イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

グライダー夏に飛んだ山に今は白い雪

グライダー夏に飛んだ山に今は白い雪_f0234936_23444017.jpg
 土曜日、雪のカステッルッチョの高原に向かったとき、いつものようにヴィッソから登って峠を越えると、シビッリーニ山脈の最高峰、ヴェットーレ山の雄姿が見えてきました。

グライダー夏に飛んだ山に今は白い雪_f0234936_23320793.jpg

 このあと、さらに高原へと山を下っていくと、

グライダー夏に飛んだ山に今は白い雪_f0234936_23351019.jpg

去年の夏、わたしたちが何度か歩き、また近くから山頂を見上げた岩がちの山、パラッツォ・ボルゲーゼ(Palazzo Bolghese)の、白い雪に覆われた姿も見ることができました。上の写真で、中央のやや左手に見えるごつごつした山がパラッツォ・ボルゲーゼです。



 去年の8月6日に、このパラッツォ・ボルゲーゼの山頂近くまで登り、周囲を歩いて見晴らしを楽しんでいたら、エーデルワイスがたくさん咲いていたのですが、この日は、

グライダー夏に飛んだ山に今は白い雪_f0234936_23444017.jpg

山を下り始めたわたしたちの上空を、何度も、そして何台も、グライダーが大きな音を立てて飛んでいったので、そのことにも驚きました。

グライダー夏に飛んだ山に今は白い雪_f0234936_23462449.jpg

 最初に撮影できたのは、グライダーが、ちょうどパラッツォ・ボルゲーゼの山頂付近を飛んでいく姿です。すぐ上の写真の左手にある峠を越えて下り始めると、上から3枚目の写真に写っているように、下方に広がるカステッルッチョの高原も見えてきて、見晴らしがすばらしいのですが、

グライダー夏に飛んだ山に今は白い雪_f0234936_23472846.jpg

このあたりは空に晴れ間も多いので、青空を飛ぶグライダーが、頭の上を通り過ぎていくのが、よく見えました。

グライダー夏に飛んだ山に今は白い雪_f0234936_23501577.jpg

 このあと、山の斜面を高原へと下り始めてからも、

グライダー夏に飛んだ山に今は白い雪_f0234936_23504507.jpg

音に気づいて顔を上げると、山の上の空を

グライダー夏に飛んだ山に今は白い雪_f0234936_23511781.jpg

次から次へと飛んでいくグライダーが見えました。

グライダー夏に飛んだ山に今は白い雪_f0234936_23514332.jpg

 そのたびに、わたしたちも足を止めて、グライダーが飛んでいく方向を見守りました。

グライダー夏に飛んだ山に今は白い雪_f0234936_23522998.jpg

 カメラを構えて撮影ができる頃には、もう遠くに飛び去ってしまっているのですが、

グライダー夏に飛んだ山に今は白い雪_f0234936_23530795.jpg

あまりにも近くを、何度も通っていくので驚きました。

グライダー夏に飛んだ山に今は白い雪_f0234936_23561161.jpg

 グライダーと言えば、それまでは、グラン・サッソの高山のホテルに幽閉されていたムッソリーニの脱出に使われたことは知っていて、エンジンがないので音を立てないために、脱出劇が成功したのだと、歴史の授業で習ったのですが、ではいったい、どうやって飛ぶのだろうと、次々に飛んでいくグライダーを見上げながら、そう思いました。

グライダー夏に飛んだ山に今は白い雪_f0234936_23541633.jpg

 だからこそ、ひょんなことから、このグライダーの飛び方が分かり、また、その操縦に夢をかける少女を主人公にした漫画や映画の存在を知って、とても興味深かったです。



 そして、イタリアでの公開がいつかになるかは分かりませんが、ぜひ見てみたいと思いました。原作の漫画、『ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部』も、今度日本から何か注文する機会があれば、取り寄せてみたいと思っています。高所恐怖症ですし、自分で乗ろうとは思わないのですが、空の世界や空から見える風景も美しく、グライダーの世界に興味が湧いてきました。

 イタリアで山を歩いていて、グライダーを見かけたことはこれまでにも何度かあったのですが、今度からは見かけるときに、さらなる感慨を持って、見上げることができそうです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32557575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nonkonogoro at 2022-01-25 08:15
私は今では
飛行機に乗るのもコワイですが
若い頃は 飛行機の操縦をしてみたいなあと
思ったこともあります。


街の上を 自分が低空飛行している夢も
以前は 何度か見ましたが
目覚めてしばらくは とても楽しかったです。
Commented by sunandshadows2020 at 2022-01-25 08:26
一番上の画像で過去を振り返っています。
6月の初めでしたが、北イタリアは山頂は雪が残っていて、イタリア人の男性達に君達カリフォルニア人はいつもビキニを着ているんだろうと、きっとマリブあたりが映るテレビ番組を見て言っているのだろうと思ったのでした。山頂の雪に震えながら彼らの焚いている火に温まって暖を取らせていただいたのが忘れられません。
素晴らしい景色、その上雪がなければエーデルワイスも見られて最高ですね!その景色にはいつも歓声をあげてしまいます。
Commented by zao480 at 2022-01-25 10:03
白い雪に覆われたイタリアの山々もまた美しく青空に映えて最高ですね(^^♪。高原を一望できるのも素敵です。
グライダーが飛ぶのに広々として最適なのでしょう。私の父(生きていれば95ですが)が若いころに日本で流行っていたようで何回も飛んだとのことでよく写真を見せられました。懐かしいです。
Commented by milletti_naoko at 2022-01-27 18:29
のんさん、なんと飛行機の操縦をしたいと思われたこともあったんですね!

飛行機からの眺め、さぞかしすばらしいだろうなと思います。夢で見られたとは!
Commented by milletti_naoko at 2022-01-27 18:36
お転婆シニアさん、冗談なのでしょうが、なんとそんなことを言う人がいるとは! でもいっしょに暖を取るよう勧めてくれたのですね。それはよかったです。そう言えば、トラジメーノ湖に来る観光客の中でも、オランダやベルギーから来る人は、おそらくイタリアの方が自国に比べると暖かいからか、わたしたちがまだ厚着でいる春先などに、袖なしのシャツやTシャツで外を歩いていたりするのを見かけることがあって、そのたびに驚いています。

ありがとうございます。夏の山からのすばらしい眺めをわたしも思い出しながら写真を見返しました。共感してくださったと知ってうれしいです♪
Commented by milletti_naoko at 2022-01-27 18:41
zao480さん、一面が白い雪の山や高原も美しく、最近は暖かい日が続いたあと、気温は下がったもののペルージャではほとんど雨が降らなかったので、思いがけず雪景色が見られて、うれしかったです。

グライダーがかつてそんなにはやったことがあって、お父さまも飛ばれた経験がおありとは! さぞかしすばらしい風景を空から楽しまれたことでしょうね。
by milletti_naoko | 2022-01-24 23:55 | Marche | Trackback | Comments(6)