イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

馬がつかず離れずなめた夫の車、恋か自己愛か食いしん坊か

馬がつかず離れずなめた夫の車、恋か自己愛か食いしん坊か_f0234936_08040718.jpg
 土曜の夕方、クッコ山(Monte Cucco、1566m)で、標高1197mの駐車場に車を置いて、すぐ近くの小高い丘(標高1242m)まで歩いて登ってから、

馬がつかず離れずなめた夫の車、恋か自己愛か食いしん坊か_f0234936_07383544.jpg
12/6/2021

再び駐車場へと、丘を下っていたときのことです。

馬がつかず離れずなめた夫の車、恋か自己愛か食いしん坊か_f0234936_07395641.jpg

 かなり先を歩いていた、視力のいい夫に言われて、駐車場に置いた車の方を見やると、

馬がつかず離れずなめた夫の車、恋か自己愛か食いしん坊か_f0234936_07411047.jpg

 どういうわけか、馬が1頭、他の馬たちから離れて、ぴたりと夫の車の横に寄り添っています。かなり近距離から、車の方をじっと見つめているように見えます。

 この馬はいったい何をしているのだろうと、わたしは馬を警戒させぬように、丘を下ってからは、駐車場の車の左を通って、いったん草原に出て、

馬がつかず離れずなめた夫の車、恋か自己愛か食いしん坊か_f0234936_07432987.jpg

少し離れたところから、馬の様子を見守ったのですが、どうやらお馬さんは、わたしの視線に気づいたようで、車の左横から前へと歩いていきます。

馬がつかず離れずなめた夫の車、恋か自己愛か食いしん坊か_f0234936_07463484.jpg

 でもやはり、車から離れがたいのか、馬がしばらく立ち止まっていたら、そのうち夫も車まで戻ってきました。

馬がつかず離れずなめた夫の車、恋か自己愛か食いしん坊か_f0234936_07475119.jpg

 そうして、夫とこうしてあいさつを交わしていました。

馬がつかず離れずなめた夫の車、恋か自己愛か食いしん坊か_f0234936_07485684.jpg

 車の周囲をぐるりと回って、異常がないかどうか確認してみると、後部ガラスに、お馬さんが長い間、舌でなめ回したか、それとも鼻面を押し当て続けたかと思わせるような痕が残っています。そうして、ハッチドアの左端に、普通に道路を走っていただけではつくはずのない草が、あちこちにへばりついていて、お馬さんはここも、なめたり鼻面を押し当てたりしていたようです。

 馬がこんなに車に魅かれるなんてと、初めてのできごとに、夫もわたしもほほえましいとは思いつつ、さらに車をよく観察しました。前にも横にも、同じように草やなめたと思われる痕はあるものの、痕跡が一番はっきり残っているのは、やはり車の後部です。とりあえず、車への害はないようです。

馬がつかず離れずなめた夫の車、恋か自己愛か食いしん坊か_f0234936_07565271.jpg

 そうやって、わたしたちが車を点検したり、リュックサックを後部座席に置いたりしている間に、馬はいったん、車から離れて他の馬たちの方へ行ってしまいました。

馬がつかず離れずなめた夫の車、恋か自己愛か食いしん坊か_f0234936_07593859.jpg

 ちょうどこのとき、夕日がクッコ山の向こうに隠れようとしていました。

馬がつかず離れずなめた夫の車、恋か自己愛か食いしん坊か_f0234936_08014728.jpg

 そうして、その7、8分後、先ほどまで向こうにいた馬たちが、皆夫の車の近くにやって来ました。それまでいたところが日陰になってしまうので、まだ日が当たるところまで移動したのではないかと思うのですが、

馬がつかず離れずなめた夫の車、恋か自己愛か食いしん坊か_f0234936_08040718.jpg

さっきのお馬さんがまた車の前までやって来て、鼻面が車に触れそうな距離まで近づいて、じっと車を見つめていたので、ひょっとしたら車が恋しいお馬さんが、1頭では恥ずかしいからと、他の馬たちにいっしょに来てほしいと声援を求めたようにさえ感じられます。

馬がつかず離れずなめた夫の車、恋か自己愛か食いしん坊か_f0234936_08064493.jpg

 小馬も、顔をすりつけようとしているのではないかと思われるほど、車に接近しています。

馬がつかず離れずなめた夫の車、恋か自己愛か食いしん坊か_f0234936_08073660.jpg

 車がすっかり馬に取り囲まれてしまい、後ろにも馬がいたので、車に乗り込んだわたしたちは、車が馬にぶつかってしまわないように、馬たちに遠ざかるように言い、そうして、山を下って、かなり遅めの夕食にと予約したレストランに向かいました。

馬がつかず離れずなめた夫の車、恋か自己愛か食いしん坊か_f0234936_08091726.jpg

 山を下っている途中に、牛たちも見かけました。

 夫はこのとき、冬に凍結防止のために道路に撒かれていた塩が、車体のあちこちに残っていて、馬はそれをなめていたのではないかと言っていました。

馬がつかず離れずなめた夫の車、恋か自己愛か食いしん坊か_f0234936_08101669.jpg
15/6/2021

 でも、夫の車は窓ガラスも車体も、日光の当たる角度や日当たり加減によっては、こんなふうにきれいに、周囲の風景を鏡のように映し出すことがあるので、わたしはひょっとしたら馬は、車の窓ガラスや車体に映った自分の姿に興味を持って、あるいは魅かれて、いつまでも離れずに、なめたり見つめたりしていたのではないかとも思うのです。実際、野鳥の中には、家の窓ガラスや車のサイドミラーに映る自分の影を敵だと思って、攻撃しょうとくちばしでつつき続ける鳥もいて、これまでに何度か、そういう鳥を見かけたことや聞いたことがあります。ひょっとしたら、日の光にきらりと輝き、周囲の風景を映す車そのものがかっこいい、これは何だろうと思っていたのかもしれません。

 今もあのお馬さんは夫の車を恋しがっているのだろうか、それとも、週末は他にも多くの車が訪れただろうから、近づけたりなめたりできる車には事欠かなかっただろうかなどと、うれしそうに車を見つめるお馬さんとその表情を思い出しながら、ふと思うのでありました。

************************************************************************************************
Un cavallo stava vicino vicino alla macchina di mio marito
sulla quale rimanevano i segni di leccamento ed erbe.
Cavallo innamorato dell'auto, incuriositosto dal proprio riflesso
oppure goloso del sale rimasto sulla macchina?
Monte Cucco, Umbria, Italy 12/6/2021
************************************************************************************************

関連記事へのリンク
- 花いっぱい馬が草食むクッコ山
- 敵と恐怖を頭が作る

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:お気に入りの場所やお勧めスポット・お店を教えて!
by milletti_naoko | 2021-06-16 08:18 | Umbria