イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

雷雨・豪雨 パリの傘と延期決めた歯科治療

 山の天気は変わりやすいというものの、8月13日、シビッリーニ山脈(Monti Sibillini)で山を登っていたときには、突然空が暗くなり、やがてはどしゃぶりの雨となりました。幸いわたしはレインコート、夫は折り畳み傘を持参していたのですが、

雷雨・豪雨 パリの傘と延期決めた歯科治療_f0234936_22475399.jpg
Monti Sibillini 13/8/2021

その傘は、パリを旅行中に買い求めたもので、エッフェル塔と凱旋門が描かれています。飛行機でフランスに着いた翌朝、パリの町を歩いていたら、突然どしゃぶりの雨が降ってきて、わたしは傘を持っていたのですが、夫は最初に見つけた、傘を販売していた店、観光客用の露店で、この傘を購入したのです。買ってすぐに傘を開いたら、なんと中がすでに錆だらけだったのですが、こうして今も役に立っています。



 雷が鳴るときは、傘はささない方がいいと思うのですが、この傘には、上に突き出る部分がありません。それでもやはり、雷を引き寄せる可能性があるのかどうか、また今後調べてみたいと思います。

 ちなみに、わたしたちは、当日の朝になってから登山の行き先を決めることが多く、夫が早く出発したがるので、ペルージャの天気は調べるけれども、行き先の山の天気は調べずじまいで出かけるということも、時にあります。この日は前日のテレビの全国天気予報では、イタリア中部はどこも晴れるという予報だったのに、登山中に雨が降ってきました。それで、先週金曜日は、出かける前に夫が行きたがっていた山の近く、カステッルッチョの天気を調べて、雷を伴う豪雨となるという予報が出ていたので、ピントゥーラ・ディ・ボロンニョーラから山を登り、雨に降られずに済みました。

雷雨・豪雨 パリの傘と延期決めた歯科治療_f0234936_23003038.png
https://www.3bmeteo.com/meteo/perugia

 けれども、山では雨が降っても、ペルージャでは雨の降らない日が長く続きました。ですから、今日はペルージャではかなりの雨が降るという予報が、数日前から出ていたので、「ようやく雨が降る、そうして気温が下がる」と、ほっとしていました。昨日まではけれど、雷を伴う激しい雨が降るのは、早朝から昼にかけてという予報が出ていたのに、今朝起きてみると、その予報が午後5時頃からに変わっていました。

 そうして、わたしは本来は、歯医者の夏休みのために中断となった奥歯の神経を抜く治療に、午後4時半に行くよう、予約が入っていたのですが、まれに見る悪天候が予想される日に、ちょうど渋滞となりそうな道を運転するのがこわいので、今朝9時、歯医者に電話して、予約を木曜の朝に変更してもらいました。暗い空の下の豪雨では、ワイパーを使っても前方が見にくいことがあり、以前夫の車のワイパーが、落ちてきた雹で壊れて、フロントガラスの視界が悪い中、ワイパーが購入できる店まで、恐ろしい思いをしながら移動したこともあるからです。

 今、本来なら歯医者に出かける時刻なのですが、雷が鳴り続ける上に、雨足がひどく激しいので、予約を変更して本当によかったと、ほっとしています。

 iMacで途中まで書いた記事を、途中で下書きとして保存して、パソコンとルーターの電源を切って、コンセントを抜き、今はその続きをスマートフォンから書いて投稿しています。そうして、その間に充電しておいたMacBookで、寄稿記事を書き上げて投稿する予定です。

    
 ちなみに、急に雷雨となり、雹が降ってきてワイパーが壊れたのは、このアッシジのラベンダー園のサルビア祭りからの帰り道でのことでした。

 長い間雨が降らずにいたあとの雷雨の際には、雹が降ることも少なくないのです。イタリア中部にお住まいの皆さん、そして旅行中の皆さん、どうかくれぐれもご用心くださいませ。

関連記事へのリンク

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2021-08-23 23:34 | Viaggi