イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

オルヴィエート 崖下に菜の花・ゴボウ 町に藤・椿

オルヴィエート 崖下に菜の花・ゴボウ 町に藤・椿_f0234936_19554858.jpg
オルヴィエート(Orvieto)の町を頂く凝灰石の断崖の南面の下は、日当たりがいいためでしょう、菜の花に混じって、もう咲いているひなげしの花も、ところどころにありました。

オルヴィエート 崖下に菜の花・ゴボウ 町に藤・椿_f0234936_19262287.jpg
Orvieto (TR), Umbria 23/4/2022

 このオリーブ畑の間をしばらく登っていくと、やがて急な下り道があるのですが、

オルヴィエート 崖下に菜の花・ゴボウ 町に藤・椿_f0234936_19325638.jpg

その下り道で夫が、こんなところにゴボウ(bardana)の葉が育っているよと教えてくれました。ゴボウはヨーロッパでは自生の植物で、日本と違って根を食べる慣習はありませんが、薬用として用いられています。これまでに、夏の山でアザミに似た花を見かけたことは何度かあるのですが、まさかこんなに町の近くに、しかもアスファルトに育っているとはと、驚きました。

オルヴィエート 崖下に菜の花・ゴボウ 町に藤・椿_f0234936_19412137.jpg

 菜の花の間では、ミツバチたちも忙しそうに働いていました。

オルヴィエート 崖下に菜の花・ゴボウ 町に藤・椿_f0234936_19421195.jpg

 崖下周遊トレッキングコースを、東の端から西まで半周したあと、今回はエレベーターで崖の上に登り、崖の西面の上を通る道を歩きました。

オルヴィエート 崖下に菜の花・ゴボウ 町に藤・椿_f0234936_19453605.jpg

 麦畑と思われる緑が広がる中、黄色い花が一面に咲く畑も見えます。

オルヴィエート 崖下に菜の花・ゴボウ 町に藤・椿_f0234936_19474772.jpg

 菩提樹の若葉の柔らかな緑がきれいです。

 この日、崖下を半周だけして歴史的中心街に登ったのは、町に咲く藤の花を愛でようと考えたからでした。エレベーターで崖上に上がってすぐは、藤があるだろうかと、中世の町並みが残る地区へ行こうと、しばらく坂道を下ったのですが、遠くから見やって、どうやら藤は見当たらないようなので(上から4枚目の写真)、崖上の道を、南の方、奥に見えるローマ門の方へと歩きました。

オルヴィエート 崖下に菜の花・ゴボウ 町に藤・椿_f0234936_19554858.jpg

 前回訪ねたとき、門を入ってすぐのところに、みごとな藤があったことを、覚えていたからです。予想どおり、花がきれいに咲いていて、わたしはすぐにこの藤の下まで、花を見に行きました。

 けれども、そのとき携帯電話を見ていた夫は、わたしがこの藤に向かったことに気づかなかったらしく、そのまま大聖堂へと行ってしまい、わたしの方から電話して、そのとき夫がいた場所で待ってもらうことにしました。

オルヴィエート 崖下に菜の花・ゴボウ 町に藤・椿_f0234936_19591456.jpg

 この白い椿は、まだつぼみもあり、花があちこちに咲いていました。

オルヴィエート 崖下に菜の花・ゴボウ 町に藤・椿_f0234936_20011177.jpg

 この赤い椿も、前回にも増して、たくさんの花が咲いていました。

オルヴィエート 崖下に菜の花・ゴボウ 町に藤・椿_f0234936_20002554.jpg

 石畳に落ちた花と花びらもきれいです。その中に一輪、どこから来たのか、白い椿の花も混じっていました。

オルヴィエート 崖下に菜の花・ゴボウ 町に藤・椿_f0234936_20030615.jpg

 昨年の花が美しかったので、楽しみにしていたこの藤も、赤い椿の隣で、きれいに咲いていました。

 この藤は、去年の春は花の咲く家がちょうど工事中で、足場が組まれていたためか、他に見る人がいなかったように覚えているのに(記事はこちら)、

オルヴィエート 崖下に菜の花・ゴボウ 町に藤・椿_f0234936_20120748.jpg

今年は次から次へと見に訪れて、写真を撮る人が絶えないので、驚きました。

オルヴィエート 崖下に菜の花・ゴボウ 町に藤・椿_f0234936_20131265.jpg

 と言うのも、こんなふうに、大聖堂が建つ広場からは、花が奥の方にそっとのぞいて見えるばかりだからです。けれども、いったん人だかりがなくなると、もう花に気づく人がいなくなったのでしょう。すぐに人がいなくなりました。

オルヴィエート 崖下に菜の花・ゴボウ 町に藤・椿_f0234936_20144031.jpg

 大聖堂広場から目抜き通りへと歩いていくと、観光客がいつになく多いので、驚きました。ごった返しているのに、マスクをつけている人の方が少ないくらいです。

オルヴィエート 崖下に菜の花・ゴボウ 町に藤・椿_f0234936_20190539.jpg

 このあと、駐車場へと歩いていく途中にも、右手の小路の奥に、きれいに咲く藤の花が見えたので、行って撮影したりしました。

 今が盛りの藤の花といっしょに、まだきれいに咲く椿の花も見られて、うれしかったです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32657670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2022-04-28 04:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2022-04-28 05:39
鍵コメントの方へ

イタリアでも町を歩くと今の時期にはみごとな藤の花にあちこちで出会えて、見るとうれしくなります。すてきなお庭ですね。
Commented by ciao66 at 2022-04-28 17:59
いつもながら美しい景色ですが、崖の上からの緑の大地、この新緑の時期は格別ですね。
フジが早くも見ごろで、どれも大きくて立派で見ごたえが有りますね!楽しませていただきました。

ゴボウをイタリアでは食べないということで、それは知りませんでしたが、立派は葉っぱを見れば、たまには食べたくなりそうですね!
Commented by milletti_naoko at 2022-05-03 05:44
ciao66さん、ありがとうございます。最近では、オルヴィエートはもちろん、うちの近所でも出かけた先でも、花盛りの藤の花がきれいです。

ゴボウ、もうずいぶん長い間食べていません。山には生えているのですが、自然公園に生えている植物は掘り返すのは禁じられているように思いますし、たいてい旅行中なので料理するわけにもいかず、残念です。
by milletti_naoko | 2022-04-27 20:25 | Umbria | Trackback | Comments(4)