イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

間に合えてコルバーラ湖から見送る夕日

間に合えてコルバーラ湖から見送る夕日_f0234936_23590180.jpg
 ペルージャからオルヴィエートに車で行くときは、たいていの場合、行きも帰りも、テベレ川が流れる渓谷を、そのダム湖であるコルバーラ湖の岸辺を走る道路を通って進んでいきます。

間に合えてコルバーラ湖から見送る夕日_f0234936_23545606.jpg

 先週の土曜日は、わたしたちがオルヴィエートを後にしようとしていた頃、すでに日が傾いて、上の写真の教会の窓を照らし、空には月が昇っていました。

間に合えてコルバーラ湖から見送る夕日_f0234936_23573794.jpg

 それで、ダム湖やテベレ川のすぐ近くの丘の上に建つ村、チヴィテッラ・デル・ラーゴに、ちょうど夕日を見送れる頃にたどり着けるのではないかと、オルヴィエートを発ったときから思っていました。コルバーラ湖の周囲には、もう随分前から工事中の箇所が何箇所があり、今も1箇所、信号による片側相互通行となっているところがあります。

 前の車がのんびり走っていたので、間に合うのだろうかと心配したのですが、工事用信号が赤だったので止まったとき、前方の丘の上に、夕日に赤く染まるチヴィテッラ・デル・ラーゴの村が見えました。

間に合えてコルバーラ湖から見送る夕日_f0234936_23590180.jpg

 そして、幸い、村の見晴らしのいい場所から、コルバーラ湖の向こうに沈む夕日を見送ることができました。

間に合えてコルバーラ湖から見送る夕日_f0234936_00161858.jpg
 村へと坂を登る途中に見え始めた夕日は、そのときすでに沈みかけていたのですが、車が上へ上へと登っていき、まだ夕日が差しているところへと向かっていったおかげで、丘のてっぺんにある村の展望台から、きれいな夕景を見られて、うれしかったです。

間に合えてコルバーラ湖から見送る夕日_f0234936_00194256.jpg

 チヴィテッラでは夕日が沈んでしまってからも、遠くに見えるアミアータ山の山頂はまだ茜色の夕日の光に包まれていました。高い山では、日が沈むのが遅いので、このときもまだ夕焼け色をしていたのでしょう。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32552611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by milletti_naoko | 2022-01-18 23:59 | Umbria | Trackback | Comments(0)