 2021-05-31 08:43 | Umbria | Trackback | Comments(6)