イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

イタリアも秋は美しい紅葉と山の幸、World Voice 連載 手書き執筆 うっかり冬時間とブドウの黄葉

イタリアも秋は美しい紅葉と山の幸、World Voice 連載 手書き執筆 うっかり冬時間とブドウの黄葉_f0234936_23460143.jpg
 昨晩は、例によって、日本時間で翌日の日付になってしまう前に、すべり込みでブログ記事を投稿したつもりが、記事の送信後、「11月1日0時59分」という投稿日時に驚き、そこで初めて、昨日、10月31日日曜の朝に起きたときから、もう日本との時差が、7時間から8時間となっていたのだということに気づきました。



 さらに、昨夕義弟と話していて、冬時間に戻ると、日が暮れるのは早くなるけれども、日が昇るのも早くなることに気づきました。

イタリアも秋は美しい紅葉と山の幸、World Voice 連載 手書き執筆 うっかり冬時間とブドウの黄葉_f0234936_23163219.jpg
Perugia, Umbria 25/10/2021 7:10

 実は先週は、月曜と火曜は、朝かなり早く起きて、授業の準備も前夜に終えていたので、学校の近くまで行くバスが通るバス停のすぐ近くの無料駐車場に車を置いて、月曜は朝7時頃から、火曜は6時45分過ぎから、3km余りの道を歩いて学校まで行きました。そうして、帰りは疲れていて、空腹でもあろうから、バスで駐車場まで戻ろうと考えていたのですが、結局は2日とも、帰りも駐車場まで歩いて戻りました。

イタリアも秋は美しい紅葉と山の幸、World Voice 連載 手書き執筆 うっかり冬時間とブドウの黄葉_f0234936_23253309.jpg
26/10/2021 7:07

 ロックダウン中に増えた体重と、仕事が忙しいこともあっての運動不足のよい解消になると思って歩いたのですが、2日とも歩き始めたときはまだ真っ暗で、ですからしばらくの間は写真を撮っていません。また、1日目は最初の間、しばらく車道を歩かなければならず、暗いので危ないだろうと、2日目に公園を通る遊歩道を歩いたのですが、その道もまた照明はあっても暗いので、別の意味で危険なように思いました。

 それで、水曜からは、先日の記事でご紹介したもっと学校に近い駐車場まで車で行って、もう少し日が高くなってから歩いていたのですが、昨日から冬時間となったため、日の出が明日は6時43分で、それならば朝6時前でも、これまでの午前7時半過ぎと同じように明るいだろうから、今後雨の日が多くなりそうな中、1日だけ雨が降らないという予報が出ている明日の朝は、早起きできれば、また長い距離、と言っても3kmほどの道のりを歩いてもいいかなと思いました。ただし、車道や暗い公園を避けるために、公園の向こうにある駐車場に車を置いて、そこから歩こうと考えています。

イタリアも秋は美しい紅葉と山の幸、World Voice 連載 手書き執筆 うっかり冬時間とブドウの黄葉_f0234936_23325087.jpg
31/10/2021 17:20

 昨夕は、曇っていたとは言え、午後5時過ぎにはもう空が暗いことに驚きました。けれども、そのたそがれの空の下、庭のブドウの木の黄葉が、とてもきれいでした。

 山の家でのピザの夕食会にはぼくらも出かけるから、午後6時半にはすぐ外出できるように用意をしていてと、義弟から聞いていたわたしは、昨夕書き上げなければいけない2本目の寄稿記事の原稿を、頭の中で構想だけ練ったものの、まだ書き始めないうちに、身じたくをして、6時半前から、階下の義父母宅で出発を待ちました。

 そうしたら、出かけていた義弟夫婦がしばらく戻って来ないので、時間を有効に活用しようと、四つ折りの紙にボールペンで、寄稿記事の下書きを始めました。

イタリアも秋は美しい紅葉と山の幸、World Voice 連載 手書き執筆 うっかり冬時間とブドウの黄葉_f0234936_23371553.jpg

 かつては下書きや清書、授業用のプリントや学校の図書館だより、HR通信もすべて手書きでしたし、寄稿記事の内容については、ずいぶん前から頭の中でこういうことを書こう、こんなふうに書こうと、実際に執筆する時間こそなかったものの、あれこれ考えていました。

 それで、比較的すらすらと、800字余りの原稿を、義弟夫婦が戻ってくるまでに書いておくことができ、おかげで、山の家での夕食と長いおしゃべりから戻ってから、睡魔と戦いつつも原稿を仕上げて、送信することができました。パソコンに向かうと、ついあれこれ、参照しようと何かしら情報を調べ始めて、それに時間を取られてしまい、結果として書き上げるまでに時間がかなりかかるのに対し、紙とボールペンだけを使って書き、さらに限られた時間しかないとなると、あらかじめ内容は長い間考えて練っていたとは言え、手早く書き上げることができるのだなと、そんなことに自分で驚きました。

 こうして昨晩、イタリア時間ではまだ10月31日であるうちに書き上げた、ニューズウィーク日本版姉妹サイト、World Voiceの寄稿記事、「イタリアも秋は美しい紅葉と山の幸」です。よろしかったら、ぜひお読みください。

イタリアも秋は美しい紅葉と山の幸、World Voice 連載 手書き執筆 うっかり冬時間とブドウの黄葉_f0234936_23460143.jpg
https://www.newsweekjapan.jp/worldvoice/ishii/2021/10/-colori-dautunno-santuariodellaverna-tuscany-italy-autumncolors-coloridautunno.php

 イタリア時間で11月になってしまう前にと慌てて投稿したため、最初にうっかり題名なしで送信してしまったからか、記事のあるページのリンクが、どういうわけか記事中に埋め込んでいるツイート中の言葉が入って、妙に長くなってしまっています。

 昨晩夕食にだけ顔を出して出会った友人たちとの写真は、また別の機会に改めて投稿しようと考えています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32480053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3841arischan at 2021-11-02 11:46
なおこさん、そちらは、朝が暗いというのは、12月に新婚旅行がパリだったので、その時を思い出します!
そう言えば、北海道も、冬場、朝は暗かった!
そんな暗い時間に、出勤して、暗い中を3KMも歩くのは、なかなか大変だと思います!駐車場からは、そんなに遠いんですね!これが明るいと、運動になって良いですね~と言えるのですけど・・・(>_<)十分、お気をつけ下さい!
過去ですが、ニュ―ヨ―クへ10月に旅行中に、添乗員さんに早朝は暗いから明るくなるまでは外出しないように!と言われたことも思い出しました!
皆様の食事会のお写真、」また楽しみにお待ちしています♫

そうそう、原稿、手書きだと早いというのわかります~
PCを使うとPCで余計な時間を使ってしまうというのは、私も同じです(^^ゞ
Commented by ciao66 at 2021-11-02 14:02
サマータイムの制度はいろいろ議論が有るようですが、私はいいことだなと思っていました。
夏の日照時間を有効に使えるので旅行者者にはいいし、冬時間になるときに一回1時間得した気分になりますね。
今度廃止されるそうですが、今回のが最後のサマータイムだったんでしょうか?
Commented by tokotakikuh at 2021-11-02 15:42
イタリアも・すっかり秋物語が始まっていますね

手書き・・しなくなりました・・
殴り書き・・(* ´艸`)クスクス、私の場合は
最近、メモにするのですが
何を主にしたか?忘れます

ダメですね・・(笑)

はい・・静かにふける宵
お疲れのないように、お過ごしくださいね
Commented by meife-no-shiawase at 2021-11-03 23:38
パソコンがない時代・・・
そうやって原稿なども書いて、そこにメモを書き込んだり
赤ペンを使って修正を入れたり・・・
そんな風に作業をしていたのに
すっかり手書きをしなくなりました。

会議などのときはメモを取りますが、
自分の字があまりに汚くて何が書いてあるのか読めなかったり・・・
なおこさんを見習ってきれいな字を書いていこうと思いました~。

夜はあまり人通りがないようですね。
遊歩道。静かな中を歩くの・・・気持ちが良さそうです。
Commented by milletti_naoko at 2021-11-05 01:58
アリスさんはなんと12月のパリに新婚旅行に行かれたんですね! わたしは6月にスコットランドに行って、夜いつまでも空が明るいことに驚きました。日本も北海道になると、やはり日が沈む時刻の違いがそんなふうに感じられるんですね。

ありがとうございます。運動になっていいのですが、人通りが少なかったり、変な物乞いの人に会ったり、車通りの多い車道を歩かなければならないことに気づいて、この同じ道を歩くのは以後はやめようと考えていますが、距離的にはちょうどいいので残念です。

パソコンって便利なようで、ついあれこれ調べようと、書くことに集中できなくなってしまうのだということ、今回つくづく感じました。
Commented by milletti_naoko at 2021-11-05 02:01
ciao66さん、わたしも賛成なので、意外と反対の人がイタリアにも、と言うより、イタリア在住の日本の方の中にもいることに驚きました。

イタリアとしては、今後もサマータイムを継続させたいとEUに春に言っているのですが、まだそれが可能かどうかという欧州評議会からの返事が来ていないという状況であるそうです。詳しくは次の記事をご覧ください。
https://www.newsweekjapan.jp/worldvoice/ishii/2021/09/10.php
Commented by milletti_naoko at 2021-11-05 02:02
zakkkanさん、ありがとうございます。
わたしも、手書きの機会が、いろんな場で少なくなっていることをつくづく感じています。
Commented by milletti_naoko at 2021-11-05 02:07
メイフェさん、手を使って書くことが、すっかり少なくなりましたよね。

いえいえ、わたしも後から自分が書いた字を見て、ああもっとていねいに書かなければと反省することが少なくありません。
by milletti_naoko | 2021-11-01 23:48 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(8)