イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

マレンマに来ています、トスカーナ小旅行

 トスカーナの南、マレンマ地方の海の近くのアグリトゥリズモに、今日から水曜日まで滞在します。

マレンマに来ています、トスカーナ小旅行_f0234936_16552125.jpg
Alberese, Grosseto (GR), Toscana 13/9/2021

 昔むかし、夫がわたしと知り合う前に、友人と宿泊したことがあって、果物いっぱいのかごが朝食の席に置かれていて、手作りのジャムもあり、とてもよかったと覚えていた宿を、名前は覚えていなかったものの、記憶を頼りにインターネットで検索して探し当てました。

 昨日、日曜日に出発するつもりが、昨晩は満室で、今日からなら一つ空く部屋があると聞いて、昨日のうちに電話で予約し、部屋の掃除が終わってチェックインができると聞いていた今日の午後2時頃に、宿に到着しました。海に近い温暖な地域でありながら、今年の春は−6度という寒波に襲われ、果物が大きな被害を受けてしまったそうです。部屋には幸い見晴らしのいいテラスがあり、夫はテラスのテーブルで本を読んでいます。

マレンマに来ています、トスカーナ小旅行_f0234936_16562205.jpg

 昼過ぎに到着してすぐに、まずはマレンマ自然公園の観光案内所に行きました。海水浴もしたいけれど、ウッチェッリーナの山も歩きたいと、夫はそれでマレンマに来ようと考えたのです。ずっと島に行きたがっていたのですが、わたしの仕事で9月初めまでは出発できず、歯医者通いもあり、義母と姪の誕生日や友人たちとの会食があって、日程が後にずれ込み、島行きの船やフェリーは料金がひどく高い上に、にも関わらず、今週の木曜からは天気が崩れる可能性もあることから、島は断念しました。コルシカ島なら安いと言うのですが、今はこういう時期ですから、フランスで感染したり、感染者と接触したりすることになったら、あとが大変と、わたしが言いました。コルシカ島は、特にフランス語を熱心に学習していた頃、わたしが行きたいと何度も言ったのに、「広すぎるから2週間必要」、「秋より春の方がいい」と、ずっと夫に却下されていた場所です。

マレンマに来ています、トスカーナ小旅行_f0234936_16575137.jpg
Centro visite del Parco Regionale della Maremma, Alberese (GR), Toscana

 閑話休題。着いて真っ先に自然公園の観光案内所に行ったのは、今週いっぱいはガイドつきでないと公園内の山は歩けず、そのガイドつきのトレッキングは予約が必要であると、自然公園のサイトで夫が読んだからです。観光案内所に行ってみると、けれども、上の写真の中央の白黒の地図に、案内所の人が記してくれたトレッキングコースであれば、ガイドなしで無料で歩けるとのことです。明日予定されているガイドつきトレッキングは、すでに14名の予約が入っている上に、景観はガイドなしで歩けるコースの方が美しいと聞いて、結局わたしたちは、今日の夕方は海辺で過ごし、明日、その自由に歩けるコースを歩くことにしました。それでも駐車場代込みで一人10ユーロ払わなければいけないところを、わたしたちが宿泊予定の宿は、環境に配慮しているので3割引でコースを歩ける割引券を発行しているため、「宿で割引券をもらってから、ここに戻って明日の分の料金を払った方がお得ですよ」と、係りの人が親切に教えてくれました。たまたま夫が何かの拍子に宿の名前を言ったおかげで、割引事情が分かって助かりました。宿ではまた、砂浜の駐車場が半額になる割引コードもくれました。

 最高気温が31度と高いので、いまはこうして部屋で休み、午後5時頃から日が沈む頃まで、浜辺で過ごそうと考えています。写真を取り込めるように、記事が書きやすいようにと、マックブックを持ってきたのですが、うっかりケーブルを忘れてしまったために、カメラの画像を取り込むことができません。というわけで、とりあえず携帯電話で撮影した写真を添えておきます。


 トスカーナのマレンマの海辺には、近年も慌ただしく1泊だけしたことがある上に、11年前にも泊まりがけで訪ねたことがあります。

 上の記事はそのとき、2010年6月の小旅行について書いた記事ですが、あの頃は、今回聞いた以外にも、夏も自由に歩けるコースがあったおようです。


 上の記事によると、わたしたちはさらに昔、2007年10月にも、マレンマ自然公園を訪ねたことがあり、そのときはおそらく、10月になっていたので自由に歩くことができたのでしょう。ガイドつきで、しかも料金を払わないと歩けないとはと夫は言いますが、夏の暑い時期には、自然公園の大半がガイドつきでないと歩けないのは、雨が降らずに乾燥しやすい時期の山火事を防ぐためであるようで、この夏もイタリアでは全国各地で多数の火事が発生し、その大部分が人災によるものであると言われていることを考えると、こうしてガイドつきで有料でのみ歩けるようにして、火事を防ぐ必要が大いにあるのではないかと思います。

マレンマに来ています、トスカーナ小旅行_f0234936_16582672.jpg

 歯の治療はまだ終わらず、実は水曜も金曜も、夕食頃から歯がひどく痛んだので鎮痛剤を飲み、以後は食べるものに注意しています。治療が進むと、さらに痛む頻度や度合いが多くなりそうなので、今のうち、夫が行きたがっていた海に行けるうちに、思いきって出かけることにしました。木曜からは悪天候となるという予報を出す天気予報サイトもあるのですが、正確な天気予報は33時間前までは出せないそうです。できれば土曜までは旅行を楽しみたいのですが、さてどうなりますことやら。

 わたしにとっては今年初めての海水浴です。登山焼けで、腕の色は、Tシャツの袖のところでくっきり分かれているのですが、今日少し日に当たったら、グラデュエーションができていくのではないかと思います。日光浴は苦手ですが、午後5時からなら大丈夫でしょう。初めての海水浴も楽しみです。砂浜にはやはりカメラは持って行かない方がよかろうかと思いつつ。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32430741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ciao66 at 2021-09-14 10:30
田園も海も楽しめるというのはとてもいい所で♪
アグリトゥリズモで泊まるというのも素晴らしいし。
さっそく観光案内所に立ち寄って、お役立ち情報が入手出来て正解でしたね。ネットではない情報も聞けて、何か良いことがあるというのが案内所でしょうか。
歯の状態がご心配でしょうが、そんな中できっといい気分転換にることでしょう!
Commented by tokotakikuh at 2021-09-14 10:47
イタリアは縦に長い国ですから
気象も違って、色々楽しみ方があるのですね

旅日記・楽しみにしています
いいな~・お出かけ・・(* ´艸`)クスクス
Commented by sunandshadows2020 at 2021-09-15 13:03
トスカーナの南にそのような島があるのですね、知りませんでした。
トレッキングしたり、海で泳いだりと楽しいプランでしばし歯の事は忘れられるでしょうね。
我々もある夏、フランスのプロヴァンスで泊まった宿が農家さんでした。
朝食には奥様お手製のジャムの瓶が6本ほど並び、果物は摘みたての桃が木の箱で出て来てびっくりしたのを思い出しました。
残る日々を楽しくお過ごし下さい。
Commented by milletti_naoko at 2021-09-20 17:34
ciao66さん、ありがとうございます。天気は今ひとつでしたが、海も町歩きも、トレッキングも楽しむことができて、充実した旅行となりました♪
Commented by milletti_naoko at 2021-09-20 17:41
zakkkanさん、ありがとうございます。
今回は長く滞在して、新たにすてきな村や町も発見することができました♪ 無事戻りましたので、旅行中の記事のカメラの写真に差し替え、新たに写真も加えていく一方で、旅行の日々のもっと詳しい記事も、少しずつ書いていくつもりでいます。
Commented by milletti_naoko at 2021-09-20 17:50
お転婆シニアさん、とにかく柔らかいものをメニューから選び、熱いもの、冷たいものを避けるようにしたおかげで、無事歯の痛みに苦しむことなく、旅を終えることができました。マレンマは、上から2枚目の写真の右端の地図に緑で示された地域のことで、島ではないんですよ。南仏で農家に泊まられて、果物やお手製のジャムを楽しまれたんですね!

ありがとうございます。中3日間、曇り空に風、荒い波で泳げるような状況でなかったこともあって、土曜日青い空の下で海を眺め、日に当たるのもいいなあと、日光浴が苦手なわたしさえそう思いました。トレッキングも、眺めがすばらしかったです。
by milletti_naoko | 2021-09-13 23:28 | Toscana | Trackback | Comments(6)