イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

第130号「イタリア再始動の夏 ワクチン接種進み感染減少、紫陽花美しいボルセーナ」

第130号「イタリア再始動の夏 ワクチン接種進み感染減少、紫陽花美しいボルセーナ」_f0234936_07421740.jpg
1.イタリア再始動の夏 ワクチン接種進み、感染減少


 欧州およびイタリアにおけるデルタ株の感染への懸念こそあるものの、春からの長きにわたる厳しい規制と着々と進むワクチン接種のおかげで、イタリアでは、感染が減少し続け、

第130号「イタリア再始動の夏 ワクチン接種進み感染減少、紫陽花美しいボルセーナ」_f0234936_23240566.png
https://coronavirus.gimbe.org/

直近2週間(6月9日〜23日)における住民10万人あたりの新規感染者数(上の表の横軸)が30人を下回る州が過半数となり、直近1週間(6月16日〜23日)の前週比の感染件数増加率(上の表の縦軸)も、最も数値の高いカラブリア州で0.6%にとどまり、大半の州で0.2%以下となっています。

 イタリアにおける感染減少やワクチン接種状況、規制の解除について詳しくは、ニューズウィーク日本版の姉妹サイト、World Voiceに寄稿した次の記事をご覧ください。


 また、ワクチン接種がいかに新型コロナウイス感染症感染の危険を減少させるかについて詳しくは、イタリアでワクチン接種を受けた1400万人を対象にした追跡調査の結果を紹介した次のブログ記事をご覧ください。



 今号の学習教材は、イタリアのこうした現状を伝えるテレビニュース、TG3のツイートです。

第130号「イタリア再始動の夏 ワクチン接種進み感染減少、紫陽花美しいボルセーナ」_f0234936_23492370.png
https://twitter.com/Tg3web/status/1408043126439227397

 ツイートの文章の前半を見てみましょう。

"I numeri della pandemia in Italia continuano a migliorare. Ma preoccupa la diffusione della variante delta, molto contagiosa. Cruciale, in questo quadro, il ritmo della campagna vaccinale."

 知らない言葉がある場合でも、イタリア語における派生のしくみを知っていると、また、よく似た英語の単語を知っていると、すでに自分が知っている言葉をもとに見当をつけて、だいたいこういう意味ではないかと推察しながら、読んでいくことができます。

"I numeri della pandemia in Italia continuano a migliorare. Ma preoccupa la diffusione della variante delta, molto contagiosa. Cruciale, in questo quadro, il ritmo della campagna vaccinale."

 numero「数、数字、番号」、continuare a +動詞の不定詞(原形)「…し続ける」は、初級の方もしっかり覚えておきましょう。preoccupare「…を心配させる」は、この代名動詞 preoccuparsi「心配する」を使った、Non si preoccupi. 「どうかご心配なく」、Non ti preoccupare./Non preoccuparti.「心配しないで、心配しなくていいよ」という表現が、日常でもよく使われます。

 次に、この文章の鍵となる感染症の関連用語を押さえましょう。以下、太字で示してあるのが、感染症や感染に関わる言葉です。 

"I numeri della pandemia in Italia continuano a migliorare. Ma preoccupa la diffusione della variante delta, molto contagiosa. Cruciale, in questo quadro, il ritmo della campagna vaccinale."

 pandemiaは「パンデミック、世界的流行、感染爆発」で、varianteはこの文脈では「変異株」を意味します。diffusioneは、辞書には「普及、流布」などとあり、「広くいきわたること」という意味なのですが、ここでは「変異株」について語っているのですから、「蔓延」という意味です。contagiosoは、英語の形容詞、contagiousから類推された方もおいでかもしれません。名詞、contagio「(病気を)移すこと、伝染、感染」から派生した形容詞、contagiosoは「感染性の、伝染する、伝染しやすい」という意味で、文中では、contagiosaと語尾が-aで終わっているのは、この形容詞が修飾する名詞、varianteが女性名詞の単数形だからです。

 vaccinaleという単語が、vaccino「ワクチン」という名詞から派生した形容詞だと、お気づきになりましたか。

 イタリア語ではこんなふうに、名詞に接尾辞-aleがついて派生した形容詞が多数あります。

第130号「イタリア再始動の夏 ワクチン接種進み感染減少、紫陽花美しいボルセーナ」_f0234936_06340860.jpg

 派生語と言えば、1文目のmigliorare「改良される、好転する、快方に向かう」も、形容詞 buonoの比較級、migliore「よりよい、より優れた」から派生した動詞です。イタリア語には、こんなふうに名詞に接尾辞-areがついて派生した動詞も多数あります。

 vaccinare「ワクチンを接種する」も、同様に名詞 vaccino「ワクチン」に接尾辞-areがついて派生した動詞で、vaccinazioneは、この動詞に接尾辞-zioneがついて派生した名詞です。動詞に接尾辞-zioneがついて派生した名詞も、イタリア語には多数あります。

 さらに、cruciale「決定的な、重大な」という最後の文の鍵となる言葉を押さえて、もう一度、文章を読み直して、意味を考えてみましょう。
 
"I numeri della pandemia in Italia continuano a migliorare. Ma preoccupa la diffusione della variante delta, molto contagiosa. Cruciale, in questo quadro, il ritmo della campagna vaccinale." 

「イタリアにおけるパンデミックの数値は、よい方向に向かい続けている。しかし、非常に感染しやすいデルタ型の変異株の蔓延が懸念されている。こうした状況の中で、ワクチン接種キャンペーンの迅速さが極めて重要となっている。」
(「 」内は石井訳。意訳となっている部分あり。)

 ツイッターでは字数が限られている上、特に重要なことを強調するため、最後の文は文法的には破格な構文となっていて、述語動詞が省略されています。



2.紫陽花美しいボルセーナ


 今回も、ブログから記事をいくつかご紹介します。よろしかったらぜひご覧ください。

第130号「イタリア再始動の夏 ワクチン接種進み感染減少、紫陽花美しいボルセーナ」_f0234936_07421740.jpg

 イタリアで最も美しい村の一つ、ラッツィオ州のボルセーナ(Bolsena)は、紫陽花(ortensia)の村で、例年今の時期は、村の通りと湖畔を、さまざまな品種の色とりどりの紫陽花の花が美しく彩っています。



 わたしが1回目のワクチン接種を受けた会場は、人や文化を尊重して企業を経営するブルネッロ・クチネッリが再建したソロメーオ(Solomeo)にありました。記事では、ワクチン接種会場の様子と、接種後に散歩した美しい村をご紹介しています。



 地方ニュースによると、現在ではカステッルッチョ(Castelluccio)の高原に、ヒナゲシの花もかなり咲き始めているようです。次の記事は、1週間前、緑や黄色い花が高原を覆い、道端や山の斜面の色とりどりの野の花、見晴らしが美しかった高原の様子をご紹介しています。




*記事がいいなと思ったら、ブログの記事末のブログランキングのアイコンをクリックして応援してくださるとうれしいです。ポイントが入って、より多くの方の目に留まるきっかけになるからです。



3.3月以降にブログに移行したバックナンバーのご紹介

 
 以下に、第129号を発行した後に、このブログに移行した記事へのリンクを添えておきますので、よろしかったらぜひお読みください。

- 第41号 「復活祭(Pasqua)、お知らせ ~ブログを始めました~ 」 (2010/4/6)
- 第43号 「楽しく歌おう『Carletto』、学生の語る『イタリア』」 (2010/4/24)
- 第66号 「イタリア建国150周年祭、今わたしたちにできること」 (2011/3/18)
- 第67号 「物語を読む、春の訪れ、イタリアの地震報道」 (2011/4/7)
- 第107号「歴史・美術記事を読む〜フィレンツェドゥオーモびっくり情報」 (2016/2/29)


 イタリアでは雨が降らない猛暑の日が続き、空がサハラ砂漠から来た砂のベールに覆われた日が続いています。新型コロナウイルスの感染も、感染が収まってきたように見えるヨーロッパでさえ、デルタ株の蔓延による感染の増加が心配されている状況です。どうか皆さん、くれぐれもお体を大切にお過ごしくださいませ。


*追記:今号をブログに移行するにあたっては、次の号で紹介している新しいデ・マウロのイタリア語基本語彙辞典に基づいて、



記事の説明中の単語を、次のように色分けしてあります。

基本語彙2000語現代イタリア語で使われる語彙の86%を占める
次いで使用頻度の高い3000語
上のいずれにも該当しないものの、イタリア人話者がよく使うと知覚している約2500語


 このイタリア語学習メルマガのブログに移行済みのバックナンバー一覧はこちら、メルマガ登録(無料)ページへのリンクはこちらです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32333381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zao480 at 2021-06-25 09:59
昨年から急激に感染が拡大し、クレモナのブロガーさんがあげていた動画に、走り回る救急車が頻繁に映るのを見て背筋が凍る思いをしていました。ワクチン接種が劇的に進んで感染が急減して胸をなでおろしています。まだまだ油断できない状況ですが、このままどうか収束してくれますように。
イタリア語と英語も比較的似た単語があり見当がつくものがあるのですね。私は高校生の時英語のほかにフランス語が必須だったのですが、やはり似たような単語がありました。習い始めにはその単語が英語だったかフランス語だったか混乱して、試験の時フランス語を書いてしまったりしていました。大学ではドイツ語が必須だったので、またまた混乱(;'∀')。語学が堪能な方はそういった混乱はなさそうですので、やはり私は語学は苦手なのだなぁという意識があります。そんな私でも語源や微妙な違いなど言葉自体を扱うのは謎解きのようで好きなので、なおこさんの記事はとても面白く拝見しています。
Commented by meife-no-shiawase at 2021-06-26 00:45
感染者がかなり減ってきているんですね!!!
皆さんが頑張られた結果がでてきていて嬉しいですね。
やはりこういう風にみるとワクチンがいかに効果を出しているのかがわかります。

台湾は感染拡大を抑えている成功例と長く言われていましたが
ワクチンがでてきたとたん、感染が広がってしまい残念ですが
それでもワクチンがもうあるので先がまったく見えないわけではなく
そんなに焦る気持ちもなくSTAY HOMEしています♪

ただこんな風に感染がおさまってきている内容を拝見して
より安心ができます♪

紫陽花♪
また今日のも美しいですね~♪
Commented by milletti_naoko at 2021-06-29 01:59
zao480さん、実はイタリアには、最初の患者第1号が発覚する前からすでに感染が広がっていて、当時はマスクも足りず、どう対応していいのか病院でも手探りの状況だったために、ああいう恐ろしい状況になってしまったのだと思います。今、英国やイスラエルでデルタ株で感染が再び増加していることを思うと、イタリアでも決して油断がならない状況です。皆が節度ある行動を取ってくれるよう願っています。本当に世界中で収束していきますように。

なんと高校でフランス語も必須だったのですね! 英語とフランス語って意外と似ている語彙が多いですよね。イタリア語と英語の知識のおかげで、フランス語の小説を、フランス語の語彙そのものの知識はまだまだでも、物によっては読み進めることができることから、そう感じます。ドイツ語もまた英語と親戚なので似た語彙や文法が多いですし、特に高校生の頃は多くの教科の勉強と並行しての語学学習ですから、きっと混乱も起こりやすかったのだと思います。わたしも、フランス語とイタリア語で語形がよく似ているのだけれど意味はまったく違う言葉や、文法が異なる言葉を、ついついイタリア語ふうに解釈したり、言ったり書いたりしてしまうことが、フランス語を勉強していた頃にはよくありました。

語学関係の記事も楽しみに読んでくださっていると知って、とてもうれしいです。ありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2021-06-29 02:58
メイフェさん、春に頂点に達した感染を、厳しい規制とワクチン接種の進捗で、抑えることができたのだと思います。ありがとうございます。

台湾は本当に、みごとな成功例だと思います。ワクチン接種が進んで、どうかまた穏やかな日々が早く戻ってきますように。

わたしの中で、1記事に載せる写真は15枚までと決めていて、残念ながら割愛したのがこの1枚です。きれいな色だなあと思ったのですが、全体的にピンクの紫陽花や額紫陽花が多かったものですから。それだけに、メイフェさんのそのお言葉、とてもうれしいです♪
by milletti_naoko | 2021-06-25 07:43 | Lingua Italiana | Trackback | Comments(4)