イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

夏至の祝い サハラの砂 イタリアの日と空覆う湖で

 今日、6月21日は夏至(solstizio d'estate)で、1年で昼が最も長い日、夏の初日であり、かつ、聖ルイージ・ゴンザーガ(San Luigi Gonzaga)を記念する日であるため、夫ルイージの聖名の祝日(onomastico)でもあります。

 そこで今夜は、夏至と夫の聖名の祝日を祝って、トラジメーノ湖畔のいつもの店で、食事をして祝いました。

夏至の祝い サハラの砂 イタリアの日と空覆う湖で_f0234936_05061455.jpg
Lago Trasimeno al tramonto, San Feliciano, Magione (PG), Umbria 21/6/2021

 この数日、ペルージャでも、そしてラッツィオ州のボルセーナや南方のカステッルッチョに出かけても、雲があるわけではないところまで、空全体が白っぽい、あるいは灰色がかった色をしていて、青空がほとんど見えない日が続いています。アフリカからの高気圧のために、ペルージャでは最高気温が35度前後の日が2週間は続くという予報が出ている上、南イタリアでは40度を超える地域も少なからず出てくるようなのですが、サハラ砂漠から来た砂が上空を覆ってしまっているために、晴れていても、空が不透明な白に見えて、太陽まで白くなり、鈍い光を放つように見える日が続いています。

 それでも、夕日が傾いてくると、空と湖が灰色がかってはいるものの、柔らかなオレンジ色を帯びて、きれいでした。

夏至の祝い サハラの砂 イタリアの日と空覆う湖で_f0234936_05193347.jpg

 そうして、お気に入りの店で食べる夕食は、やはりおいしく、うれしいひとときを過ごすことができました。 先週だったか、夫たちが食べているのを見て、とてもおいしそうに見えたデザートがあったので、今夜はわたしも頼んでみたのですが、味も見かけも、そのデザートは今夜は今ひとつでした。

 ペルージャでは、夕方になっても暑い空気がよどんでいるのですが、湖畔では涼しい風が吹いていて、心地よかったです。

夏至の祝い サハラの砂 イタリアの日と空覆う湖で_f0234936_05313257.jpg

 到着した7時半過ぎには、浜辺で水遊びをしていた人たちが帰り支度をしていたのですが、その後次々に人がやって来て、岸辺近くで、ピラティスをしていました。

夏至の祝い サハラの砂 イタリアの日と空覆う湖で_f0234936_05343088.jpg

 そして、淡い光を放つ夕日は、灰色の雲や砂の層に隠れて、見えなくなってしまいました。

夏至の祝い サハラの砂 イタリアの日と空覆う湖で_f0234936_05355084.jpg

 食事を終えて、浜辺に行ってみると、東の空に昇っていく白い月が

夏至の祝い サハラの砂 イタリアの日と空覆う湖で_f0234936_05381829.jpg

きれいに見えて、うれしかったです。

夏至の祝い サハラの砂 イタリアの日と空覆う湖で_f0234936_05385790.jpg

 いつもとは違う、不思議な色をしていましたが、今日の夕焼けもまた独特できれいでした。

*6月23日追記:昨晩書いた記事で、わたしがおいしそうだと思ったデザートの写真と、今回見て食べてがっかりした同じはずのデザートの写真を、共にご紹介しています。興味のある方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事へのリンク
- 幸せはトラジメーノ湖の夕焼けの色
- 猛暑を乗り切る黄金律十箇条
- イタリア語学習メルマガ第8号(1)「天気のイタリア語、イタリアの天気予報サイトの使い方」

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:お気に入りの場所やお勧めスポット・お店を教えて!
by milletti_naoko | 2021-06-22 05:50 | Umbria