イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

友とドライブイタリア今も規制あり要注意、人数制限・距離の確保・マスク義務

 2回目のワクチン接種から2週間経ち、神経を抜く歯の治療も8月23日まで夏休みとなり、明日ならようやく安心して、久しぶりに長い間、オフラインでは顔を合わせていなかった友達と湖に昼食を食べに行けると、食事の約束はしばらく前からしていました。前日である今日になって、友達と連絡を取って、待ち合わせ場所と時間を決めようとしていて、ふと頭に浮かんだことがあります。 昨年、感染が深刻になったとき、車での移動の際には、同居する家族ではない場合には、同乗できる人数に制限があり、かつ前後に分かれてマスクを着けて座らなければならないことになっていたのですが、今もそうなのだろうか。

 一昨日、8月6日付の上の記事を見ると、ホワイトゾーンであっても、2021年8月の今も、同居する家族でない場合の人数や座る場所の制限、座る場所の規定については相変わらずで、5人乗りの車であれば、乗れるのは3人までで、前部座席には運転者のみ、後部座席には2名まで乗ることができて、ドライブの間じゅう、全員にマスクを着用する義務があるとのことです。距離が確保できず、マスクを着用していない場合には、400ユーロから1000ユーロの罰金が課される恐れがあるとのことです。

 というわけで、明日食事を共にする友人によると、これまで同じ車の前部座席に並んで座っても、特に何も言われなかったとのことなのですが、大勢が旅行に繰り出す今の時期は、警察の取り締まりも多いでしょうし、残念ではありますが、きちんと法を守りたいと思います。同僚でもある友人は、わたしよりもずっと先に、2回目のワクチン接種を終えています。

友とドライブイタリア今も規制あり要注意、人数制限・距離の確保・マスク義務_f0234936_05323220.jpg
6/8/2021

 一方、同居する家族については、これも以前と同様で、人数制限はなく、互いの間に距離を確保したりマスクを着用したりする義務なしに、同じ車で移動することができることとなっています。

 それで、一昨日のように、夫と二人でドライブするときは、マスクなしで、夫が運転する傍らで、助手席からこんなふうに写真を撮ることができるのです。上の写真には、左手にシビッリーニ山脈(Monti Sibillini)の最高峰、ヴェットーレ山(Monte Vettore、2476m)、右手奥に、カステッルッチョ・ディ・ノルチャ(Castelluccio di Norcia)の中心街を頂く丘が写っています。

 

 おとといは山登り、昨日は保存用トマトソース作りやブログ記事の執筆や家事に追われ、今日は1日親戚の来客があって、この数日は、ニュースをじっくり追うことができずにいるのですが、ラジオでもテレビでも、8月6日から、バールやレストランの屋内席での飲食や、博物館や映画館など、様々な場面で所持・携帯が義務となったグリーンパスについて、盛んに報道しています。

 デルタ株のために、イタリアでも各地で感染が拡大しつつあるのですが、グリーンパスが、長距離移動の電車や飛行機、船に乗るのに必要となるのは、9月1日からと決まりました。

友とドライブイタリア今も規制あり要注意、人数制限・距離の確保・マスク義務_f0234936_05511955.jpg

 こちらの写真もやはり、おととい登山口へと向かう途中に、車内から撮影したものです。まだ咲いているヒナゲシの花を見られて、うれしかったです。

 明日の食事と再会がとても楽しみである一方、混雑している道路や複数車線になっている通ったことのない道は苦手なので、どうしたらそういう道を避けつつ、目的のレストランまで行くことができるか、グーグルマップに助けを借りながら、あれこれシミュレーションをしてみました。レストラン自体は郊外の通り慣れた走りやすい道を行ったところにあるのですが、友人を迎えにいったあと、どうすれば、中心街や鉄道駅近くの混雑した道路を避け、すでに知っている走りやすい道路を通って、湖に向かうことができるかということなのです。いろんな意味でどきどきしているのですが、とても楽しみです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

Commented by ririrouzu at 2021-08-09 09:34
コロナ感染者東京では4000人を超えるニュース
まだ日本ではグリーンパスの発行までは
考えてはいないようです
湖では水平線の彼方に夕日が沈む
とは言わないですよね!

Commented by tokotakikuh at 2021-08-09 14:08
コロナ・まだまだおさまりは望めないです

昨日、オリンピックが、どうにか閉幕
海外の選手関係者たちが、帰国の途へ
さて・いろいろと醸し出したオリンピック
静かに、収まってほしいです
Commented by sunandshadows2020 at 2021-08-09 22:14
まだまだ不便さは続きますが、お友達と会え、一緒の車に乗れ、一緒にお友達と食事が出来るところまで漕ぎ着けましたね。
我々も昨日砂漠へ行き彼方に住む友人の家で食事しました。彼らが家を購入してから彼らの家を見るのはたった2度目です。
お互いコロナ感染を恐れ、途中から会う事さえままならずでしたが、ワクチン接種後ようやくリラックスできるようになりました。
デルタ株でまた規制が始まるかと言う時、もう少しの辛抱と思って今まで来ましたがそれもダレて来ている今、今後の動きが心配でも有ります。
Commented by meife-no-shiawase at 2021-08-11 08:22
イタリアもかなり細かいところまで規定が決まっているのですね。
台湾も車内で一人ならマスクは要らないのですが
二人以上の場合はマスクをしなければなりませんでした。
でも座席についてはそこまで厳しい決まりはなかったです。

でも車でもマスクってけっこう辛いですよね・・・。
ついつい外したくなりますが、監視カメラがあるとか(笑)
番号を控えられて通報されるとか・・・
色々な噂もあり、こんなことで高い罰金を取られたら悔しくてたまらないでしょうから(笑)
おとなしく従うしか無いですね~。
Commented by milletti_naoko at 2021-08-17 03:41
ririrouzuさん、東京をはじめとする日本の特に都会での感染の増加と医療逼迫についてのニュースを、どうか一刻も早く減少に転じるようにと願いながら追っています。
ワクチン接種が可能な年齢層の少なくとも過半数がワクチン接種を終えているという状況でないと、グリーンパスを様々な場面で義務づけるのはきっと難しいのでしょうね。

湖の場合は、海と違って対岸にある山や町が見えるので、水平線ではなくて、その向こうに見える陸地の後方に夕日が沈んでいくんです。
Commented by milletti_naoko at 2021-08-17 03:45
zakkkanさん、イタリアでは続々と帰国するメダルを受賞した選手たちを、空港や町で大勢が出迎える様子が放映されて、皆笑顔でうれしそうです。

徹底した感染源の追跡、まめなPCR検査、自粛の呼びかけではなく支援金を伴う厳しい政策とワクチン接種の加速化で、日本でも感染を抑えていくことができますように。
Commented by milletti_naoko at 2021-08-17 03:51
お転婆シニアさん、歯医者の治療が終わって、2度目のワクチン接種から2週間経ったらと思っていたのですが、歯医者の治療がいつ終わるのか先が見えないこともあって、仕事の一段落を兼ねて、乾杯をしました♪

デルタ株の感染、こちらでも増加していて、他国での感染急増のニュースに、イタリアも夏だから、感染の心配はもう去ったなどと安心してはいけないと思いながらニュースを追っています。幸い、こちらは首相も保健相も、まずは健康を大切に考えて行動してくれるのですが、ワクチンや一連の規制にむやみに反対を唱える人々やそういう人の支持を得る政治家に困っています。
Commented by milletti_naoko at 2021-08-17 04:02
メイフェさん、ワクチンを2回とも接種している同士であれば、マスクはともかく、前と後ろに分かれて座らなくてもいいのではないかと思いつつ、ワクチンを接種したのに船内で大勢が感染というニュースを聞いて、どういう条件がそろったときにワクチンを2度接種していても感染しうるのかを明らかにしてほしいものだと思いました。むやみに制限をしたり、むやみに規制を解除したりするのではなく、本当に効果のある規定であってほしいと思うのです。

イタリアでは週末や夏休みの移動する人が多い時期には、特に道路脇に警察がいて、取り締まりが行われるということが少なくないのです。たいていはスピード違反や交通違反などに対応するためなのですが、何もしていなくても免許などの提示を求められることがあり、そういうときに、座席で座っている位置なども規則違反だと言われる可能性がありますし、やはり規制は守りたいと思います。
by milletti_naoko | 2021-08-09 05:57 | Covid-19 Italia | Comments(8)