イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

優しさとおいしさの力 映画『しあわせのパン』

優しさとおいしさの力 映画『しあわせのパン』_f0234936_03544926.jpg
 ほっそりとした月が少しずつ満ちてゆくのを、たそがれの空や夜空に見るのが好きです。緑の中の豊かにたたえられた水は美しいなあと思います。幼い頃から本や図書館が好きなのですが、中でも童話や昔話、おとぎ話は中学生になっても好きで、図書委員だったため、当番で図書館にいたときに、世界のいろいろな国の昔話・童話集を読んだりしていました。小倉百人一首の世界に魅かれて、古典の世界に興味を持ったり、頼朝が許せないと友人たちと義経くんファンクラブを作ったり、わたしはシャーロック・ホームズが好きであるのに友人はアルセーヌ・ルパンファンだったりしたため、その時々に気になる本をあれこれ読んだその合間に、またさっと読めて別世界に行けることもあって、おとぎの世界に魅かれたのでしょう。



 ですから、図書館や月や絵本の物語で始まる映画、『しあわせのパン』(Bread of Happiness)には、最初から魅きつけられました。見るうちに、美しい風景や優しい人々の世界にも、人生のさざ波や荒波につらい思いを抱える人々が登場し、穏やかな笑顔をたたえるりえさんも、実は何か心に悲しみを抱えていることが分かってきます。





 四季の移り変わりと共に、りえさんと尚さんの夫婦が営むマーニカフェを取り巻く周囲の自然の風景や、カフェの食卓に上るパンや料理が変わっていき、新たな客が訪れて、その客たちが抱える問題が、時に推理ドラマのように明らかになっていき、けれど最後は、心温かで洞察力のある夫妻の優しさとおいしいコーヒーやパン、料理で、客たちの心が穏やかに、元気になり、問題解決への糸口や光が見えてきます。

 四季を描くのに、春ではなく夏から始めて、命が再び目覚め、希望に満ちる春で終わるというのもいいなあと思います。


 人を思う心や誰かのために手を差し伸べること、出会いや二人でいること、仲間がいてくれること、誰かのために今自分にできることがあること。そういうことの大切さと共に、おいしいもの、愛情や優しさを込めて作ったおいしいものの大きな力を、映画を見ながら、つくづく思いました。

優しさとおいしさの力 映画『しあわせのパン』_f0234936_03544926.jpg
Pane cotto al forno a legna da mio marito 20/10/2018

 そうして、「仲間」を意味するイタリア語のcompagnoが、「パンを共に食べる人」を意味するラテン語のcum panisから派生したことについては、以前にイタリア語学習メルマガやこのブログでも言及しましたが、「パンを分かち合い、食を共にすることで仲間になるのだけれど、家族はまずは仲間でありたい」という尚さんの言葉が、映画の中のいくつもの場面、共に食事をしながら心を開いていき、人生に向き合う強さを持てるようになる、そういった数々の場面の後で、心に深く響きました。

優しさとおいしさの力 映画『しあわせのパン』_f0234936_05133813.jpg
Luna crescente & Lago Trasimeno al tramonto, San Feliciano, Magione (PG), Umbria 3/2/2022

 少しずつ満ちていく月が映画を通して描かれているので、今夜満月を迎える月が(この記事は予約投稿で、今はイタリア時間2月17日の午後9時16分です)、夕焼けのトラジメーノ湖の上にほっそりとした姿を現した2月3日の写真と、

優しさとおいしさの力 映画『しあわせのパン』_f0234936_05181954.jpg
Luna sopra il Santuario della Madonna dell'Ambro, Montefortino (FM), Marche 11/2/2022

先週土曜日に、マルケ州の清流のほとりに建つ教会の上に見えた月の写真を添えておきます。

優しさとおいしさの力 映画『しあわせのパン』_f0234936_05213984.jpg

 さあ、次はどの映画を見ようかと楽しみで、オンライン日本映画祭がありがたい今日この頃です。

*追記(2月18日):手作りのパンが大切な役割を果たす物語ですから、かつて夫が窯で焼いたパンの写真を新たに添えることにしました。

LINK

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32578323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by meife-no-shiawase at 2022-02-18 22:27
邦画もいい映画がたくさんありますね。
心が温かくなって優しい気持ちになれるのがいいです。
私、大泉洋さん、すごく好きなんです。

なおこさん、図書委員だったんですね♪
本がすごく好きな少女のイメージです。
Commented by milletti_naoko at 2022-02-19 20:08
メイフェさん、去年と今年はオンラインで見られるおかげで、いろいろな日本映画を楽しむことができて、ありがたいです。

おっしゃるように、いいなあと思う映画がたくさんあって、見るだけで優しい気持ちになれて、元気がもらえて、どこか成長できたようにも思います。

たいていの場合図書委員で、おかげでいろいろな本に触れることができました♪
by milletti_naoko | 2022-02-18 17:29 | Film, Libri & Musica | Trackback | Comments(2)