イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

眺めみごと宮殿の名持つ岩山登り、シビッリーニ山脈 パラッツォ・ボルゲーゼ山

 8月6日金曜日は、ボルゲーゼ宮殿という名を持つ岩山、パラッツォ・ボルゲーゼ山Palazzo Borghese、2145m)を目指して、シビッリーニ山脈(Monti Sibillini)の山を登りました。

眺めみごと宮殿の名持つ岩山登り、シビッリーニ山脈 パラッツォ・ボルゲーゼ山_f0234936_05305167.jpg
6/8/2021 15:18

 上の写真で登っていく夫の左手に見えるのが、パラッツォ・ボルゲーゼ山です。

眺めみごと宮殿の名持つ岩山登り、シビッリーニ山脈 パラッツォ・ボルゲーゼ山_f0234936_05404669.jpg
15:24

 垂直の岩壁が中世の宮殿のようだから、「ボルゲーゼ宮殿」と名づけられたのではないかと言われています。数年前にも登ったことがあって、こんなふうに歯のような形の岩が列になって並ぶ、その間を通って、その後はさらに、緑の草原を登っていきます。

眺めみごと宮殿の名持つ岩山登り、シビッリーニ山脈 パラッツォ・ボルゲーゼ山_f0234936_05555612.jpg
http://www.sibillini.net/il_parco/gps/mappaSisma.jpg

 昨日は、この辺りを歩いていたとき、冷たく激しい風が吹き荒れていたこともあって、標高2145mの頂上までは行かなかったのですが、その代わり、標高2047mのサッソ・ボルゲーゼ峠(Passo di Sasso Borghese)を通り過ぎて、さらに高みへと登りました。今地図を見ると、標高2090mほどの高さまでは登ったのではないかと思います。

眺めみごと宮殿の名持つ岩山登り、シビッリーニ山脈 パラッツォ・ボルゲーゼ山_f0234936_05454800.jpg
12:28

 出発地点は、給水場、Fonte di San Lorenzo(1402m)です。8月に入ったため、平日の金曜日にも、近くの路傍に車が数台並んでいました。

 上の写真は、夫が車を駐車した辺りから撮影したもので、左にパラッツォ・ボルゲーゼ山が見えています。けれども、山の傾斜がひどく急なので、そのまま左には向かわずに、まずは前方に見える森を右へ右へと登っていきます。

眺めみごと宮殿の名持つ岩山登り、シビッリーニ山脈 パラッツォ・ボルゲーゼ山_f0234936_06024432.jpg
12:59

 この森は、ブナの木々が影を落としてくれて涼しいのはありがたいのですが、歩き始めで体力があるときとは言え、かなり急な登り道が長い間続きました。この森を出たら、後はずっと日かげのない道が続きます。傾斜の急な斜面を登り続けて疲れた上、バールで購入した昼食と念のためにと運んでいた1.5リットルの水が重たかったこともあり、この森を出る前に、食事をすることにしました。

眺めみごと宮殿の名持つ岩山登り、シビッリーニ山脈 パラッツォ・ボルゲーゼ山_f0234936_06084347.jpg
13:25

 森を出て、右手下方に見える山小屋、Capanna Ghezzi(1570m)の上を通るトレッキングコースを歩いていくと、右手に少しずつカステッルッチョの高原が姿を現し、やがては中心街を頂く丘も見えてきます。

眺めみごと宮殿の名持つ岩山登り、シビッリーニ山脈 パラッツォ・ボルゲーゼ山_f0234936_06140349.jpg
13:50

 登り道がゆるやかなので、助かったと思いながら歩いていたら、こんなに急な登り道も時々あります。

眺めみごと宮殿の名持つ岩山登り、シビッリーニ山脈 パラッツォ・ボルゲーゼ山_f0234936_06171540.jpg
13:59

 登りきると、前方に小さく、パラッツォ・ボルゲーゼ山の頂上が見えてきました。ここで夫が、写真の右手の山すそ、わたしたちが歩いていかなければいけないトレッキングコースの近くに、羊の群れがいることに気づきました。羊飼いもいるのですが、牧羊犬も数匹います。

 そこで、犬たちを避けるために、左手に見える丘、Colle Abieri(1800m)を登って、羊たちよりもかなり先の方で、登山道に戻りました。羊の群れからの距離を取るために、上の写真で左端に写る斜面の方に向かって歩いていき、羊たちがいる側とは反対側の斜面を歩いて登っていきました。

眺めみごと宮殿の名持つ岩山登り、シビッリーニ山脈 パラッツォ・ボルゲーゼ山_f0234936_06245316.jpg
14:06

 丘の上からは、カステッルッチョ・ディ・ノルチャ(Castelluccio di Norcia)の高原と中心街のある丘、そしてその向こうに連なる山がきれいに見えます。

 このあとは、すばらしい眺望を楽しみ、野の花に励まされながら、冒頭の2枚の写真に写っているパラッツォ・ボルゲーゼ山の山頂近くまで、ひたすら登っていきました。いつしか激しく冷たい風が吹くようになり、高みを歩いている間じゅう、ずっと吹き続けていたのですが、風は幸い、山の斜面に向かって吹いていたので、安心して歩くことができました。

眺めみごと宮殿の名持つ岩山登り、シビッリーニ山脈 パラッツォ・ボルゲーゼ山_f0234936_06310791.jpg
15:19

 来た道をふり返ると、奥の方にはカステッルッチョの高原が広がり、手前に見える森の下方には、砂利道の行き止まりにある給水場や、その手前に駐車してある夫たちの車が見えていました。

 上から2枚目の写真に写った、巨大な歯のように見える岩が並ぶ門の間を通ってから、寒く感じるほどの暴風が斜面に遮られて弱いところを探して、腰を下ろし、昼食の残りを食べました。

眺めみごと宮殿の名持つ岩山登り、シビッリーニ山脈 パラッツォ・ボルゲーゼ山_f0234936_06364379.jpg
16:05

 食後、さらに、どこまでも続く登り道を歩いて、ようやくサッソ・ボルゲーゼ峠(Passo di Sasso Borghese、2047m)に到着しました。

 岩の門ははるか下方となり、その向こうにすぐカステッルッチョのある丘が見えて、奥には高原が広がっています。

眺めみごと宮殿の名持つ岩山登り、シビッリーニ山脈 パラッツォ・ボルゲーゼ山_f0234936_06435848.jpg
16:06

 せっかくなので、この稜線の向こうにある風景を眺めたいと考えて、なおも山を登りました。

眺めみごと宮殿の名持つ岩山登り、シビッリーニ山脈 パラッツォ・ボルゲーゼ山_f0234936_06463652.jpg
16:13

 登りきると、前方にはポルケ山(Monte Porche、2233m)の山頂が迫り、

眺めみごと宮殿の名持つ岩山登り、シビッリーニ山脈 パラッツォ・ボルゲーゼ山_f0234936_06493100.jpg

右手には、サッソ・ボルゲーゼ(Sasso Borghese、2119m)、そして、右後方の緑の山の向こうには、青い海も遠くにぼんやりと見えています。

眺めみごと宮殿の名持つ岩山登り、シビッリーニ山脈 パラッツォ・ボルゲーゼ山_f0234936_06554178.jpg
16:28

 冷たい風が吹き荒れる中、さらに歩いていくと、サッソ・ボルゲーゼの左に、なんとシビッラ山(Monte Sibilla、2173m)が見えています。

 シビッリーニ山脈の名の由来となった、頂近くの洞窟にかつて巫女(sibilla)が住んでいたというシビッラ山は、夏でも野の花が一面に咲き、見晴らしもすばらしいので、わたしは最近ずっと行きたいと思っていたのですが、登山口がペルージャから遠く、登山自体にも時間がかかるため、泊まりがけでないと行くのが難しく、夫には、登山客が多いだろうと言われて、登るのをあきらめていました。そのシビッラ山が、思いがけずこんなにも近くに見えて、うれしかったです。

 標高2千メートルを超えるこの辺りの斜面には、エーデルワイスの花もあちこちに咲いていました。このあとは、しばらく周囲を歩き回り、それから山道を下って、車を近くに置いていた給水場まで戻ると、もう午後7時になっていました。

 帰り道に寄ったレストランで夕食を済ませ、うちに戻ると午後10時半で、何より、片道の標高差が約700mで、1万8千歩以上歩いたので、帰ったらすっかり疲れ果てていたため、昨晩は、記事を投稿する余裕もなく、就寝しました。イタリア時間で昨夕投稿した記事は、実は山へとうちを出る前に書き上げていたのですが、日本時間で日付が変わる前に投稿しようと考えていたものの、歩いている間はその余裕がなく、レストランに腰を下ろしてから、ようやく書いていた記事を投稿することができました。

 エーデルワイスほか、登山中に見かけた花などの写真は、また次の機会に、ご紹介できればと考えています。

関連記事へのリンク / Link all'articolo correlato
↑ 当記事の登山中に見たエーデルワイスの写真をご紹介しています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:お気に入りの場所やお勧めスポット・お店を教えて!
by milletti_naoko | 2021-08-08 07:17 | Marche