イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

新ワイン・栗おいしいペルージャの秋の夜

 昨夜は夕食に、夫が買ってきた、甘くておいしい地元の新ワイン、novelloを飲み、ゆでてくれた栗を食べました。イタリアでは11月11日、聖マルティーノの日に、新ワインを飲み、焼き栗を食べる慣習があって、例年はもう少し早く味を楽しむのですが、

新ワイン・栗おいしいペルージャの秋の夜_f0234936_14533603.jpg

今年は二人とも何かと慌ただしくて、秋の味覚を楽しむのが遅くなりました。


 栗は、ミケランジェロの生地、カプレーセ・ミケランジェロの栗祭りで購入していた栗です。

 ワインも栗もおいしかったので、うれしかったです。

新ワイン・栗おいしいペルージャの秋の夜_f0234936_14573517.jpg

 最近では、冬至が近づいて、夕日が沈む位置がかなり南寄りになってきたおかげで、わたしたちの家の窓からも、夕日が沈むのが見えるようになってきました。これはおととい、撮影した写真です。

新ワイン・栗おいしいペルージャの秋の夜_f0234936_14594484.jpg
 おかげで、窓から見える夕空の雲がきれいに色づくのを、見られる日が増えてきました。

新ワイン・栗おいしいペルージャの秋の夜_f0234936_15002838.jpg

 最近では朝晩かなり冷え込むようになり、日も短くなってきましたが、冬至が近づいてくると、我が家では、こんなふうに、うちにいながらにして、きれいな夕焼けを見られるという楽しみがあります。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32497223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ririrouzu at 2021-11-20 10:06
ワインいいですね~
空が広いのは、気持ちまでがスッキリです
窓を開けての風景は、遠い故郷を
思い浮かべる至福の時かも知れませんね
Commented by tokotakikuh at 2021-11-20 15:21
居ながらにして・夕景を
いいですね
そして、マロンとワインですか
晩秋のひと時らしいです
Commented by meife-no-shiawase at 2021-11-20 17:40
ワインに栗なんて幸せな組み合わせです♪
ワインのラベルはなにが描かれているのでしょう。

陽が落ちてくるのが本当に早くなりましたね。
一日一日が更に早く過ぎていきます。
Commented by 3841arischan at 2021-11-21 15:21
なおこさん、そちらでも、新ワインを飲む習慣があるのですね~イタリアも、有数のワインの産地ですから当然ですが!
栗に新ワインとは、お洒落です(^-^)どちらかというと、デザ―ト的な召し上がり方ですね~(^_-)-☆
冬至が近くなると、夕陽が・・・良い季節ですね(*^_^*)
Commented by milletti_naoko at 2021-12-07 14:18
ririrouzuさん、季節の栗と新ワイン、おいしかったです。冬になると、窓から見える夕焼けがとびきりきれいな日が時々あり、夕暮れどきが楽しみです。
Commented by milletti_naoko at 2021-12-07 14:19
zakkkanさん、冬は窓から見える夕焼けがきれいな日が多くてうれしいです。栗もワインもおいしかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2021-12-07 14:24
メイフェさん、ワインに描かれているのは、ワイン樽からそのままガブガブとワインを飲む人の姿であるように思います。その前で火が燃え盛っているので、きっと暖炉の前か何かで暖を取ってもいるのでしょう。

本当に日が短くなりました。
Commented by milletti_naoko at 2021-12-07 14:25
アリスさん、聖マルティーノの日は新ワインと栗と、昔からの風習のようです。遅ればせながら、おいしく楽しむことができました♪
by milletti_naoko | 2021-11-19 15:02 | Gastronomia | Trackback | Comments(8)