イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

あらそんな おかげでゆっくりと愛でる夕景、トラジメーノ湖

あらそんな おかげでゆっくりと愛でる夕景、トラジメーノ湖_f0234936_08170559.jpg
 水曜の夕方、午後7時過ぎにトラジメーノ湖(Lago Trasimeno)の岸辺に向かうと、まだ太陽がまぶしく輝いています。

あらそんな おかげでゆっくりと愛でる夕景、トラジメーノ湖_f0234936_08091853.jpg
San Feliciano, Magione (PG), Umbria 1/9/2021 19:09

 湖畔の店で共に夕食を、隣人と義弟夫婦と共にすることになっていたのですが、午後7時に着いて、駐車場で待ってみても、隣人が来る気配がないので、わたしと義弟の奥さんは、湖をもっと近くから見ようと、浜辺まで歩きました。

あらそんな おかげでゆっくりと愛でる夕景、トラジメーノ湖_f0234936_08133433.jpg

 水位がひどく低いのですが、それでも、水遊びを楽しんでいる人たちがいます。

 隣人から、着くまでにまだ20分かかると電話があったからと、夫たちも岸辺にやって来ました。

あらそんな おかげでゆっくりと愛でる夕景、トラジメーノ湖_f0234936_08152086.jpg
19:25

 4人で、桟橋の先端まで歩いて、眺めを楽しんだり、おしゃべりをしたりしていたら、夕日が雲に隠れ始めました。

あらそんな おかげでゆっくりと愛でる夕景、トラジメーノ湖_f0234936_08170559.jpg
19:27

 雲に隠れてしまう直前の日の輝きと、雲や日の光を映す湖が、とてもきれいです。

あらそんな おかげでゆっくりと愛でる夕景、トラジメーノ湖_f0234936_08183329.jpg
19:28

 太陽はいったん雲の向こうに隠れてしまいましたが、下方の空や地平線へと差す日の光も見えるので、そのうち夕日がまた見えるはずだとわたしが言うと、夫と義弟の奥さんは、見えないんじゃないかなあと言います。

 このときは、空の雲や光、色そのものよりも、そういう空の光と色を映す湖の美しさに感嘆しました。

あらそんな おかげでゆっくりと愛でる夕景、トラジメーノ湖_f0234936_08230033.jpg
19:33

 雲の下から、夕日が顔を出し始めました。湖に投げかける金色の光と、地平線近くのオレンジ色の空の水鏡がきれいです。

 隣人が来るだろうかと、夫や義弟はしばしば後方をふり返っていたのですが、隣人は予定を変更して、奥さんと子供をうちに送り届けてから来るとのことなので、「来るのは日が沈んでからでしょう。だからここで夕日を見送りましょう。」と言うと、二人とも納得してくれました。

あらそんな おかげでゆっくりと愛でる夕景、トラジメーノ湖_f0234936_08281584.jpg
19:37

 店の隣にあるキャンプ場に滞在する客も、ボートから夕日を眺めているようです。

あらそんな おかげでゆっくりと愛でる夕景、トラジメーノ湖_f0234936_08303769.jpg
19:43

 そうして、夕日は、雲と湖を桃色に染めながら、沈んでいきました。

 このあと、わたしたちもテーブルに向かい、さらに隣人から電話があって、「10分後には着くから、ピザを注文しておいてほしい」とのことだったので、注文をして、そうして、隣人よりも先に料理が運ばれてきたので、食事を始めました。ちょうど道路が渋滞する時刻でもあったため、隣人が着いたのは午後8時過ぎのことでした。けれども、そのおかげで、夕日が空と湖を染めながら沈んでいくのを、じっくりと見守ることができたのだと思います。

 8月末が締め切りだった学校の大きな仕事の、最後の一仕事と、提出すべきあれこれの文書を仕上げて、8月中に提出し、学校側ともその旨メッセージを交わして、ようやくこれで片がついたとほっとしていたら、9月1日水曜日の朝になって学校から電話があり、あれこれ修正をしてから出すようにと指示があり、そうしてその指示に矛盾があるので、わたしが確認したり質問したりして、そうして返事を聞いて、すべての書類などを書き直して送付しなければならず、思いがけず時間を取られました。何度も連絡を取り合い、互いに確認して、訂正を終えて、提出したら、もう午後4時を過ぎていました。

 やはり8月中には仕上げて投稿しておきたかった寄稿記事の原稿も、前夜のうちに書き上げて、ざっと見直して寄稿はしていたのですが、今日も、学校の仕事の合間に、読み返して文章を修正しました。
 
 食事とおしゃべりを楽しんで、店を後にしたのは、午後10時半頃のことで下。店を営む夫妻の息子が、店内のテーブルで本を読んでいて、それがヘルマン・ヘッセの本なので、えらいなあと感心していたら、「おやおや、読むのがぎりぎりになってしまったねえ。」と、夫たちが話しかけています。ヘッセの本を読むのが、学校の夏休みの宿題だったようで、日本の高校で国語を教えていた頃、夏休み明けに読まなければいけなかった、たくさんの読書感想文を思い出しました。書くのも大変でしょうが、読むのも大変なので、現代文を担当する3クラス、約120人の生徒の感想文を読んだあとで、さらに優秀と思われる文を選び、他の先生方が担当クラスの感想文の中から選んだ優れた感想文も、読書感想文コンクールに応募する作品を選出するために、多数読まなければいけなかったのです。

 閑話休題。こんなふうに、あれこれとするべきことがあったので、日曜の朝は夫とミサに行く代わりに、家に残って寄稿記事を書こうかとも考えたのですが、今ここで夫と過ごせる時間の方を大切にしようと、ミサに行くことにしたのでした。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:お気に入りの場所やお勧めスポット・お店を教えて!
by milletti_naoko | 2021-09-02 23:42 | Umbria