イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

緩む規制・用心と減らぬ感染 9日間の祈り マスク最終日はわたし一人

緩む規制・用心と減らぬ感染 9日間の祈り マスク最終日はわたし一人_f0234936_18200619.jpg
 3月、他州に比べてあまりにも新規感染者の増加率が高かったウンブリアで、3月中に解析を行った結果、対象となった新型コロナウイルス感染症患者のうち、60%がオミクロン株の別系統 BA2に感染していたことが分かり、それがウンブリアで感染を押し上げた原因と判明しました。


 3月後半はテレビやニュースの大半が、もっぱらウクライナ侵攻の報道となり、また義母の容態が悪化し、亡くなったため、感染情報をなかなか確認できなかったのですが、「ウンブリアとカラブリアで特に感染増加が著しいことから、この2州からオミクロンBA2の感染がイタリア全国に広がっていると推測できる」という専門家の説明を聞いたことがあります。

緩む規制・用心と減らぬ感染 9日間の祈り マスク最終日はわたし一人_f0234936_17490822.png
https://coronavirus.gimbe.org/

 最近では、ウンブリアやカラブリアだけではなく、イタリア中部・南部の他州でも感染者が増え、感染増加率が上昇する州が多くなっています。

緩む規制・用心と減らぬ感染 9日間の祈り マスク最終日はわたし一人_f0234936_18092743.png
https://coronavirus.gimbe.org/

 イタリア全国では、現在は、症状のある入院患者数や集中治療室入院患者数、さらに死者数も横ばいである状況が続いているのですが、ウンブリアでは集中治療室入院患者数こそ、医療逼迫が問題になるほどではないものの、新型コロナウイルス感染症の患者が占める病床の割合が40%と、かつてならレッドゾーンとなる値になっています。

 そのため、ウンブリアなど人数の少ない州で起こっているから、全国的状況を見ると落ち着いているように見えても、すでに兆候が見え始めているように、感染力の強いオミクロンBA2がイタリア北部のロンバルディアやエミリア・ロマーニャなどでも蔓延し始めれば、入院患者数もかなりの数に及ぶ可能性があり、緊急事態宣言が終わって規制こそ緩まってはいても、屋内ではマスクをするなどの用心が必要だとされています。


 にも関わらず、義母の葬儀の前日に、我が家を訪れてくれた人は、少なくとも屋内では大半の人が皆マスクを装着していたのですが、この日の晩、ロザリオの祈りを唱えるためにと、友人や親戚も来てくれたとき、我が家にも来客にもマスクをしない人がいたため、マスクをしていたのは、わたしと夫を始めとする約半数だけでした。寒いために窓は閉めきり、換気はまったくしない状態で、同じテーブルに座って祈りを唱え、しかも祈りのあとで長時間おしゃべりをしたというのにです。義父はもちろん、親戚の中にも80代の女性がいます。

緩む規制・用心と減らぬ感染 9日間の祈り マスク最終日はわたし一人_f0234936_03570210.jpg
https://twitter.com/direpuntoit/status/1510955341705449478

 オミクロン株、その中でもBA2は感染力が非常に強く、ウンブリアではその感染者がもう過半数となっています。さらに、高齢者は3回接種を受けていても感染して重症化する可能性がある上、オミクロンなど、感染力の非常に強い変異株の蔓延によって、一度感染した人も再感染する恐れがあることが明らかになっています。さらに、毎晩祈りを捧げたあとに、参加者でのおしゃべりが2、3時間続き、日が経つにつれて、マスクをする人が少しずつ減っていきました。参加者の中に一人でも感染者がいたら、マスクなしでは感染の恐れが高いのにと、義父や夫のことを心配しつつ、わたしだけは一貫して、初日から最終日まで、マスクを装着し続けました。そうです、ロザリオの祈りの最後の晩には、マスクをしていたのは、わたし一人だけでした。

緩む規制・用心と減らぬ感染 9日間の祈り マスク最終日はわたし一人_f0234936_18200619.jpg

 マスクを外したのは、ウンブリアの伝統のケーキ、チャラミーコラ(ciaramicola)を、夫が皆に食べてもらおうと最後の晩のために買ってきたので、祈りのあとに、いっしょに食べたときだけです。

 オミクロン株については、高熱が出たからと簡易抗原検査をしても、そのときには陰性の結果が出て、その後、必要に駆られて、もう熱は下がってから検査を受けると、陽性だと判明した例も多いため、簡易抗原検査で陰性という結果となっても、実際には感染している場合があるという記事も、つい最近読んだところです。

 復活祭が近づき、海外からの旅行者も増え、イタリア国内で旅行をしたり、友人や親戚で集まったりする機会も増えてくることでしょう。皆が少しでも用心をすることで、またワクチン接種を進めていくことで、減らしていけるはずの感染者数が、どうかこれ以上増えることがありませんように。

関連記事へのリンク
- 感染が増加傾向 特にウンブリア 皆に危機感なく心配な日々 (2022/3/13)
- 4月1日からの大幅な規制緩和の決定と感染増加、さらなる拡大の懸念 (2022/3/19)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32640563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by katananke05 at 2022-04-09 15:14 x
オミクロン から変異した
BA2 で またまた 感染者が増えてるのは こちらでも同じです〜
自衛だけはしっかりしないとと思ってますがテニスではしりまわっていても マスクをしてたので
先日 外して鏡をよくよく見たら
うっすらと マスクの上半分、、
顔が出てるところが日焼けしていて、、
これからは 屋外でのテニスの時は マスクは外そうとおもってますよ〜 あつくなり息苦しくもありますからね、、
いったい 何時になれば終息に至るのか、、
憂鬱です〜
Commented by milletti_naoko at 2022-04-09 23:02
katananke05さん、日本でも蔓延して、感染が拡大しているんですね。義父にしても高齢者の親戚にしても、3回ワクチン接種を受けているから大丈夫だと思っているのでしょうが、今重症化している人は、ワクチン未接種者か、既往症のある人あるいは高齢者で、後者の場合はワクチンを3回接種している場合も少なくなく、免疫が下がっているために、4回目の接種が声高に叫ばれている状況です。声高にと言っても、今はもっぱらニュースは戦争の報道になってしまっているため、規制が緩んでさらに緩んだ人々の警戒心が緩んだまま、復活祭休暇や4月25日から5月初めにかけての連休に入り、旅行や交流で感染が拡大しないよう祈っています。
by milletti_naoko | 2022-04-08 18:27 | Covid-19 Italia | Trackback | Comments(2)