イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

春の味 野生のアスパラガスの卵炒め

 4月6日は、この春初めての野生のアスパラガス(asparagi selvatici)の卵炒めを作って食べました。

春の味 野生のアスパラガスの卵炒め_f0234936_22344580.jpg
Frittata agli asparagi selvatici 6/4/2022

 野生のアスパラガスは、春になるとイタリア中部の野山のあちこちで育つ大地の恵み、旬の食材です。タケノコに似て、特に雨の後にはよく育ち、たくさん見つかります。独特の苦味があるのですが、春になると鶏がたくさん産んでくれる卵といっしょに食べると、その苦みもおいしく味わえます。野生のアスパラガスの卵炒めは、自然や大地のエネルギーをもらうこともできる、春ならではの料理です。

春の味 野生のアスパラガスの卵炒め_f0234936_22390790.jpg

 夫が摘んできてくれたアスパラガスを、いつものように、穂の先の方から少しずつ、指で折って切っていきます。下の方まで行って、指で切れないところがあれば、その下は食べるには固いので料理に使わず処分します。近年は、春が来てもロックダウンで野生のアスパラガスを採りに行けず、食べられない年が続いたため、記事に書くことがありませんでした。先週は、料理を始めてからそのことに気づいて、では記事にしようと写真を撮りました。

春の味 野生のアスパラガスの卵炒め_f0234936_22460406.jpg

 野生のアスパラガスの色は育つ場所によって、緑だったり、紫がかった色をしていたりしますし、太さや長さもそれぞれです。けれども、フライパンに入れて火にかけると、どのアスパラガスも緑色になります。



 野生のアスパラガスの見つけ方については、わたしがこのブログを始めた年、2010年の上の記事に詳しく書いてあります。

春の味 野生のアスパラガスの卵炒め_f0234936_22492759.jpg

 夫がお義母さんから受け継いだ料理の仕方を、遠い昔にわたしが習って、今もそのとおりに作っています。少量のオリーブオイルをフライパンで熱し、切っておいたアスパラガスを入れて、さっと炒めます。それから、少しの水と塩を加え、フライパンにふたをして、10分ほどそのまま弱火で調理します。

 水気がなくなったら、割り入れて塩を加え、かき混ぜておいた卵もフライパンに入れて、よく混ぜ合わせ、卵がお好みの炒め加減になったらできあがりです。うちの夫は、卵といっしょに料理するのが、野生のアスパラガスやトマトの場合には、卵は半熟気味なのが好きなので、夫好みになるように、火を止めています。

 朝晩はまだ寒いのですが、日中は暖かくなり、我が家の鶏が産む卵の数も、増えていっています。おいしい春の恵みを、今年はこれからも何度も楽しむことができますように。

********************************************************************************
Frittata agli asparagi selvatici freschi
finalmente dopo due anni di primavera in lockdown!
Buono il dono di primavera :-)
********************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:春の食材
by milletti_naoko | 2022-04-12 22:58 | Gastronomia