イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

ゆずりあい・妥協とコルバーラ湖夕景とレストラン

 最近仕事がひどく忙しいこともあって、わたしは最初夫に、夕食をいつもの湖畔のレストランで食べて祝おうと提案しました。6月16日は、ボルセーナの町と湖畔の紫陽花がちょうど美しい時期なので、これまで2度ほどボルセーナで祝ったことがあり、今年もそろそろ咲く頃だから、有給休暇を取るからいっしょに行こうと、言ってくれたのは夫です。その夫も、最初は夜はトラジメーノ湖のいつもの店で食べようと言っていたのですが、紫陽花の鉢を買って、さあ出発しようというときになって、「ただ車をひたすら運転して湖まで行っても、今日は天気が悪いだろうし、ピザを食べる食欲もないから、オルヴィエートかどこかに寄り道して帰ろう」と言い出しました。

 トラジメーノ湖で夕焼けを見て、お気に入りの店で祝えないのは残念でしたが、夫が言うように、確かに2時間ドライブして行っても、夕焼けが見られるとは限らず、運転するのは夫ですし、疲れてもいることでしょう。というわけで、帰りは、行きがけに見て気になった村を訪ねてジェラートを買って食べたあと、

ゆずりあい・妥協とコルバーラ湖夕景とレストラン_f0234936_05525249.jpg
16/6/2021 19:51

ちょうど通り道の近くにあるからと、テベレ川のダム湖であるコルバーラ湖(Lago di Corbara)を見晴らせる丘の上の村、チヴィテッラ・デル・ラーゴ(Civitella del Lago)に立ち寄りました。わたしは、湖に映る夕空がきれいだろうと思い、夫は夕食が食べられるいい店が見つかるかもしれないと思い、それぞれの思惑と共に、二人で村をしばらく散歩しました。

ゆずりあい・妥協とコルバーラ湖夕景とレストラン_f0234936_06064085.jpg

 村には、バラが咲いていて、座りながら湖の夕景を愛でることができる、こんなすてきなベンチがいくつか並んでいました。

ゆずりあい・妥協とコルバーラ湖夕景とレストラン_f0234936_06081204.jpg

 そうして、ベンチが並ぶ展望台の右、さらに見晴らしのいいところにはテーブルが並んでいて、近くのバール兼ピザ屋で注文すれば、そこで食べられるようになっています。日の入りにはまだ早い時間に着いたので、ここで夕食が食べられれば美しい夕焼けが見られるだろうと思いつつも、ピザだけが食べられるこの店で食べるのはどうもと、わたしはためらいました。あなたが食べたいなら、わたしはジェラートを食べたばかりで空腹は感じていないから、食べずに夕焼けを楽しむつもりだと言ったのですが、夫は一人だけ食べる気にはなれず、わたしを無理に誘う気にもならなかったようです。

ゆずりあい・妥協とコルバーラ湖夕景とレストラン_f0234936_06123410.jpg

 そうして、先のテーブルが並んでいたところよりもさらに右に行くと、湖や夕景の見晴らしがすばらしい通りがあって、地元料理のレストランのテーブルが並び、客たちが、これはおいしいと言いながら食べています。こういう店の方が、何か自分がこれだと思う一皿だけを頼みやすいので、わたしはここがいいなあと思い、夫もそれでもいいよとは言ったものの、あまり気が乗らず、やはりピザが食べたかったようです。

 結果的には、上方の雲から出てくる夕日が湖を照らすであろう風景を目にすることなく、さらにペルージャの方へと戻りながら、夕食が食べられる店を探すことにしました。そうして、わたしたちが車で出発してまもなく、道路脇の木々の向こうで、雲がひときわ赤くなるのがちらりと見えたので、もしコルバーラ湖を見られるテーブルに座っていたら、きっと美しい夕焼けが見られたのではないかと思います。

ゆずりあい・妥協とコルバーラ湖夕景とレストラン_f0234936_06225250.jpg

 その後わたしたちは、午後9時前にトーディの町から少し離れたレストランで、夕食を食べました。そこそこにおいしくはあったのですが、トイレにトイレットペーパーがなく、女性用のトイレはドアが閉まらなかったり、メニューや食事が運ばれてくるまでに、それぞれひどく時間がかかったり、頼んだ肉がひどくかたく焼かれていたりしたこともあり、結果的には、確かにこの店であれば、ピザもそれ以外の料理も食べられたのではありますが、あのとき、あの夕焼けが美しく見えていたテーブルで、ピザでも何でもいいから食べておけばよかったなあと残念に思ったのでありました。

ゆずりあい・妥協とコルバーラ湖夕景とレストラン_f0234936_06312937.jpg
20:11

 あのときは二人とも、お互いに「もし食べたいんだったら、その店でもいいよ」とは言ったものの、どちらも相手に遠慮して、「じゃあ、この店で食べよう」とは言わなかったのです。これは、地元料理のレストランがある通りから撮影した写真で、今になって考えると、ここからの眺めはすばらしくても、レストランのテーブルからは空しかおそらくは見えなかったことでしょう。

 夫が食べたそうにしていたピザ屋のテーブルなら、とびきりの眺めが楽しめたはずで、ふだん肉や魚料理を頼んでも、パンはほとんど食べないのと同じで、ピザを頼んでも、もっぱら具ばかりを食べて、ピザの生地は残すというてもあったなあと思ったのでありました。今後の反省として書いてありますが、コルバーラ湖の美しい夕景を、高みから眺めることができて、うれしかったです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:お気に入りの場所やお勧めスポット・お店を教えて!
by milletti_naoko | 2021-06-18 06:36 | Umbria