イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

霧深く霜降りる朝のペルージャの月

霧深く霜降りる朝のペルージャの月_f0234936_04464003.jpg
 ペルージャではこの数日、朝も晩も深い霧が立つ日が続いています。ただ、霧が立つ高さや場所は、日によって違っていて、

霧深く霜降りる朝のペルージャの月_f0234936_04342495.jpg

今朝はうちの周囲には深い霧が立ち込めていたのですが、学校へと中心街に向かう道を登っているうちに、少しずつ霧が晴れていきました。それでも、わたしが車を停める駐車場のそばの公園は、まだうっすらとした霧に包まれています。

霧深く霜降りる朝のペルージャの月_f0234936_04385041.jpg

 昨日から、早朝の気温が氷点下となったため、我が家の周囲でも、学校からそう遠くない公園でも、草や枯れ葉が霜に覆われています。

霧深く霜降りる朝のペルージャの月_f0234936_04400278.jpg

 駐車場から車を降りたとき、まだ夜明け前の薄暗い空に、月が見えました。

霧深く霜降りる朝のペルージャの月_f0234936_04415415.jpg

 駐車場から10分余り歩いて、学校に近づいた頃、下方を覆う一面の霧の海が、昇る朝日に明らむのが見えました。

 家や木々が並んでいるため、この道路からは朝日が見えず、学校の教室の窓やテラスも南西を向いているのですが、

霧深く霜降りる朝のペルージャの月_f0234936_04464003.jpg

朝8時頃にテラスに出ると、霧も向こうの丘も、そして地平線近くの空も、朝日に赤らみ、その上に、月が見えて、とてもきれいでした。

霧深く霜降りる朝のペルージャの月_f0234936_04493124.jpg

 このあとも霧は、引いたかと思えば、

霧深く霜降りる朝のペルージャの月_f0234936_04501400.jpg

また押し寄せてきたりしました。

 早朝の深い霧の中を歩くと、マスクをつけているために眼鏡が曇ってしまって危ない上に、寒さで手がかじかみ、車でも、今朝などは、霧であまりにも視界が悪いので、ゆっくりと走ったのですが、こんなふうに霧を上から、晴れた空の下で眺める分には、風情があって美しいなあと思いました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32553482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ririrouzu at 2022-01-20 08:08
寒いのは嫌ですが
この情景を肌で感じたら
そんな事言ってられないです
同じ満月🌕を見ていたのですよね☺️
Commented by meife-no-shiawase at 2022-01-20 10:39
美しいですね~!!
まんまるのお月さま。
今朝、こちらから見えたお月さまもそっくりでした。

まるで雲海みたいに見えますね。キレイ~♪

私もマスクをしていると視野が狭くなるように感じて
階段などちょっと怖いです。
Commented by milletti_naoko at 2022-01-27 17:34
ririrouzuさん、ひんやりと澄み渡った空気の中、色づく朝焼けの空と雲と、月がとってもきれいでした♪
Commented by milletti_naoko at 2022-01-27 17:50
メイフェさん、ほっそりした三日月もきれいですが、まるい月も美しいなあと思いながら、最近は、朝焼けの空や青空に浮かぶ月を眺めています。メイフェさんも、時差はあっても同じ月をご覧になったんですね! 同じ月を同じように感慨を持って、メイフェさんも眺められたのだと思うと、うれしいです♪ 霧や雲の海、朝焼けに染まって一番きれいな時間帯は、家の向こうで一部しか見えなかったのですが、学校のテラスからは上からあちこちの霧の海が見えるので、この頃は眺めを楽しめました。

階段で見えにくいのは危ないですよね。わたしも最近は、早朝は氷点下となる日が多く、マスクをすると眼鏡が曇ってしまうので、人とすれ違わないときは、法令では外でも装着が義務づけられているのですが、転んでけがをしても大変ですから、外さざるを得ないことがあります。
by milletti_naoko | 2022-01-20 04:54 | Umbria | Trackback | Comments(4)