イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

よい年を 大晦日は美しい夕景をトラジメー湖で

 2021年最後の日は、大好きなトラジメー湖を久しぶりに訪ねて、沈む夕日を夫といっしょに見送りました。

よい年を 大晦日は美しい夕景をトラジメー湖で_f0234936_06034396.jpg
Lago Trasimeno, Spiaggia Giramondo, San Feliciano (PG), Umbria. 31/12/2021

 雨や曇り、霧の日が続いたあとで、ようやく空が晴れ、トラジメーノ湖の水も澄みわたり、それはきれいでした。

 本当に久しぶりでうれしかったのに、なんとカメラの電池を、充電したままうちに忘れてしまったため、新しいスマートフォンで撮影せざるを得なかったのが残念です。

よい年を 大晦日は美しい夕景をトラジメー湖で_f0234936_06083765.jpg

 夫はまだ早すぎるのではないかと言っていたのですが、午後4時半前に湖畔に着いたときには、ちょうどもう湖が遠くの山や雲の向こうに隠れようとしていました。

よい年を 大晦日は美しい夕景をトラジメー湖で_f0234936_06104780.jpg

 岸辺の丘や空の雲も、そのままに湖に映っています。

よい年を 大晦日は美しい夕景をトラジメー湖で_f0234936_06123338.jpg

 スマホでは、あまりきれいに撮影できない上に、解像度も低いことに、今写真をパソコンにダウンロードして気づいたのですが、それでも、カメラのおかげで、美しい夕景をこうして残しておくことができました。

よい年を 大晦日は美しい夕景をトラジメー湖で_f0234936_06154929.jpg

 最近は雨の日も多かったと言うのに、いまだにひどく水位が低く、桟橋の半分は地面の上となってしまっていることに驚きました。

よい年を 大晦日は美しい夕景をトラジメー湖で_f0234936_06170630.jpg

 目の前に見えるポルヴェーセ島近くを、進んでいくカンムリカイツブリの姿が、遠くに見えました。いったい何を探していたのか、アオサギも、何度も湖を右へ飛んでいったり、今度は左へ戻っていったりしていました。

 ズームを使って試みたものの、あまりきれいに撮れなかったので、水鳥たちの写真は割愛します。けれども、今日カメラを忘れたおかげで、新しいスマートフォンでの撮影の仕方を学ぶことができました。

よい年を 大晦日は美しい夕景をトラジメー湖で_f0234936_06223390.jpg

 このあと、しばらくの間、北東の空と雲がピンク色になり、湖にも映って、

よい年を 大晦日は美しい夕景をトラジメー湖で_f0234936_06241455.jpg

空にも湖にも満開の桜が咲いたようで、とてもきれいでした。

よい年を 大晦日は美しい夕景をトラジメー湖で_f0234936_06261027.jpg

 そうして、それからしばらくして、北東の空がたそがれ始めた頃に、南西の空が、少しずつピンク色を帯びてきました。

よい年を 大晦日は美しい夕景をトラジメー湖で_f0234936_06272187.jpg

 移り変わる空と湖の色や風景を愛でながら、なおもしばらく湖畔に立っていたのですが、名残は惜しいものの、寒さが感じられるようになったので、

よい年を 大晦日は美しい夕景をトラジメー湖で_f0234936_06281050.jpg

湖を後にしました。美しい湖の夕景を、久しぶりに見ることができて、そうして、1年の最後に目にすることができて、うれしかったです。

 来年こそは、どうかもっと心穏やかに過ごしていける日々が戻ってきますように。皆さんにとって、うれしいことの多い年となりますように。

 今夜は我が家で、真夜中前から義父母たちも交えて、パネットーネを口にしておしゃべりしもしながら、年明けを待ち、カウントダウンと共に、スプマンテで乾杯して、いっしょに新年の訪れを祝う予定でいます。実は夫は、すでに義弟夫婦とおしゃべりしているのですが、わたしは、感染を避けるためにも、そして、ブログの記事と、寄稿記事を書き上げてから、新年を迎えるためにも、もっと新年が近づいてから、皆の輪に入るつもりでいます。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32536594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ciao66 at 2022-01-01 16:07
ドラマチックな夕日ですね♪
新しいスマホのカメラ、いい感じではないですか!
赤い色のバリエーションが効果的な印象です。

スマホも光ファイバーも開通して、懸案が解決すっきりで、
いい年明けになりそうですね♪
Commented by tokotakikuh at 2022-01-01 16:47
2022年あけました・日本から
( ´艸`)

おめでとうございます

素晴らしい絵手紙をみる毎日です
今年も宜しくお付き合いくださいね
Commented by meife-no-shiawase at 2022-01-01 20:15
なおこさん。
明けましておめでとうございます~♪
イタリアよりちょっと先に新年を迎えた台湾より
新年のご挨拶です♪

トラジメー湖。
本当に美しいですね。
季節で色々な景色をみせていただいています。
今年もぜひぜひまたイタリアの美しいお写真
楽しみにしております。
今年も宜しくお願いいたします♪
Commented by weierud2 at 2022-01-02 03:36

明けましておめでとうございます。
いつも いいね を有難うございます。

美しい夕日の風景ですね ♡
色が何とも言えません。 
時間とともに 色も変化して素敵。
霧が晴れて 空気も澄んでいるのでしょうねェ。
Commented by sabertiger54 at 2022-01-02 16:14
なおこ様
明けましておめでとうございます
以前書いたようにここでローマ軍とハンニバルとの激戦があったとは思えませんね。3万のローマ軍はわずか3時間で壊滅。ローマの城門では夫や息子の帰還を願っていた女性達が泣き崩れたといいます。
トラシメヌス湖はそんなことは知らないよといった風情で佇んでいるのが美しいだけでない自然の冷たさも感じます。例のトラシメヌス湖の会戦のミュージアム今もあるのでしょうか。(ラテン語表記になれてるので)
イタリアでのコロナの現状や自然の写真などいつも勉強になっております。
ありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2022-01-05 01:11
ciao66さん、ありがとうございます。
電話を受けるのに音量を変えようとしては消してしまったり、写真を撮りたいのにサイズやズームの変更の方法が分からなかったり、使いながら学んでいます。カメラにはとてもかないませんが、そうですね、解像度がひどく低いのこそ気になるものの、実際に撮れた写真は、モニターを見て思ったより、かなりきれいだったので、驚きました。

そうですよね。最近よいことも、あれこれとあって便利になっているのですもの。どうかよいお年をお迎えくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2022-01-05 01:17
zakkkanさん、明けましておめでとうございます。
わたしも、日々zakkkanさんがつづられる美しい京都の朝や花やかわいい猫ちゃんたちのお写真、日記を楽しみに拝読しています。こちらこそ、今年もよろしくお願い申し上げます。

zakkkanさんやメイフェさんの記事やコメントを拝見するたび、かつて皆さんともコメントの交流があった、富士の近くに住まれていたあのお方はお元気かなあ、お元気でいてくださいますようにと思う今日この頃です。
Commented by milletti_naoko at 2022-01-05 01:23
メイフェさん、あけましておめでとうございます。

ありがとうございます。本当に久しぶりにトラジメーノ湖を近くから、しかも夕焼けの美しいときに見られて、うれしかったです。

わたしも、おいしいものがたくさんで、優しい方の多い台湾からのメイフェさんのお便り、これからも楽しみにしていますね。ハーフマラソンに参加して、完走されたなんてすばらしいです! 写真もたくさん撮ってくれていたのを手にすることができて、よかったですね♪ メイフェさん美しい!

こちらこそ、新年もよろしくお願い申し上げます。
Commented by milletti_naoko at 2022-01-05 01:27
加代子さん、明けましておめでとうございます。
こちらこそ、いいねとコメントをありがとうございます。

久しぶりに見ることができた2021年最後の湖の夕景が、とびきりにきれいで、うれしかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2022-01-05 01:35
サーベルタイガーさん、明けましておめでとうございます。「夏草や兵どもが夢のあと」という芭蕉の俳句を、かつての激戦地などの今は美しい自然を見るたびに、トラジメーノ湖に限らず、感じることがわたしもよくあります。

会戦の記念資料館はきっと今も、これからもずっとあると思います。こちらこそ、うれしいコメントをありがとうございます。
by milletti_naoko | 2022-01-01 06:33 | Umbria | Trackback | Comments(10)