イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

妖しくも美しい雲多い夕焼けのトラジメーノ湖

 昨年9月9日のことです。お気に入りの湖畔のレストランへと、車で向かう間に、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)の湖面を赤く染めて、

妖しくも美しい雲多い夕焼けのトラジメーノ湖_f0234936_06584241.jpg
Lago Trasimeno al tramonto, Magione (PG), Umbria 9/9/2022

地平線を覆う厚い雲の層へと、夕日が沈んでいきます。

妖しくも美しい雲多い夕焼けのトラジメーノ湖_f0234936_07031041.jpg
Spiaggia Giramondo, San Feliciano, Magione (PG), Umbria

 レストランの駐車場に着いたときは、店内に入らずに、そのまま岸辺へと向かいました。

 雲間からのぞく赤い夕日が、湖面でも輝いています。

妖しくも美しい雲多い夕焼けのトラジメーノ湖_f0234936_07062362.jpg

 この頃は、トラジメーノ湖の水位がいつになく低く、そのために、本来なら水面下にあるはずの水草が、水の上に見えていました。

 岸辺に近づくと、青空や燃えるようなオレンジ色の雲も、湖に映っています。

妖しくも美しい雲多い夕焼けのトラジメーノ湖_f0234936_07091463.jpg

 雲がひどく多い上に、湖が浅いという状況ではありましたが、雲間からのぞく赤い夕日に、風景全体がピンクに色づいて、不思議な美しさがあります。

妖しくも美しい雲多い夕焼けのトラジメーノ湖_f0234936_07105747.jpg

 雲多く色づく空を、穏やかな湖面が映し出し、その地平線を境になす対称に、どこか万華鏡を思い起こします。

妖しくも美しい雲多い夕焼けのトラジメーノ湖_f0234936_07142392.jpg

 湖面に映る雲と空の方が、色も姿も、奇しくもより鮮やかです。

妖しくも美しい雲多い夕焼けのトラジメーノ湖_f0234936_07155000.jpg

 少しずつ夕日が沈んでいくたびに、わたしたちが立つ位置を変えるたびに、見える夕景も変わっていきます。

妖しくも美しい雲多い夕焼けのトラジメーノ湖_f0234936_07172198.jpg

 まるで湖の中に、雲と夕日があるようにさえ見えます。

妖しくも美しい雲多い夕焼けのトラジメーノ湖_f0234936_07183317.jpg

 写真の右手、北西に見える雲と湖の、桃色が深くなります。

妖しくも美しい雲多い夕焼けのトラジメーノ湖_f0234936_07195796.jpg

 ピンクの空と湖の間で、なおも水遊びを楽しむ人がいます。

妖しくも美しい雲多い夕焼けのトラジメーノ湖_f0234936_07521742.jpg

 もう半年以上前のことなので、はっきり覚えていないのですが、この写真をとってまもなく、レストランへと歩き始めたのは、この頃にはもう日の入りの時刻を過ぎていたからではないかと思います。

妖しくも美しい雲多い夕焼けのトラジメーノ湖_f0234936_07272243.jpg

 いつもとは違うテーブルに通され、席に座ると、左手の木々の向こうに、桜色に色づいていく空と湖が見えました。

妖しくも美しい雲多い夕焼けのトラジメーノ湖_f0234936_07290324.jpg
Giramondo Ristorante Pizzeria, San Feliciano, Magione (PG), Umbria

 この日はどうやら、揚げ物を食べたい気分だったようです。前年までは大きな豚肉を揚げていたので、トンカツのようだったのに、それほど厚みのない鶏肉に変わってしまっていたのが、残念だったように覚えています。

妖しくも美しい雲多い夕焼けのトラジメーノ湖_f0234936_07304905.jpg

 夕日が沈んだあたりの空の色や、そのピンクを映す湖面は、この日座ったテーブルからは、木々の向こうに見えました。

妖しくも美しい雲多い夕焼けのトラジメーノ湖_f0234936_07314717.jpg

 空でも湖でも、たそがれの色が優勢となっていきます。

 不思議に美しかったこの日の夕景をいつか記事にしようと思いつつ、夏はトラジメーノ湖やこのお気に入りの店を訪ねることも多く、また9月には旅行に出かけたこともあって、ブログで取り上げずじまいとなり、今日になってようやくご紹介することができました。

 お気に入りの店は、今年は昨日から営業を再開しているのですが、まだ冬時間で、日の入りが午後6時半前と早い上、今はあまり家を離れられない状況でもあるため、夏時間に入って食事をしながら夕景を楽しめるようになる来週にでも、いつか行けたらいいなと思っています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32628566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by soratokumo214 at 2022-03-26 16:27
トラジメーノ湖久しぶりに見たような感じです。このブログに出会った頃のような気がします。
写真とその文章の素晴らしさに
いつも驚きです
Commented by ciao66 at 2022-03-26 17:28
ちょうど雲間から覗く夕日、それを映す湖、まだらに赤い空と黒い雲、
どれもいいですが、なかでも2枚目がインパクトが有りますね。
その瞬間しかない夕日という感じがしました。
Commented by milletti_naoko at 2022-03-26 19:18
soratokumo214さん、ありがとうございます。

雲は多かったのですが、いつもとは違う、灰色も多い空と湖が、不思議に美しいなあと感嘆しました。共感してくださったと知って、うれしいです♪

冬は寒いし、日の入りも早いので、今年はまだ3、4回しかトラジメーノ湖を訪ねていないように思います。いよいよ、しばしば湖に行ける時期が近づいてきて、うれしいです♪
Commented by milletti_naoko at 2022-03-26 19:21
ciao66さん、夕焼け色が空と湖全体に広がる夕景も美しいのですが、灰色の雲が多く、その中からのぞく太陽と、鏡のような湖もまたきれいだなあと思いました。

共感してくださったと知って、うれしいです。
そうなんです。まさに、めったに見ることのできない、この瞬間だけの夕日という感じでした♪
Commented by yuta at 2022-03-26 21:14 x
真っ赤な燃えるような夕空もいいけど、
私は薄いオレンジ色の空が好きです。
センチメンタルな気分になるんです。

インスタグラム見ました。
素敵な写真をたくさんアップされて写真展のようです。
ご主人とのラブラブな写真素敵です。♪
Commented by milletti_naoko at 2022-03-27 05:57
yutaさん、一度しか出会えないその時々の夕焼けに、それぞれの魅力がありますよね♪ 薄いオレンジ色の空、きれいでしょうね。

ありがとうございます。二人並んで撮ってもらえる機会というのが、夫が嫌がるというか遠慮するので、なかなかないものですから、貴重な写真です。
by milletti_naoko | 2022-03-26 07:42 | Umbria | Trackback | Comments(6)