イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

紅葉を宝探すように歩くラヴェルナの森

紅葉を宝探すように歩くラヴェルナの森_f0234936_00010073.jpg
 昨日久しぶりに歩いたラヴェルナの聖なる森やその周囲には、まだ緑の木々が多いのですが、ところどころに紅葉のきれいな木々があって、そういう木々や葉を見つけるのを、楽しみながら歩きました。

紅葉を宝探すように歩くラヴェルナの森_f0234936_22182652.jpg
Chiusi della Verna (AR), Toscana 16/10/2021 13:24

 車で登山の出発地点へと向かう途中、カゼンティーノ国立公園の観光案内所の前に立つカエデ(acero)の虹色の紅葉がきれいだったので、車内から撮影しました。

紅葉を宝探すように歩くラヴェルナの森_f0234936_22243195.jpg
Santuario della Verna, Chiusi della Verna (AR), Toscana. 13:25

 出発地点のラベッチャ(La Beccia)がさらに近づいてくると、一瞬なのですが、こんなふうに険しい岩山の上に建つラヴェルナ修道院(Santuario della Verna)がきれいに見える場所があります。

紅葉を宝探すように歩くラヴェルナの森_f0234936_22294851.jpg
https://www.ilbelcasentino.it/itinerario-anello-basso-verna-seq.php?idimg=8548

 今回も、岩山の裾を、時計回りに歩いて修道院を目指すラヴェルナ崖下周遊コース(Anello Basso della Verna)を歩きました。上の地図には赤で記された道を、コースの右手に伸びるCAI50・GEAの方には向かわずに、そのまま円を描くように歩きました。わたしが昨日歩いたコースは、緑の矢印で示しています。

 ラベッチャの駐車場を、午後1時37分に出発しました。

紅葉を宝探すように歩くラヴェルナの森_f0234936_22370808.jpg
13:46

 修道院への参詣路の登り道の途中で、いつものように、本来の崖下周遊コースよりは一足先に、石の門を通って、修道院を頂く断崖の下へと向かっていきます。黄葉が少しずつ始まっています。

 実はこのとき、右手から大勢の登山客が集団でやってきました。わたしが通り過ぎたあとに、集まって座る準備をしていたので、おそらく昼食を食べようとしていたのではないかと思います。


 昨年10月23日に訪ねたときの記事と写真を見ると、本格的な紅葉は、まだまだ先であることが分かります。

Ghiacciaia 14:06

 北風が激しく、標高も高いので、朝は寒かろうと、早朝に仕事をして、朝11時に早めの朝食を食べてから、ペルージャの家を出発しました。歩くために車から降りたときの気温は12度だったのですが、空は青く太陽が輝き、森に入るまでは暑いほどでした。森に入ってからも、岩山や木々が風を防いでくれたので、寒さを感じずに歩くことができました。

 ブナの木々や岩を覆う苔の緑がきれいです。ブナの黄葉は、まだこれからです。

紅葉を宝探すように歩くラヴェルナの森_f0234936_23041418.jpg
14:16

 森を出て、やや急な斜面を登り、見晴らしのいい場所(Punto panoramico)に着きました。しばらく前に降った大雨にぬかるんだであろう地面が、幸いほぼ乾いていたので、歩きやすかったです。

紅葉を宝探すように歩くラヴェルナの森_f0234936_23100492.jpg
14:17

 このあたりにも、緑の木々の間に、紅葉がきれいなカエデの木がいくつかあります。

 さらにしばらく山を登り、これまで歩いていたCAI(イタリア山岳会)の53番トレッキングコースを後にして、再び森に入っていく56番トレッキングコースを進んでいきます。岩山の北東の崖下の森を歩いていくと、木々が風を遮ってくれるものの、北西を歩いていたときに比べて、風が強くなりました。

紅葉を宝探すように歩くラヴェルナの森_f0234936_23114555.jpg
14:54

 東西に長く伸びる岩山のその東の端付近で、いったんしばらく森から出るのですが、その森を出て、記録用にとカッラの十字架(Croce alla Calla)の写真を撮ろうと考えていたら、その付近でまた大勢で歩く登山者と出会いました。

紅葉を宝探すように歩くラヴェルナの森_f0234936_23241491.jpg
14:55

 岩山の東の端で森から出て右に曲がり、今度は岩山の左手を歩いていきます。このあたりでも、きれいな紅葉を見かけました。

 このあとまもなく、道の上が木々の枝に覆われて、そのトンネルの下を坂道を下って歩いていくのですが、昨日の記事でご紹介した紅葉したカエデは、この下り道にあります。


 2013年10月13日に、同じカエデがやはり燃えるように赤い葉できれいだったので、そのときには、草を分け入って、近くから見て、夫に写真も撮ってもらいました。それを覚えていたので、このカエデは紅葉しただろうかと楽しみに歩いていたら、やはり今年も紅葉がきれいです。ただ、手前の木々がかなり大きく育ってしまって、枝に遮られていたので、木の近くまで行くのはあきらめました。

紅葉を宝探すように歩くラヴェルナの森_f0234936_23394378.jpg
15.25

 修道院に着いて、広い境内を歩いていると、ツタも紅葉が始まったところで、まだ緑の葉が残っています。

紅葉を宝探すように歩くラヴェルナの森_f0234936_23475237.jpg
15.29

 土曜日で人が多かったこともあり、修道院や遠くの風景を眺めたあと、上の写真の右手の道を下って、駐車場へと向かいました。

紅葉を宝探すように歩くラヴェルナの森_f0234936_23533416.jpg
15:38

 その下り道でも、ことさらに黄葉が美しかったのは、やはりカエデの木でした。かつて、石畳が金色の葉に覆われるその道の上を歩いたことを思い出しながら、駐車場へと坂道を下っていきました。

紅葉を宝探すように歩くラヴェルナの森_f0234936_00010073.jpg
15:41

 駐車場に着いたのが午後3時56分ですから、時々足を止めてゆっくり歩きながら回って、一周するのに、2時間20分かかったことになります。夫より一足先に到着したので、昨日はそのわずかな間にスマートフォンから記事を投稿し、ペルージャに戻ってから、その記事の写真を、カメラの写真と差し替えたのでありました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32465211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuta at 2021-10-18 06:53 x
紅葉が始まってますね。
カエデの黄葉もキラキラ輝いてきれいです。 ^~^
山間部は早いですね。
こちらは例年本格的な紅葉は12月に入ってからです。
師走に紅葉では季節感が感じられません。 - -;

Commented by tokotakikuh at 2021-10-18 15:57
何色が・・お好きですか?
イタリアでも、紅葉が、ばっちりお似合いですよね

そうですか・標高が高いので
すっかり、紅葉しているのですね

日本列島
漸く、秋への入り口を通過しました
それにしても10度下がりましたよ。一気に
衣替え、慌ててます・・(* ´艸`)クスクス
Commented by ciao66 at 2021-10-18 19:32
綺麗な色をしている木々も登場して、
紅葉の宝探し散歩が始まりましたね!
14:17の写真の赤いのも目を引きますが、
まだこれからという感じで、
最初と最後のカエデが午後の日差しを受けて、
鮮やかでやはりいいねと思ったのです。
これから楽しみな季節になりましたね♪


Commented by milletti_naoko at 2021-10-25 04:35
yutaさん、日の光に輝いて、カエデの葉がとてもきれいでした♪ 何とそちらでは12月になってからなんですね! 師走に紅葉とはと驚きました。
Commented by milletti_naoko at 2021-10-25 04:38
zakkkanさん、赤もオレンジも、そして黄色も、それぞれにきれいですよね。低地では前回はオルヴィエートの菩提樹がまだ緑色だったのですが、今頃はそろそろ始まっているのではないかと思います。

10度いきなり下がったのが、京都では最近なんですね! ペルージャでも少し前になりますが、猛暑から急に寒いほどになって、驚きました。
Commented by milletti_naoko at 2021-10-25 04:44
ciao66さん、ブナの葉はまだ青く、モミなどの常緑樹も多いのですが、カエデの紅葉が始まっていて、きれいだなあと感嘆しました。
by milletti_naoko | 2021-10-17 23:40 | Toscana | Trackback | Comments(6)