イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

清らかな水美しい里でマスとピザ、セッラーノ

 ラッツィオ州のテルミニッロ山を登ろうと、はるばる遠出をして、近くまで行ったのに、標高が高いので涼しいはずのテルミニッロ山には登ることができず、代わりに炎天下で、けれども見晴らしのすばらしい山を登った帰り道のことです。夕食は、ウンブリア州の清らかな水が豊かな村、セッラーノ(Sellano)のレストラン、ロックネス(Ristorante Loch Ness)で食べることにしました。

清らかな水美しい里でマスとピザ、セッラーノ_f0234936_22550298.jpg
Lago & Ristorante Loch Ness, Sellano (PG), Umbria 25/6/2021

 この店は、渓谷にあり、すぐ近くに流れる渓流や豊かにたたえる池の水のおかげで、夏でも涼しく、夫はピザが食べられて、わたしはマス料理が食べられるからです。

清らかな水美しい里でマスとピザ、セッラーノ_f0234936_23090079.jpg

 夫はピザ、わたしはマス料理を注文しました。昨晩のマス料理は、ポルケッタ風と名がついていて、その名のとおり、香草をたっぷりつめてオーブンで焼いてあったのですが、マス(trota)にはさらに、パン粉もはたいてありました。今までここで食べたことがあるマスに比べて、ずっと大きかったので驚きましたが、とてもおいしかったです。

 食べるのに夢中で、夫のピザの写真は、撮り忘れてしまいました。夫は、予想していたよりもピザの生地が薄いと、それは残念だったようですが、ピザはおいしかったようです。

清らかな水美しい里でマスとピザ、セッラーノ_f0234936_23135779.jpg

 セッラーノは、豊かで清らかな渓流が流れ、ミネラルウォーター、トゥッリア(Tullia)の水源がある村です。暑い中、山を登ったので、のどが渇いていた上、帰り道にカーブが多いので、わたしは水を飲みました。車に酔いやすいので、ワインを飲んでしまうと、さらに車酔いがひどくなってしまうからです。

 このセッラーノのミネラルウォーター、トゥッリアの水源で、豊かな水が驚くほどの勢いで次から次へと湧き出てくるところを、わたしたちは、ずいぶん前、まだ観光案内に、この水源が散歩の目的地として紹介されていた頃に訪ねたことがあります。2度目に訪ねようと思ったときには、すでに私有地となってしまったらしく、周囲が柵に覆われていて、さらに改築か再建か、何か土木工事が行われていたために、訪ねることができませんでした。

清らかな水美しい里でマスとピザ、セッラーノ_f0234936_23204608.jpg

 レストランの前には、色とりどりの花も、きれいに咲いています。

清らかな水美しい里でマスとピザ、セッラーノ_f0234936_23252293.jpg

 遠方にあるため、久しぶりに訪ねると、ワインを入れる大瓶やブドウを絞るワイン圧搾機を、噴水にしていて、おもしろく、趣もあっていいなと思いました。

清らかな水美しい里でマスとピザ、セッラーノ_f0234936_23283692.jpg

 店の前には、周囲にあるいくつもの渓流が流れ込む広い池があります。この池にマスがいて、

清らかな水美しい里でマスとピザ、セッラーノ_f0234936_23293464.jpg

水が勢いよく流れ落ち、

清らかな水美しい里でマスとピザ、セッラーノ_f0234936_23301578.jpg

店内の床下を流れ、かつては、このガラス張りの床の下にいるマスが見えたこともあります。

清らかな水美しい里でマスとピザ、セッラーノ_f0234936_23312902.jpg

 レストランのそばを通る道路のわきにも、小川が流れています。かつてこの川を遡って歩いたことがあり、

清らかな水美しい里でマスとピザ、セッラーノ_f0234936_23322488.jpg

レストランの前の池の周囲を散歩したことも、これまでにあったのですが、

清らかな水美しい里でマスとピザ、セッラーノ_f0234936_23331634.jpg

今回は、この池へと流れ込む水が来る方向へと、さらに歩いてみて、涼やかな空気の中で、清らかな水と緑の美しい風景を楽しむことができました。写真では、丘の上にあるセッラーノの村が、橋の右手の水面にきれいに映っています。

清らかな水美しい里でマスとピザ、セッラーノ_f0234936_23353707.jpg

 橋の上に立って、たたえられた水や、水が流れてくる方向、木々が映って美しい水面を見ていたら、食事を予約した時間は過ぎていたのですが、あまりに美しいので、

清らかな水美しい里でマスとピザ、セッラーノ_f0234936_23370660.jpg
ついさらに先の方まで、水の流れを遡ってしまいました。

清らかな水美しい里でマスとピザ、セッラーノ_f0234936_01431769.jpg

 夫もわたしも、ひどく疲れていたはずなのですが、その疲れを癒やして、心を喜びで満たしてくれる、そういう力が、この涼やかで水清らかで豊かな渓谷には、あったように思います。

清らかな水美しい里でマスとピザ、セッラーノ_f0234936_01435282.jpg

 というわけで、食べるためにだけ寄るつもりが、思いがけず、心にもうれしい散歩をすることができました。そうして、夕食後は、まっすぐペルージャへと戻りました。

Loch Ness Ristorante Pizzeria
Località Montesanto, Sellano (PG), Umbria
Tel. : 0743 926637
Cel. : 339 548 2580
Email: lochnesspubristopizza@gmail.com
Sito: https://www.ristorantelochness.com

関連記事へのリンク
- 登れずに残念でも眺めみごとテルミニッロ山 (2021/6/25)
- 天使の休日 (2014/5/3)
- 船でネス湖、古城めぐり (2015/3/22) 
↑ 2007年に新婚旅行でスコットランドの元祖ネス湖(Loch Ness)を訪ねたときのことを、思い出しながら書いた記事です。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

Commented by yuki0901671 at 2021-06-28 08:55
おはようございます!

マス料理ですか!
栃木県日光市にある金谷ホテルの名物料理で
一度食べたことがありますが、イタリアにも
似たようなものがあるなんて驚きです。
それに風景も何となく日光地方に似ていますね。
Commented by tokotakikuh at 2021-06-28 14:44
マイナーな・風景を何時も楽しませてもらってます
流石ですね
高地ですから水源が豊富なんですね
勿論、硬水でしょうね

中には炭酸を含んでいそうです

薔薇・・いい感じで咲いてますね
静かな風景に、癒されます
Commented by meife-no-shiawase at 2021-06-28 21:02
清らなかなお水。
癒されますね~。
やはり人間ってお水というのは生きていく中で
飲むだけでなく、音や、それから見ることで
なにかエネルギーをもらっているような気がします。

マス・・・美味しそうです~。
イタリアではお魚はやはり揚げたりすることが多いですか?
中華では蒸すことも多いですが、イタリア料理で蒸し物って
あまりイメージがないのですが・・・。
いい時間を過ごされましたね~♡
Commented by tawrajyennu at 2021-06-29 14:23
こんにちは♪
鱒って水がきれいで水量豊富な渓流にいるんですよね。
10年以上昔に行ったイギリス・バイブリーを
思い出しました。
そのにも村の中心に川が流れていて、鱒の養殖場がありましたよ。
美味しそうな鱒料理ですね!

息子たちが子どもの頃は、スーパーに行くと
ニジマスでしたけど、売ってて、よく塩焼きや香草焼きにしました。
が、最近はスーパーで見ることが無くなりました。
あまり、需要がないのかしらね。

こんな素敵なところを散歩したら、時の経つのも忘れてしまうのもわかります。
Commented by milletti_naoko at 2021-07-04 01:52
Niku0901さん、日光にも、マス料理が名物のホテルがあるんですね。自然が美しく水が清らかな渓流で、マスの養殖が行われているところが、ウンブリア州にはあちこちにあるんですよ。風景も似ているんですね!
Commented by milletti_naoko at 2021-07-04 06:02
zakkkanさん、普段からできるだけ人のいない静かなところに行くようにしているのですが、渓谷の水辺は夏も涼しく、清らかな水がきれいで、感嘆しました。

庭の花はいつもきれいなのですが、今回はとりわけ花が美しいなと思いました。
Commented by milletti_naoko at 2021-07-04 06:08
メイフェさん、おっしゃるとおりだと思います。たたえられた水も、流れる水も、水はどこか心を優しく包んでくれる、そういう力があるように思います。

見ただけではわかりにくいのですが、料理の説明を聞くと、パン粉は上からまぶしてありますが、おそらくはオリーブオイルも少し回しかけたあと、オーブンで焼いているはずです。イタリアでもアルミホイルなどに包んで、魚を蒸してある料理を見かけることもあるんですよ。

夕焼けと食事が楽しめて、うれしかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2021-07-04 06:15
タワラジェンヌさん、こんばんは♪
イギリスでも村の中心を流れる川に、鱒の養殖場があるんですね! わたしたちが去年訪ねたヴェナーフロもそうで、驚きました。山あいの渓流にマスの養殖場があるのを見かけることは多いのですが、村のただ中にあるのは、珍しいからです。

スーパーでも売られていたということは、きっと清流の近く、あるいは、清流の魚で知られる場所の近くにお住まいなのでしょうね。

緑と清らかな水の流れが美しく、涼しくて心地いいので、ついいつまでも歩いてしまいました。
by milletti_naoko | 2021-06-27 23:41 | Umbria | Comments(8)