イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

桟橋をゆけば白鳥 夕日きらめくトラジメーノ湖に

桟橋をゆけば白鳥 夕日きらめくトラジメーノ湖に_f0234936_23581992.jpg
 沈む夕日をトラジメーノ湖(Lago Trasimeno)で見送ろうと、昨日は夕方、湖の南東の湖畔にあるサンタルカンジェロへと向かいました。

桟橋をゆけば白鳥 夕日きらめくトラジメーノ湖に_f0234936_23192365.jpg
Lago Trasimeno al tramonto, Magione (PG), Umbria 29/3/2022

 夫は前の晩をほぼ眠ることができずに過ごしたため、午後は一眠りしたものの、ひどく疲れていたと思うのですが、一方では、夕焼けの湖を見たいという思いもありました。そこで、翌日、つまり今日からは雨の日が続くという予報が出ていたこともあって、午後7時過ぎにうちを出たのですが、空が雲に覆われています。
 
桟橋をゆけば白鳥 夕日きらめくトラジメーノ湖に_f0234936_23324223.png
https://www.google.com/maps/

 そのため、湖の南東の岸辺近くを走る道に出て、湖が見え始めたときには、厚い雲の層の上に、オレンジ色の夕陽が輝いて、湖を染めるのが見えて、うれしかったです。この日は、ひどく大きなトラックなど、ゆっくりと走る車が多く、マジョーネで無料高速道路を降りたときから、長い数珠つなぎになって車が進んだため、岸辺に着くのが遅くなりました。

 上の写真が撮れたのは、けれども、車がいつになくゆっくりとしか進めなかったおかげです。

桟橋をゆけば白鳥 夕日きらめくトラジメーノ湖に_f0234936_23373271.jpg

 サンタルカンジェロ(Sant'Arcangelo)の岸辺に着くと、桟橋の向こう、奥に見えるポルヴェーセ島(Isola Polvese)の手前に、ごく一部波が立つ湖面があるものの、湖面は概して穏やかで、島や対岸の影を、そのままに映しています。

桟橋をゆけば白鳥 夕日きらめくトラジメーノ湖に_f0234936_23415959.jpg

 夕日は幸い、まだ雲の層に沈みきっていませんでした。桟橋の左手の岬には、夏は観光客でにぎわうキャンプ場があります。

桟橋をゆけば白鳥 夕日きらめくトラジメーノ湖に_f0234936_23470145.jpg

 桟橋を進むにつれて、湖面に映って見える空や雲の色や姿も変わっていきます。

桟橋をゆけば白鳥 夕日きらめくトラジメーノ湖に_f0234936_23483040.jpg

 岬の向こうの雲の間で、夕日が最後の光を放ち、その空を湖が映し出しています。上の写真の右手奥には、湖の西岸にあるカスティッリョーネ・デル・ラーゴの町並みが、小さく写っています。

 桟橋の先端に近づくと、白鳥たちの姿が見えてきました。

桟橋をゆけば白鳥 夕日きらめくトラジメーノ湖に_f0234936_23533159.jpg

 色も光も刻一刻と移り変わっていく空と湖の間で、水草を食んでいるようです。

桟橋をゆけば白鳥 夕日きらめくトラジメーノ湖に_f0234936_00085831.jpg

 桟橋から右手、北東を見やると、

桟橋をゆけば白鳥 夕日きらめくトラジメーノ湖に_f0234936_23545796.jpg

まだ晴れ間があって、空も湖も青く明るく、

桟橋をゆけば白鳥 夕日きらめくトラジメーノ湖に_f0234936_23560106.jpg

水辺にシラサギがたたずんでいます。右手奥に霞んで見えるのは、テッツィオ山です。

桟橋をゆけば白鳥 夕日きらめくトラジメーノ湖に_f0234936_00133876.jpg

 桟橋の先端にさらに近づくと、それまでは白鳥たちの左手、岬の向こうににあった夕日が、その右手へと映りました。

桟橋をゆけば白鳥 夕日きらめくトラジメーノ湖に_f0234936_00173014.jpg

 まばゆいオレンジ色の光が、空にも湖面にも広がっています。

桟橋をゆけば白鳥 夕日きらめくトラジメーノ湖に_f0234936_00185926.jpg

 色や光を手動で調整できないわたしは、焦点を合わせる場所を変えて、どうしたら望ましい色や明度になるのだろうと探ってみます。

桟橋をゆけば白鳥 夕日きらめくトラジメーノ湖に_f0234936_23581992.jpg

 雨が降り出す前に、美しい夕焼けを見られたらと、雲の多さにいぶかりながら訪ねたトラジメーノ湖で、夕日の光に柔らかなオレンジ色を帯びる湖と、白鳥たちを見ることができて、うれしかったです。

***********************************************************************************
Emana luce arancione il sole dalle nuvole
tutto si riflette sull'acqua del Trasimeno
e tra due bagliori arancioni, del cielo e del lago
cigni, anatra e folaghe
Sant'Arcangelo, Magione (PG), Umbria, Italy 29/3/2022
***********************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32632784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2022-03-31 05:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2022-03-31 06:09
鍵コメントの方へ

いえいえ、わたしはもともと近視なので、老眼の不便はあまり感じていないのですが、ひょっとしたら単にそういう問題だけなのではないかとも思うのです。こちらこそごていねいにご返事とお言葉をありがとうございます。

そうして、こちらこそよろしくお願い申し上げます。
Commented by nonkonogoro at 2022-03-31 07:58
夕暮れの白鳥さんたち
優しく美しい風景ですね。

白鳥と一緒にいる黒い鳥は
白鳥のヒナではなくて 鴨か なんかでしょうか?

先日眺めた 湖北の白鳥の姿も
いつか絵に描けたらいいなあと思っています。


Commented by milletti_naoko at 2022-03-31 16:13
のんさん、ありがとうございます。

黒い鳥は、姿形からすると、おそらくオオバンではないかと思います。トラジメーノ湖でひょっとしたらカモメに次いで多い鳥かもしれません。

思い出を絵に残して取っておくことができるとは、すてきですね。
by milletti_naoko | 2022-03-30 23:59 | Umbria | Trackback | Comments(4)