イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

猫かわいい夕焼けの湖と歯医者はつらいよ

 猛暑が続く中、昨日も夕食を早めに食べてから、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)に、夫と夕日を見送りに行きました。

猫かわいい夕焼けの湖と歯医者はつらいよ_f0234936_22450345.jpg
Lago Trasimeno al tramonto, Sant'Arcangelo, Magione (PG), Umbria 28/7/2021

 南の岸辺にあるサンタルカンジェロ(Sant'Arcangelo)は、桟橋近くが猫の保護区になっていて、猫たちの家があったため、以前は猫が多く、特にこの白と黒の猫は、桟橋近くで1匹、夕日が沈む方向をじっと見つめているのを、よく見かけました。そのため、「哲学猫」、「詩人猫」というあだ名までつけていました。

猫かわいい夕焼けの湖と歯医者はつらいよ_f0234936_22513303.jpg

 ところが、この上の写真で、桟橋の向こうに見える建物、湖の魚のレストランの建設のために、その猫たちがかつていた家が、数か月前に訪ねたときにはなくなっていて、最近は、猫たちの姿を見かけることがなくなっていました。

 ですから、昨日はその猫たちが、特に夕日を愛する詩人猫が、再び岸辺に戻ってきているのを見て、うれしかったです。レストランは建設が終わり、つい最近、営業も始まっています。それで、猫たちのためにまた、以前とは別の場所に家ができて、猫たちが戻ってきたのではないかと思います。ちなみに、このレストランは、昨日夫が訪ねると、6日先まですでに予約で満席とのことでした。

猫かわいい夕焼けの湖と歯医者はつらいよ_f0234936_22562050.jpg

 さて、わたしたちが夕日を見送って、しばらく夕景やカンムリカイツブリの親子たちの様子を眺めたあと、桟橋の先端から、岸辺の駐車場へと歩いて戻ったときには、猫たちがこうして桟橋の真ん中にいました。

猫かわいい夕焼けの湖と歯医者はつらいよ_f0234936_22582301.jpg

 わたしたちが岸辺に到着したときには、猫たちの近くに、釣りをしている人たちがいました。猫たちは、そのときは、釣れた魚をもらえるだろうと、期待しながら待っていて、釣り人たちが去ったあとも、しばらくはそうしてそこに残っていたのでしょう。

猫かわいい夕焼けの湖と歯医者はつらいよ_f0234936_23061307.jpg

 夫がレストランに質問をしに行っている間、わたしは岸辺で、湖や猫ちゃんたちを撮影しました。

 トラジメーノ湖畔では観光客が増え、この魚のレストランばかりではなく、昨日は途中で前を通った湖畔のレストランも、平日の夕方だというのに、駐車場にたくさんの車がずらりと並んでいて、大勢でにぎわっていました。ウンブリア州でも、最近はデルタ株のために感染者が増えている状況なので、まだ2回目のワクチン接種を受けたばかりのわたしは、人の多いところにはむやみに近づかないようにしています。

猫かわいい夕焼けの湖と歯医者はつらいよ_f0234936_23112065.jpg

 冒頭の写真を撮影したあと、湖の方を一心に眺めている詩人猫に、なんとかこちらをふり返ってもらおうと、呼びかけたり、口笛を吹いたり、猫の鳴き声をまねたりしてみました。

 今日は無理かと思ったとき、こちらを向いてくれたので、うれしかったです。

 今日もまた、左下の奥歯の神経を抜くための治療に、歯医者に行きました。まだまだ何度か治療に行かなければいけないとのことで、麻酔の注射は痛いのですが、せめては歯医者さんたちが笑顔で気がいい人たちなのが救いです。これまではずっと予約が木曜だったのですが、来週はなんと月曜の朝の予約となりました。皆が旅行に出かけるので治療に来る人が少ないため、そうして、歯医者さんたちもできるだけ早く治療を終えて、夏はゆっくり休みたいからではないかと思います。治療中の歯の神経に響いて、治療の際に痛みが増すかと、最近はジェラートを食べるのを控えていたのですが、食べるときに痛みさえ感じなければ、治療時に特にその影響があるわけではなく、避けるべき食べ物は、かたいものやガムなどのようにねばっこいものだとのことです。治療が終わる前にも、ジェラートを食べてもいいのかと、たまに食べることは実はこれまでもあったのですが、ほっとしました。

*******************************************************************
Sono tornati i gatti a Sant'Arcangelo!
Sempre bello il tramonto al Lago Trasimeno.
*******************************************************************

関連記事へのリンク
- 猫と白鳥とトラジメーノ湖 (2019/5/17)
- 湖の夕雲と猫と白い月、トラジメーノ湖 (2019/10/2)
- 歯医者哀歌と雨でも美しい被災の村 (2021/7/17)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32378247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ririrouzu at 2021-07-30 07:28
ネコちゃんの家が作られているとは幸せですね〜
ここ尾道もネコの道?がありますが
観光客が側に行くと
逃げてしまったり内気な子です。
お国がらでしょか?(笑)
Commented by tokotakikuh at 2021-07-30 16:09
夕日を見送りにですか
素敵な表現にピッタリの夕景ですね
思わず・猫も眺めに見入ってしまったようです( ´艸`)

自然に、こうして、どこからともなく
現れる、=^_^=
いいですね・・本来の姿でしょうね
Commented by ムームー at 2021-07-30 16:28 x
なおこさん
こんにちは
夕陽が沈む様子いいですねぇ、猫ちゃんも眺めていますね
あだ名で呼ばれるなんていいですね
シマ猫ちゃんも可愛い~
そちらも車で移動されてレストランは大勢ですか…
歯を早く治さないとあとでしんどい思いをしますね
私はコロナで1年ほど通っていません、また行かないと…
Commented by milletti_naoko at 2021-07-30 16:32
ririrouzuさん、ここの猫たちは、人に餌をもらったり、人が近くを歩くのに慣れているので、人懐こいのだと思います。

尾道にはネコの道があるんですね! やはり知らない人が大勢近くに来ると、困惑してしまうのでしょうか。
Commented by milletti_naoko at 2021-07-30 16:38
zakkkanさん、ありがとうございます。
最近は空に雲や砂が多いのですが、昨日は夕焼けもそのあとの空と湖もきれいで、うれしかったです。

湖畔には猫の保護区が他にもあって、歩いていたら、そこかしこに猫ちゃんたちがいて、かわいらしいです♪
Commented by ciao66 at 2021-07-30 19:12
猫の名前が「哲学猫」に「詩人猫」とは、
さすがにイタリアらしい、面白いと思いました!
魚をもらえず、桟橋で夕陽を見ていた詩人猫、
何を考えているのか、いい光景ですね。
泰然として落ち着いているのは保護猫だからでしょうか。

歯の治療がずっと続いているのは大変でしょうね。
でも、それが終わればきっと快適になることでしょう、
どうぞお大事になさってください。
Commented by milletti_naoko at 2021-07-31 03:42
ムームーさん、こんにちは。ありがとうございます♪ いつもとはまた違う、独特の夕日もおもしろいなと思いました。かわいい猫たちが久しぶりに帰ってきてくれて、うれしかったです。いったいどこにいかなければいけなくなったのだろうと、心配していました。8月が近づいて、旅行客がかなり増えてきているので、レストランにも大勢が押しかけているのだと思います。

感染が拡大している間は、わたしも不安で歯医者には行く気になれませんでした。長い間行かないと、見つかる歯の問題も多くて、難しいところですね。
Commented by milletti_naoko at 2021-07-31 03:57
ciao66さん、この猫、かつては、もちろん今回もですが、いつ夕方に訪ねても、桟橋の近くにいて、夕日が沈む頃にただ1匹でずっと夕日の沈む方向を見ていて、そうして沈んだあともその方向をじっと長い間見つめているんです。それで、物思いにふけっているか、それとも、夕景の美しさを見逃すまいと感じいているように感じられるので、いつの頃からか、こんなふうに呼ぶようになりました。言葉が分かったら、きっと気が合って、話が弾むように思います。この猫たちにとっては、きっと人間たちが、日々の暮らしの当たり前の情景になっているのではないかと思います。

ありがとうございます。いつか治療が終わる日を心待ちに、頑張って通います。
Commented by sunandshadows2020 at 2021-07-31 07:57
猫さんが夕日を眺め考える図、この子は哲学者なんでしょうね。
そして詩人でもあり。
社交のネコさん達は平和そうでのんびりと浜辺のお楽しみ会、良いですね。

歯医者さん通い長引きますね。
早めに終わると良いですね。
by milletti_naoko | 2021-07-29 23:16 | Umbria | Trackback | Comments(9)