イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

4月1日からの大幅な規制緩和の決定と感染増加、さらなる拡大の懸念、World Voice 連載

「4月1日からの大幅な規制緩和の決定と感染増加、さらなる拡大の懸念」を、ニューズウィーク日本版の姉妹サイト、World Voiceに寄稿しました。

 4月1日からは長距離の公共交通機関やホテルでの宿泊が、検査による陰性結果でも取得できる基本グリーンパスで可能となり、バス、地下鉄などの地方交通機関では、グリーンパスが不要となります。

 さらに、4月1日以降も、レストランやバールの屋内席ではスーパーグリーンパスが必要なのですが、ホテルの宿泊客がホテル内のレストラン・バールを利用する際や、ホテル内に限らず、外国人観光客の場合には、基本グリーンパスで、レストラン・バールの屋内席を利用できるようになるなど、外国人観光客の誘致のため、例外が設けられています。



 寄稿記事冒頭の写真は、スーパーグリーンパスを提示して参加したオルヴィエート地中ツアーで訪ねた地中の搾油場です。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32623053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuta at 2022-03-20 07:47 x
イタリアの感染者数の推移はどうなんでしょう。
東京はゆるやかに減ってきてます。
日本のワクチン接種者数は3月17日現在総人口の33.30%です。
まだまだ油断はできません。
Commented by ciao66 at 2022-03-20 07:47
グリーンパスが二種類あって、使い分けられているのは、そういうパスが何もない日本よりもうんと進んでいるようにも感じました。とはいえ、感染が増加傾向のなかでの規制緩和は少しご心配なことでしょうね。ピークの発生時期が国ごとに、地域ごとにずれているのが、なんとも難しいところでもありますね。

Commented by ciao66 at 2022-03-20 07:52
グリーンパスが二種類あって使い分けられているのは、何もそのようなものがない日本に比べて進んでいるように思われました。とはいえ感染が増えている中でも緩和はご心配なことでしょうね。丸2年がたち、もう3年目となったコロナ禍ですが、今年も外国には行けそうにもないな、と感じています。
Commented by meife-no-shiawase at 2022-03-20 14:31
イタリアもどんどん規制が緩和されていくのですね。
なおこさんは長く日本には帰国されていらっしゃらないですか?
台湾はまだまだ入国後の隔離が厳しくて
それを考えると重い腰があがりません。

夏ぐらいには隔離が解除されるといいな~と思っているのですが・・・
Commented by milletti_naoko at 2022-03-21 05:35
Yutaさん、イタリアでは5週間連続で感染者が緩やかに減少したあと、最近になってまた増加傾向にあります。イタリアではワクチン接種者は、一度あるいは2度で完了するワクチン接種を完了した人が83.82%、追加接種も受けた人が64.88%とのことです。
Commented by milletti_naoko at 2022-03-21 05:55
ciao66さん、グリーンパスやスーパーグリーンパスのおかげで、この冬は今のところ様々な店や施設が閉鎖することなく、制限がありつつも、人が移動したり外食したりできているのだと思います。

感染者数が増えてきていても、医療機関の逼迫がないというのが、規制緩和の理由ではあり、ヨーロッパの他国に比べると、これでも規制が厳しい方ではあるのですが、感染者数が激増すれば、数週間後には病床占有率が高くなっていくのは必死で、心配しています。
Commented by milletti_naoko at 2022-03-21 06:00
メイフェさん、規制が緩和される予定ではあるのですが、やはり今後の感染動向によって、国の方針も変わってくるのではないかと思います。わたしはもう長い間帰国していません。帰省先が、イタリアからの便が到着する国際空港から遠く、飛行機や電車で数時間かかってしまうので、やはりまだまだ状況の改善を待ちたいと思います。

本当に夏ぐらいには解除されるといいのですが、次々にさらに感染力の強い変異株が感染を激増させる状況が続いていて、難しいところですね。
by milletti_naoko | 2022-03-19 18:06 | Covid-19 Italia | Trackback | Comments(7)