イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

オルヴィエートで見つけたきれいと久しぶりの大家族での昼食

オルヴィエートで見つけたきれいと久しぶりの大家族での昼食_f0234936_23401088.jpg
 土曜に訪ねたオルヴィエートで、前を通りかかった大きな教会の中に入ってみると、

オルヴィエートで見つけたきれいと久しぶりの大家族での昼食_f0234936_23390370.jpg

まだプレゼーペが飾られていたので、驚きました。

 キリストの生誕場面とお墓の写真を並べるのもいかがかなものかと思いますので、全体像は載せませんが、

オルヴィエートで見つけたきれいと久しぶりの大家族での昼食_f0234936_23401088.jpg

この教会は入口から入って右手にプレゼーペが飾られ、左手には大きなお墓があって、そのお墓に施されたモザイクの装飾が、何とも美しいので感嘆しました。

オルヴィエートで見つけたきれいと久しぶりの大家族での昼食_f0234936_23440613.jpg

 この教会に入って、このお墓を見たことは以前にもあるのですが、今回はまだ日が高く天気がよかったので、きっとモザイクがいっそうきれいに見えたのだと思います。

オルヴィエートで見つけたきれいと久しぶりの大家族での昼食_f0234936_23452107.jpg

 中心街の小路に咲く、色鮮やかなシクラメンの花もきれいでした。

 トーディに暮らす義弟の姉娘が、去年のクリスマス前に、新型コロナウイルスに感染してしまい、新年になってからの検査でもまだ陽性であったため、義弟一家とは、1月6日の主顕節になっても、まだいっしょに食事をすることができませんでした。昨日は、トーディの皆が無事に検疫期間・自己隔離期間を終えたので、ようやく大家族皆で、トーディの義弟家族もいっしょにクリスマスを祝うことができました。

 せっかくなので、昨日は、わたしもいっしょに皆と食事をしました。義弟夫婦や姪たちにもクリスマスプレゼントを贈ることができ、ようやく皆でいっしょに祝うことができて、本当によかったです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32551791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ciao66 at 2022-01-18 15:16
金色に輝くモザイクが美しいですね!
細かい柄はオリエント風で、イスラムのモスクで見られるような模様に似たように思いました。
意外なところに意外な模様、という感じでしょうか。
Commented by PochiPochi-2-s at 2022-01-18 15:59
このお墓のモザイク、ほんとうに美しいですね!
ラヴェンナのモザイク画を以前見たことがあり、
いつか機会があればラヴェンナに行ってみたいなぁと思っていました。

ようやく大家族でクリスマスを祝うことができ、よかったですね。(^^)
Commented by katananke05 at 2022-01-20 12:02 x
名も知られていない小さな教会でも こんなに美しいモザイクがほどこされた お墓があるのですね〜
イタリアは本当に 美しいところが満載で どこにいっても
満足できる風景が すばらしい〜

山がちょっと車を走らせたら
見られる、、行ける、、というのが 神戸に生まれた私には
懐かしい景色です〜
Commented by milletti_naoko at 2022-01-27 16:46
ciao66さん、ありがとうございます。
ペルージャの大噴水も手がけた著名な彫刻家の作品だということは、以前に訪ねたときも少しだけ案内を読んで知ったいたのですが、このときはちょうど日光の当たる位置や高さから、モザイクがとりわけ美しく見えて感嘆しました。ひょっとしたら、イスラム美術の影響もあるかもしれませんね。
Commented by milletti_naoko at 2022-01-27 16:53
PochiPochi-2-sさん、ありがとうございます!
ラヴェンナのモザイクも本当に美しいですよね。数年前に再訪したことがあるのですが、なんとカメラを忘れてしまって、撮影し損ねたのが残念です。いつかきっとイタリアにいらして訪ねることができる機会が訪れますように。
Commented by milletti_naoko at 2022-01-27 17:01
katananke05さん、美しい彫刻やフレスコ画やモザイク、建築を身近に楽しむことができて、ありがたいなと思います。

シビッリーニ山脈のカステッルッチョの高原など、美しい山に車で2時間で行けるのもありがたいです。なるほど、そうすると、神戸の皆さんにとっては、山が身近なものなのですね。
by milletti_naoko | 2022-01-17 23:53 | Umbria | Trackback | Comments(6)