イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

雨降りて川とダムに水満ち あられ霰降りオルヴィエートに青い空

雨降りて川とダムに水満ち あられ霰降りオルヴィエートに青い空_f0234936_07514630.jpg
 この数日、ペルージャでは雨の日が続いています。土曜の朝はひどく寒く、積もりこそしなかったもの、雪まで降ったので驚きました。

雨降りて川とダムに水満ち あられ霰降りオルヴィエートに青い空_f0234936_06571403.jpg
5/3/2022

 1か月前は、あまりにも雨が降らないので、テベレ川のダム湖であるコルバーラ湖(Lago di Corbara)も、すっかり水位が下がり、湖の面積もかなり小さくなっていました。

 向こうの赤らんだ丘の上に建つのは、チヴィテッラ・デル・ラーゴ(Civitella del Lago)の町並みです。

雨降りて川とダムに水満ち あられ霰降りオルヴィエートに青い空_f0234936_07061983.jpg

 この日、オルヴィエートからの帰り道、コルバーラ湖に沿って走る道路をトーディへと向かうと、車の窓から、きれいな夕景を見ることができました。

雨降りて川とダムに水満ち あられ霰降りオルヴィエートに青い空_f0234936_07084101.jpg

 当時は、テベレ川(Fiume Tevere)も、水位が低くなり、岸辺近くの川底が見えるようにさえなっていました。

雨降りて川とダムに水満ち あられ霰降りオルヴィエートに青い空_f0234936_07103053.jpg

 そうして、我が家に到着すると、うちの窓から、まだ茜色の残るたそがれの空に、三日月が見えていました。

 その月が満ちて欠け始め、金曜に新月となり、今は再び少しずつ満ちていっています。

雨降りて川とダムに水満ち あられ霰降りオルヴィエートに青い空_f0234936_07144397.jpg
1/4/2022

 金曜日にオルヴィエートに向かう途中、テベレ川を渡ると、ウンブリア州だけではなく、水源があるエミリア・ロマーニャ州や上流のトスカーナ州でも雨がたくさん降ったためでしょう、満水ではないかと思えるほど、川の水位が高くなっていたので、驚きました。

雨降りて川とダムに水満ち あられ霰降りオルヴィエートに青い空_f0234936_07202172.jpg

 コルバーラ湖も、水位が一気に高くなったように見えました。この日は、ペルージャでは午後6時頃まで、雷を伴う大雨となるという予報が出ていたのに対し、オルヴィエートは午後3時からは雨もやみ、晴れ間が見えるとのことだったので、オルヴィエート郊外の日本料理店で昼食を食べてから、天気が許せば町を歩こうと、正午前に、ペルージャの我が家を出発しました。

 ご覧のように、道中、空は暗い雲に覆われていました。

雨降りて川とダムに水満ち あられ霰降りオルヴィエートに青い空_f0234936_07241693.jpg

 予約より少し早く着いて、車をとめた駐車場でも、空は曇っていたのですが、梨の花が満開で、きれいです。

雨降りて川とダムに水満ち あられ霰降りオルヴィエートに青い空_f0234936_07252740.jpg
Nihori, Ristorante Giapponese a Orvieto

 いつもの寿司・刺身盛り合わせを頼むと、その皿にも白い梅の花が咲いていました。夫は、鮭の裏巻きを注文したつもりだったのに、店の人によると、どうやら間違えてマグロの裏巻きを注文してしまっていたそうで、マグロを食べることになり、何だかかわいそうでした。店の人は一応スマートフォンで夫の注文を確認して、「マグロとなっていますよ」と言っていたのですが、実はわたしは、夫の注文を店の人が口頭で再確認したときに「鮭」と口にしたので、その部分だけ聞いて、鮭の串焼きを頼んだのかしらとふと思ったような記憶もありました。

 夫は日頃からマグロ漁に反対で、そのために、ツナ缶のツナも、食べるのを嫌がっているのですが、裏巻きのマグロは悪くないと言っていました。

雨降りて川とダムに水満ち あられ霰降りオルヴィエートに青い空_f0234936_07340716.jpg

 食事を終え、午後2時過ぎに中心街に向かうと、黒々とした雲が空を覆っています。

雨降りて川とダムに水満ち あられ霰降りオルヴィエートに青い空_f0234936_07355263.jpg

 凝灰石の断崖の上にある歴史的中心街の駐車場に着いたときには、まだ雨は降っていませんでした。傘もレインコートも携帯していたので、雨が降るかもしれないけれども、それでも散歩がしたいと考えていたわたしは、崖下周遊トレッキングコースを歩こうと、登山靴に履き替えました。ところが、靴を履き替えた頃に、あられが降り始めたので、車内でやむのを待っていると、さらにあられが降り続けたばかりか、雷が何度も鳴り響きます。

 雷雨の中を歩くのは危険なので、仕方なく車内で待っていると、天気予報どおり、午後3時10分ほど前に、幸いあられも雨もぴたりとやみました。

雨降りて川とダムに水満ち あられ霰降りオルヴィエートに青い空_f0234936_07415318.jpg

 ひとしきり雨やあられが降ったおかげで、空には晴れ間さえ見えるようになり、まずは昨日の記事でご紹介した椿の花の美しい住宅街を歩いてから、オルヴィエートの中心街を、断崖の西面の上を通る散歩道へと向かいました。

雨降りて川とダムに水満ち あられ霰降りオルヴィエートに青い空_f0234936_07440700.jpg

 東の空はどんよりとした雲に覆われているのですが、

雨降りて川とダムに水満ち あられ霰降りオルヴィエートに青い空_f0234936_07514630.jpg

 北西の空には、こんなふうに青空が見えるところもありました。

雨降りて川とダムに水満ち あられ霰降りオルヴィエートに青い空_f0234936_07453064.jpg

 あられと雷で出発が遅くなり、夫が帰宅を急いでいたため、1時間余りの短い散歩となりましたが、椿や

雨降りて川とダムに水満ち あられ霰降りオルヴィエートに青い空_f0234936_07465519.jpg

キキョウなど、春の花が彩る町を歩くことができて、よかったです。

 海外からの観光客や、修学旅行で来たのではないかと思われる高校生たちを、町のあちこちで見かけました。まだまだ感染が油断を許さない状況ではありますが、復活祭が近づき、規制の解除が進んで、旅行客が増えていっているようです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

Commented by meife-no-shiawase at 2022-04-04 14:02
梨の花ってこんなに可愛いんですね~。
今は日本のブロガーさんたちが日本の桜をたくさん
ご紹介してくださっているので、ぱっと観た時に
イタリアの桜!?と思ってしまいました🌸

昨日の漢方のコメントへのお返事。大変興味深いです。
そうですよね。ハーブも薬草ですから、処方や調合などは違うかもしれないですが
漢方と共通するところも多いはず。

台湾の漢方屋さんや漢方医はその前を通ると独特なにおいがします。
私はすごく好きなのですが、西洋のハーブ屋さんはもっと
いい香りがしそうです♪
Commented by 3841arischan at 2022-04-04 14:51
なおこさん、オルビエ―トのお散歩、春のお花が美しいですね~
日本でも、椿の最盛期で、あちらこちらで、美しい椿が咲いていて良い時期です(*^_^*)
でも、ききょう?がこんなに咲いてることはありません!
日本では、夏がききょうのシ―ズン?
この種類が早いのでしょうか?
石畳に紫色が映えて美しいですね(^^♪
春の嵐?雨と雷は、歩きには怖いですよね(>_<)
日本でも、先日、かなりな風が吹いて、庭そうじに困るくらいでした!
気温差も凄くて、あられはありませんが、身体がついていくのが大変という気候です!
Commented by milletti_naoko at 2022-04-04 15:16
メイフェさん、梨の木も白い花がいっぱいに咲いて、おしべがピンクなのもかわいらしいです。わたしも最近は日本で皆さんが載せられている桜の写真を見ては、日本を懐かしんでいます♪

わたしも、西洋でももともとは薬草を使って治療をする伝統があって、今の医学で使われる薬も大半は成分がその薬草だと知ったときには驚きました。

ローズマリーやラベンダーなど、香りのいい薬草やその精油、いろいろなハーブティーはもちろん、なんと昆布を成分としているらしいダイエット用の商品もショーウィンドウで見かけたりして、驚いています。
Commented by milletti_naoko at 2022-04-04 15:29
アリスさん、いつもとは違う場所を訪ねてみたら、思いがけずみごとな椿の花にたくさん出会えて、うれしかったです♪ 日本でも今椿が最盛期なんですね! このキキョウ、2週間前に訪ねたときにも咲いていたので、花の季節が長いことに驚いています。イタリアでは見かけることが日本に比べてずっと少ないので、見られるとうれしいのですが、確かに季節としては、不思議ですよね。

ペルージャでは、もっと大きな雹が降った地域もあるそうで、この程度で助かって、そうして、少しでも町を歩くことができて、よかったです。確かに風が吹くと、落ち葉もさらに増えますよね。

気温差と言えば、こちらも思いがけずぐっと気温が下がり、雪まで降ったので驚いています。体調にも気をつけなければいけない季節ですよね。どうかくれぐれもお体を大切にお過ごしくださいませ。
by milletti_naoko | 2022-04-03 22:30 | Umbria | Comments(4)