イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

困ったイタリア優しいイタリア

困ったイタリア優しいイタリア_f0234936_14465495.jpg
 ペルージャでは、町のそこかしこを彩る並木の菩提樹の落葉が進み、

困ったイタリア優しいイタリア_f0234936_14474114.jpg

他の木々の紅葉も進んでいます。

困ったイタリア優しいイタリア_f0234936_14465495.jpg

 昨朝は、今は積もる落ち葉に隠れがちで、

困ったイタリア優しいイタリア_f0234936_14490997.jpg

気をつけていないと足を取られて危険な歩道や道路の穴やでこぼこを撮影していたら、うっかり足元を滑らせて転んでしまい、

困ったイタリア優しいイタリア_f0234936_14504007.jpg

黄葉や撮影を楽しみながら歩くのはいいけれども、足元にはくれぐれも注意しなければいけないと、つくづく思いました。


 実は日曜日、アッシジ郊外の教会でのミサの帰りに駐車場へと、教会近くのホテルの前を通って戻ろうとしていたら、わたしからそう離れていないところで、道路の穴につまずいて転んでしまった高齢の女性がいたのです。

 幸い、傷は表面にとどまったようでしたが、とっさのことで手をつけなかったため、顔面をそのまま地面にぶつけてしまい、血も流れてしまっていました。わたしはもちろん、わたしよりも女性のすぐ近くを歩いていた若者たちが、すぐに女性を介抱しよう、何かできることをしようとし、少し離れたところを歩いていた夫も駆けつけました。

 そうして、地面に腰を下ろしていた女性の背中を支えたり、近くのホテルに椅子や診てくれる人を探しに行ったり、皆がその場に残ってできるだけのことをしようとし、約20分後だったでしょうか、呼んだ救急車が到着し、救急隊員の言葉で、女性の無事を確認してから、その場を離れました。しばらくすると、電話で連絡をしていた、女性の息子さんもやって来ました。

 雨上がりでアスファルトが滑りやすかっただけではなく、やはり道路の穴が、女性が転んでしまった原因でしょうから、こうした穴が、アッシジにせよペルージャにせよ、あちこちに放置されていることは危険で、本当に困ったことだと思います。実際、かなり前の話ですが、自転車かバイクで走行中に、こうした穴で転倒してしまい、ウンブリアの他の町で亡くなった人の記事も読んだことがあります。

 けれども一方では、誰か困った人がいると、何かあれば皆で駆けつけて最後まで助けよう、自分たちでできることをしようとする人々が多い、そういう温かい優しい人が多い国なのだなあと、日曜日は改めて思いました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32488569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ririrouzu at 2021-11-10 15:40
大変でしたね〜
きれいな風景が、
思いがけない事故にあわれたのですね
写真を撮るときは足元ご用心!❢
Commented by toshis_photoblog at 2021-11-10 15:42
なおこさん
今日のエピソードは感動的でした。困ったイタリア、優しいイタリア…、
いいお話てす。翻って、日本ではどうでしょうか…。道路の穴ぼこは、
石畳みが少ないだけましかもしれませんが、優しさは、とても及ばない
感じがします。
toshi
Commented by ciao66 at 2021-11-10 19:52
穴やでこぼこを撮影していて、足元を滑らせてというのは危なかったですね。撮影していてバックオーライで池に落ちる、というのも聞いた話で、歩き撮影は有りがちなことですが、私もいったんストップして撮るように気を付けたいと思いました。

道路の穴は困ったことですが、財政難や人手不足で、どの国でも有りそうだし、もっと増えそうで困ったことですすね。

困ったイタリア優しいイタリア、ならまだ救いは有りそう。
困った日本、優しくない日本、にならなければいいのですが・・・
Commented by milletti_naoko at 2021-11-11 05:04
ririrouzuさん、ありがとうございます。今回の件があって、改めて地面に注意しながら歩くと、本当にでこぼこや穴が多いので驚きました。気をつけます。
Commented by milletti_naoko at 2021-11-11 05:07
toshiさん、こちらこそ温かくうれしいコメントをありがとうございます。困った人、困っているように見える人がいると、皆がさっと手を貸してくれる、そういうことが多いように思います。
Commented by milletti_naoko at 2021-11-11 05:10
ciao66さん、通勤中は車も通るので気をつけているのですが、山ではつい撮影に夢中になってということがあるので、気をつけなければと思いました。

どうか日本も、困った人に優しい国であってくれますように。
Commented by meife-no-shiawase at 2021-11-13 14:56
今は悲しいことに、やっかいになりそうなことには
関わらないようにしようと、人を助けることまでもを
避けてしまうようなところがありますもんね。

今回のなおこさんのエピソードには心が温かくなりました。
自分が困ったときに誰かが手を差し伸べてもらえるよう
自分ができることはやろうと思いました。
Commented by milletti_naoko at 2021-11-14 23:12
メイフェさん、確かに今は人助けをすることさえ、難しいときですよね。イタリアでは以前から、困っている人を見たら、すぐに手を貸したり助けたりするのを見て、すばらしいなと感じていました。

お心からのコメントをありがとうございます♪
by milletti_naoko | 2021-11-10 15:00 | Umbria | Trackback | Comments(8)