イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

ありがとう蘭の花なおも咲く予感

ありがとう蘭の花なおも咲く予感_f0234936_23511226.jpg
 去年の12月の初め、義弟夫婦がわたしの誕生日にと贈ってくれた蘭の花は、最後の一輪が4月9日にしおれてしまうまで、4か月の間、花を咲かせてくれたあと、


すでに新しい花茎が伸びてきていて、6月6日に最初の一輪が咲き、

ありがとう蘭の花なおも咲く予感_f0234936_23340770.jpg
18/6/2021

それから次々に花が咲いて、6月18日には残るつぼみがあと一つとなり、

ありがとう蘭の花なおも咲く予感_f0234936_23490994.jpg
21/6/2021

6月21日には、十の花すべてが、きれいに咲きました。

 それから長い間、美しい花で目を楽しませてくれた蘭の花も、7月の小旅行から戻った頃から、少しずつしおれていき、

ありがとう蘭の花なおも咲く予感_f0234936_23511226.jpg
4/6/2021

今ではわずかにあと2輪、花が残るばかりとなりました。

 旅行に出かけていて水やりができないときがあったり、夏は湿度が低いに関わらず、冬と同じ頻度でしか水やりをしなかったりしたために、花が咲く期間が短くなったのかもしれません。暑さのためか、今回は花が咲き始めてから咲きそろうまでが早かったので、花が終わるのも早いのかもしれません。

ありがとう蘭の花なおも咲く予感_f0234936_23533016.jpg

 いずれにせよ、この蘭は、なんと次の花を、すでに準備している模様です。

 義弟の奥さんは、蘭の花が原生林に咲く南国の出身で、「蘭は育つ環境さえよければ、何度でも花を咲かせるのよ」と言っています。そこで、今しばらくまた蘭を見守ってみたいと考えています。

 昨晩は、久しぶりに友人3人といっしょに、湖畔のいつもの店で夕食を共にしたのですが、カメラを忘れたために、また、わたしたちは最初二人で行くつもりで、昼から眺めのいい席を予約していたのですが、夕方までに次々に同席する友人が増えたため、席が若干湖から離れてしまったこともあり、撮ろうと思えば携帯電話でも撮影できたのですが、写真は撮りませんでした。

 けれども、おもしろいなと思うこともあったので、先日、コルチャーノに行く前に見た湖の夕景の写真を代わりに添えて、そのうち、そのときのおもしろ話も、記事にできればと考えています。

****************************************************************************
Orchidea bella e vigorosa,
prima fioritura dal dicembre 2020 all'aprile 2021.
Seconda fioritura dal giugno2021,
in tutto c'erano dieci fiori e ora ne rimangono due
ma l'orchidea sta già preparando altri fiori!
*****************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32387254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3841arischan at 2021-08-06 10:49
なおこさん、冬にいただいた胡蝶蘭が、夏に再び咲くとは、驚きです(*^_^*)
家は、実は、欄を度々いただくのですが、胡蝶蘭を再び咲かせることは、ないんです。家の気候では、難しいようです。
なので、なおこさんちは、素晴らしいと思いました。
何度も楽しめて、贈った方に思いを馳せて素敵ですね(*^_^*)
家も、シンビジュ―ムなら、咲きますので楽しんでいます。
Commented by fysoft at 2021-08-07 09:16
こんにちは。

蘭の花、長い間楽しめて良かったですね。
自然の環境とは違うので、また咲かすには無理があると思います。
花が終わった花茎は、根元から切った方が良いと思います。
毎年、花が咲くと良いですね。
Commented by tokotakikuh at 2021-08-07 10:43
一輪への思いが込められてます

しかし、嬉しいですね
数か月、楽しませてくれましたね

来年、
きっと・また・新しい家族を伴って( ´艸`)
貴女に逢いに来ますよ
Commented by sunandshadows2020 at 2021-08-07 14:03
蘭の花をそのように何度も咲かせるのはとても難しいです。
なのでなおこさんの蘭の記事を拝見するたびに上手だと感心します。
蘭にとって最高のコンディションを与えてあげられるようですね。
我が家は今ブラジルのランが咲き終えようとしています。
花の後、次の花(来年)迄どのように手入れしようか迷います。
Commented by milletti_naoko at 2021-08-08 16:53
アリスさん、わたしたちも驚いています! 特に何かをしているというわけではなく、日照時間や室温が、きっとちょうど蘭が好む環境なのだと思います。

アリスさんのお庭やお宅のお花、年中とてもきれいですね♪
Commented by milletti_naoko at 2021-08-08 16:59
fysoftさん、ありがとうございます。花が終わって、もう咲く気配のない花茎については、おっしゃるようにしたいと考えています。
Commented by milletti_naoko at 2021-08-08 17:03
zakkkanさん、思いがけず幾度も咲き、花が終わる頃にはもう次の花を準備している蘭に驚いています!

温かいお言葉をありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2021-08-08 17:08
お転婆シニアさん、日当たりがちょうど花にいい加減の机の上に置いて、毎日水をやったり霧吹きをしたりはしているものの(先日の旅行中は2日間半水なし!)、ほぼ放任なので、蘭の花の生命力が強いのだと思います。

ブラジルのラン、あでやかな花が美しいですね!
by milletti_naoko | 2021-08-05 23:58 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(8)