イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

第131号「自由をはき違えるワクチン反対者 他の人々の健康と命を危険に、イタリア首相・大統領の戒め」

第131号「自由をはき違えるワクチン反対者 他の人々の健康と命を危険に、イタリア首相・大統領の戒め」_f0234936_22220838.png
 不安から自分はワクチンは接種したくないという人から、「ワクチン接種を受けない自由の侵害だ」、「行動の自由を制限するグリーンパスに反対だ」と抗議する人まで、イタリアでNo Vaxと呼ばれるワクチン反対者は様々です。ラ・レプッブリカ紙が7月下旬に報じたミラノ大学の調査結果によると、また、実際には、イタリアのワクチン反対派は、成人人口のわずか3%で、半数のイタリア人(la metà degli italiani)ワクチン(vaccino)の義務化に賛成であるとのことです。


 イタリアでは、ワクチン接種推進のおかげで感染を抑止することができ、経済活動や旅行などの余暇活動を楽しめる状況になっているにも関わらず、


 グリーンパスが必要な場面や機会、ワクチン接種が義務となる職種を増やしていくことが議会や政府で検討されている昨今では、ワクチン反対派が、各地で集会を催し、9月1日には、未遂に終わったものの、イタリア各地で鉄道の運行を阻止するとまで予告し、医師や政治家の自宅前に押し寄せたり、脅迫をしたりという過激行動に走る反対者も出てきました。

 先日は、警察(Polizia)が、武器や爆薬を用いてのテロ行為を計画していたワクチン反対者がイタリア各地にいることを突き止め、ミラノ、ベルガモ、ベネチア、パドヴァ、レッジョ・エミリアで強制捜査(perquisizione、perquisizioniは複数形が行われたという報道があり、ニュースでは、「ローマに着いたら、まずはジャーナリストを標的にして、テレビ局のバンを爆発させよう」という8人のワクチン反対派のチャットでのやりとりも報じていました。



 こうした状況の中、イタリア政府は、まずは国民の命と健康を第一にと考えて、まずはドラーギ首相が、さらに、マッタレッラ大統領も、感染拡大を抑止するには、接種可能な人がワクチン接種を受けることが不可欠であるとして、ワクチン反対者を断固として戒めています。




"L'appello a non vaccinarsi è un appello a morire, sostanzialmente. Non ti vaccini, ti ammali, muori. Oppure fai morire: non ti vaccini, ti ammali, contagi, lui o lei muore. Questo è."

「ワクチン接種を受けないようにという呼びかけは、つまるところ、死ぬようにと呼びかけるのと同じことです。ワクチン接種を受けない。病気になって、死ぬ。あるいは、人を死なせる。ワクチン接種を受けないで、病気になって、感染させ、彼や彼女が死んでしまう。こういうことです。」(「  」内は石井訳、以下同様)




 
 マッタレッラ大統領の言葉も、上のリンク先の記事に映像があるのですが、ここでは、要旨をまとめた記事から引用します。記事では割愛されているため、下記の言葉の中にはありませんが、大統領は、「健康上の理由からワクチンを接種しない人は別として」という前提で話を進めています。

"Non si invochi la libertà per sottrarsi dalla vaccinazione, perché quella invocazione equivale alla richiesta di licenza di mettere a rischio la salute altrui e la loro vita. Chi pretende di non vaccinarsi pur potendo e di svolgere una vita normale frequentando luoghi di lavoro o svago, costringe tutti gli altri a limitare la propria libertà, a rinunciare alla propria possibilità di recuperare in pieno luoghi e modi e tempi di vita."

「ワクチン接種を受けなくてもいい自由を、求めてはいけません。なぜなら、ワクチン接種を受けなくてもいい自由を求めることは、他人の健康や命を危険にさらす許可を求めることにほかならないからです。接種を受けられるにも関わらず、ワクチン接種を受けずに、職場や楽しむことができる場所に通い続けて普通の生活を送ることを求める者は、他のすべての人に、自由を制限することを余儀なくさせ、以前とまったく同じように暮らしの中で様々な場所を訪ねたり、生活をしたり、時を過ごしたりできる可能性を断念せざるを得ない状況に追い込んでしまうからです。」(後半は意訳)

invocare 【他動詞】…を希求する、嘆願する、求める、主張する
sottrarsi a... …から逃れる、免れる、避ける(映像では、大統領はsottrarsi alla...と言っています)
equivalere a... …に等しい、相当する、…と同じだ
richiesta 【女性名詞】 要求、要望、請求
licenza 【女性名詞】 許可、認可
pretendere 強く求める、法外な要求をする、断固として求める
svago 【男性名詞】 気晴らし、娯楽、楽しみ、趣味
frequentare 【他動詞】 …に通う、頻繁に行く、出入りする



 今日の午後のニュースでも、ワクチンでどれだけ感染や重症化・死亡の危険が防げるかという報道があり、また、ワクチン反対派の言うことに惑わされて、接種を受けなかったばかりに、亡くなった家族を悼み、接種を呼びかける記事やツイートも、最近では少なからず見かけるようになってきました。


 9月9日付のANSAのニュースは、39歳のワクチン反対者の女性が、新型コロナウイルスに感染し、2歳と7歳の子供を残して亡くなったと伝えています。家族と出かけた旅行先から帰宅後に感染が発覚して、ミラノで亡くなったこの女性は、断固としてワクチン反対を通し、家族全員がワクチン未接種だったとのことです。そして、夫や父親、母親も感染してしまい、母親は今、病院に入院中で、重態であるとのことです。

 このイタリア語学習メルマガにしても、ブログにしても、また、寄稿記事にしても、従来は、新型コロナウイルス感染症関連情報ばかりにならぬように意識して書いているわたしですが、最近SNSを通して、イタリアはもちろん、日本でいまだに声高に、ワクチンは陰謀であるとか、害の方が多いとかいう偽情報を流して、人々がワクチン接種を思いとどまる、あるいは反対するように仕向けている投稿を見かけることが多いので、危機感を抱き、今号でも、前号に引き続き、COVID-19関連情報をお伝えしています。

 せっかく大勢の命を救い、新型コロナウイルス感染を抑止し、撲滅していける頼みの綱であるワクチン接種が、どうかこうした誤った扇動的な情報で妨げられることなく、進んでいきますように。現在イタリアでは、いまだに接種できるワクチンがないために、子供たちは、接種を受けられずに感染して亡くなってしまう可能性があり、実際にそういう事例も発生してきています。自らや大切な人の健康と命はもちろん、子供たちや健康上の理由でワクチン接種を受けられない人々を感染から守るためにも、また、ワクチン接種を完了していても、わずかながら、重症化したり亡くなったりしてしまう可能性がある高齢者や基礎疾患のある人の命を守るためにも、接種可能な人ができるだけ接種しておくことが必要となります。皆の健康と命を守るためにも、世界中の各国ができるだけ早く取りはからって、多くの人が安全なワクチン接種を受けられることになりますように。そして、ワクチン接種を受けても問題のない多くの人が、偽情報に惑わされることなく、可能な機会が訪れれば接種を受けて、自分や家族、そして接する大勢の人の健康や命を守ることができますように。

 ヤフージオシティーズのサービス終了のため、現在、このイタリア語学習メルマガのバックナンバーを、ブログに移行中です。すでにブログに収録済みのメルマガ一覧は、次のリンク先のページでご覧になれます。




メールマガジン 「もっと知りたい! イタリアの言葉と文化」発行者      石井直子

登録・解除    http://www.mag2.com/m/0000280229.html

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2021-09-11 22:22 | Covid-19 Italia