イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

花と緑彩る道をペルージャ サッカー競技場まで

花と緑彩る道をペルージャ サッカー競技場まで_f0234936_20280214.jpg
 もっと運動しなければと、何度も夫に言われながら、あまり動かずにいたわたしが、血液検査の翌日、4月12日に悪玉コレステロール値が高いのに驚いてからは、進んで歩き始め、まだ3週間とは言え、少なくとも1日に30分は歩き続けています。



 うちからペルージャ大学駅まで、わたしが歩いて行く道の距離を、今朝思いついてグーグルマップで調べてみると、駅の入り口までは、片道1.5kmで、徒歩でかかる時間の目安が18分とのことです。無人駅で、駅の構内に入るためには切符が不要であるため、人がいないときは、しばしば駅の構内も歩いて、花や風景を見たり撮影したりしているので、実際には、もう少し歩いていたように思います。

 ペルージャ大学駅でカエデの翼果を撮影した5月1日は、湖畔のレストランで家族の皆とおしゃべりしながら、おなかがはち切れそうなほど食べたので、いつもよりたくさん歩かなければと、駅からさらに、トラジメーノ湖へのサイクリングコースの案内標識に従って進んでいきました。

花と緑彩る道をペルージャ サッカー競技場まで_f0234936_18551892.jpg
Percorso Verde, Perugia (PG), Umbria 1/5/2022

 我が家からそう遠くないところに、ペルージャ市民が健康のために、歩いたり走ったり、犬と散歩をしたりする緑の散歩コース、Percorso Verdeがあります。トラジメーノ湖やアッシジ、オルヴィエートなど、ちょっと遠くへ出かけるときには、無料高速道路を通って行くのですが、我が家からその上り口に車で行くには、ちょうどこの散歩コースの入り口と駐車場の間を通っていきます。そのたびに、駐車場がいっぱいで、路傍にまで車が並んでいたり、大勢の人が歩いたりするのを目にしていたので、感染下でもあり、わたしはこのコースを歩くのを避けていました。遠い昔、もう何年も前に、一度だけ夫と歩いてみたことがあるのですが、夫はペルージャから遠く離れないと、そして、山にせよ湿原にせよ湖にせよ、自然の中でないと余暇を楽しんでいる気分になれないと言い、また、人が多いところを嫌っています。そのため、ロックダウン中さえ、車を30分ほど走らせた山あいにある道を歩く方を好んでいました。

 5月1日はけれども、「とにかくたくさん歩かなければいけない」と思い、湖への標識に従って歩いていたら、その緑の散歩コースに入っていきました。ただし、標識が指し示す道は人が大勢いたため、ほぼ平行に走る別の道を歩いていくと、小川沿いに緑の並木があります。

花と緑彩る道をペルージャ サッカー競技場まで_f0234936_19323225.jpg

 小川に沿ってずっと歩いていくと、広場があり、5月1日だったので、労働の日を祝うためか、広場には天幕がいくつも並び、人だかりがあります。コンサートの真っ最中であるようで、緑の静かな散歩道にそぐわないラップ調の歌が歌われています。

 このあたりまで来ると、歩く人も多くなったこともあり、橋を渡って、今度は小川の別の岸辺を通って戻り、駅には寄らずにうちに戻りました。この日は駅やサイクリングコースの看板の前で立ち止まって写真を撮ったこともあり、5.2kmほどの道のりを1時間半ほどかけて歩きました。

花と緑彩る道をペルージャ サッカー競技場まで_f0234936_19433335.jpg
2/5/2022

 翌5月2日からは、大学生が戻ってきたからか、駅へ向かう道にいつも学生たちを見かけたため、また、緑の散歩コースが気に入ったため、駅には寄らず、線路の下を通るトンネルをくぐって、緑の散歩コースに向かっています。

 駅のホームからは見えないのですが、線路のすぐ傍らに、ひなげしがたくさん咲いています。

花と緑彩る道をペルージャ サッカー競技場まで_f0234936_20312224.jpg
3/5/2022

 緑の散歩コースを、小川に歩いていくと、なんと道が、ペルージャのサッカー競技場に差しかかり、そのすぐ裏を通って、競技場の向こうの端まで行くことができたので、驚きました。そして、その先は交通量の多い車道を渡る必要がある上、すでに40分ほど歩いていたので、橋を渡って、小川の反対側を歩いてコースを戻り、さらにいつもの道を通って、我が家まで歩きました。

 線路の下のトンネルからこの競技場までは、車で行くときは、まずは右に、それから左に90度曲がらなければいけないところがあるのに、緑の散歩コースをほぼまっすぐに歩いていけば、そのまま競技場の裏に出られるということが不思議でした。駅に寄らず、緑の散歩コースを歩いて、サッカースタジアムを通り過ぎたところで橋を渡って折り返すと、往復6.3kmの道のりを、1時間20分ほどで歩くことになり、距離的にも時間的にもちょうどよさそうです。うちからペルージャ大学駅まで歩いていくときは、途中で坂道を登ったり下ったりするが、緑の散歩コースは平地を歩くので、どんどん歩いていくことができます。

花と緑彩る道をペルージャ サッカー競技場まで_f0234936_20021415.jpg

 これはズームで拡大して撮影した写真ですが、歩いていくと、こんなふうに、ペルージャの歴史的中心街を望める場所もあります。

 というわけで、5月2日から昨日までは、こんなふうに駅には寄らず、サッカー競技場を通り過ぎるまで歩いてから、引き返しています。上の2枚の写真が5月3日の写真であるのは、3日の方が天気がよかったので、きれいに撮れているからです。

花と緑彩る道をペルージャ サッカー競技場まで_f0234936_20051156.jpg
4/5/2022

 昨日は出発前に、うちの庭に、自生のおさるの蘭が咲いているのを見つけて、うれしかったです。

花と緑彩る道をペルージャ サッカー競技場まで_f0234936_20071174.jpg

 モッコウバラも咲き始めました。

花と緑彩る道をペルージャ サッカー競技場まで_f0234936_20073753.jpg

 夫の祖母がミジャーナで育てていたというバラが、今花盛りです。

花と緑彩る道をペルージャ サッカー競技場まで_f0234936_20083635.jpg

 駅には寄らずに、線路の下を通って、写真の左手にある入り口から、緑の散歩コースに入ります。トンネルの右側でも左側でも、線路脇では、真っ赤なひなげしの花がたくさん咲いています。

花と緑彩る道をペルージャ サッカー競技場まで_f0234936_20104506.jpg

 散歩コースに入ってすぐは、人の少ないこの道を通っていきます。白や黄色の野の花がきれいです。

花と緑彩る道をペルージャ サッカー競技場まで_f0234936_20120914.jpg

 小川に沿って歩いていくと、緑の木々が生い茂る川辺のすぐ近くに、自転車やバスケットボールなど、さまざまなスポーツができる競技場、練習場があります。

 サッカー競技場までやって来たら、次の橋で川を渡り、今度は道を反対方向へと進みます。

花と緑彩る道をペルージャ サッカー競技場まで_f0234936_20145627.jpg

 つい最近、午後7時半過ぎに工学部の脇を通る砂利道を歩いていたら、リードなしでいつまでも吠えたて、近づいてくる犬がいたので、昨日は、遅くならないうちにと帰り道を急いでいたのですが、つぼみの殻を脱いで、咲こうとしているこのひなげしを見たときは、思わず足を止めて撮影しました。

 つながれていない犬を、昨日も2匹見かけたのですが、わたしと同じように散歩をする飼い主ではない人が近づいても、またわたしが近寄っても、吠えたてることなく、また、向こうに行ってしまったので、ほっとしました。先日の吠えたてていた犬は、近くにいた飼い主こそ、「この子はいい子だから」とは言っていたものの、飼い主が戻ってくるように言っても、犬はわたしに近づいてきて吠えるばかりで、にも関わらず、飼い主は犬をつなごうともしません。義弟も一度、緑の散歩コースを歩いていて、急に後ろから、犬に膝の後ろをかまれたことがあると言っていますし、歩く人の安全のためにも、犬のためにも、規則を守って、きちんとリードをつけて散歩をするべきだと思います。

花と緑彩る道をペルージャ サッカー競技場まで_f0234936_20163730.jpg

 人通りが少ないとは言え、近所の砂利道に、タイムの花が咲いていたので驚きました。

花と緑彩る道をペルージャ サッカー競技場まで_f0234936_20222130.jpg

 イタリア語では、maggiociondolo「5月の首飾り」と呼ぶ黄花藤、キングサリの花も、もうこんなにたくさん花が咲いています。

 しばらくは天気の悪い日が続くようですが、今後もできるだけ毎日歩こうと考えています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32664598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はる at 2022-05-06 08:11 x
こちら、おはようございます!  の時間です。

今日もびっくりです。お庭に自生のおさるのラン!
これって、花びらがおさるの顔に見えるランですか?
日本では見かけませんが、さっそく調べてみました。
素晴らしいですね。色はいろいろあるのですか?

私は今凝って育てているのが紫蘭の種類です。
庭の大きな木々のそばに、紫、白、黄色、あおと
今が開花中で可憐なランです。
でも青と黄色は増えないし、小さな株なんです。

お散歩中にいろいろな植物をみながら、
体のために楽しめるのは最高です。
それぞれの写真をじ~っとみつめ、想像できる
時間をくださり、ありがとうございます。

お散歩中にノーリードのワンコには十分
お気を付けくださいね。私も後期高齢犬
の飼い主です。


Commented by meife-no-shiawase at 2022-05-06 08:20
色々なお散歩コースがあるのがいいですね。
いつもなおこさんのお散歩コースはあまり人のいない風景が多かったので
今回、沢山の人が映っていてちょっと新鮮でした。笑。

台湾はすごく綺麗な自然の公園などで、おじさんやおばさんたちが
ものすごい音量でカラオケをしていることが多いです。
雰囲気ぶち壊し・・・って思うことも多いのですが(笑)
音程のずれたカラオケなら、ラップ調の音楽のほうがいいかもしれないです。笑。

雨の日にはYoutubeなどでできる有酸素運動などもいいかもしれません。
普段動かさない下半身などを動かすと新陳代謝が良くなって
脂肪燃焼などにも効果があるそうです。
きちんとしたコーチなどが作っている動画などは
そんなにきつくないのに、効率よく代謝するプログラムになっていて
私も外が暑すぎるときなど家でやっています。オススメです♪
Commented by koito_hari616 at 2022-05-06 11:43
こんにちは

春のお花が次々と可愛く咲いて流石イタリアですね

自生の「おサルの蘭」って、気になります
花弁がサルのお顔何でしょうか?
綺麗な色ですね♪
Commented by ciao66 at 2022-05-06 15:44
ご近所にもとても素敵な散歩道が有っていいですね!
いろんな花が咲いているし、小川も有って、遠景の街も見られて、変化にも富んでいるようです。

静かないい散歩道にリードをつけない犬がいるのは困りますね!後ろから迫られると気づきませんし、自分勝手な言い分の飼い主は何処にも少数ながらいますね。犬と自分のことしか頭にないのでしょう。

明るいイタリアにはひなげしの花が良く似合いますね!
ご近所散歩の記事、また楽しみにしています♪
Commented by katananke05 at 2022-05-06 22:44 x
すごい長い距離歩いてられますね、、
私は時々駅まで35分くらい歩き
それから買い物や 図書館や 銀行によって 帰りはバスに乗って帰れば
八千歩くらいかなあ、、
横浜市が無料で 万歩計をくれたので それで測ります(携帯でも測れるケどね)
本当は五千歩でも
毎日というのが良いのでしょうが
家にだけいる時はきっとせいぜい千五百歩くらいでしょうね〜
Commented by milletti_naoko at 2022-05-06 23:10
はるさん、こんにちは。そうなんです。我が家の近所には、小さい森のようなところもあり、大きな庭やオリーブ園がある家も多いので、車道の脇にこの蘭が咲くのを見たこともあるのですが、このときは、家に咲くとはと驚きました。

紫蘭を育てられているんですね。蘭は、一つひとつの小さな花が、おさるや妖精やメイドさんのように見えて、かわいらしい花も多いですよね。ペルージャやウンブリアで見かける自生のおさるの蘭は、たいていこういう色をしています。

花の写真も楽しんでくださったんですね。うれしいです。

ありがとうございます。気をつけます。飼い主の方がもっと気をつけてくれますように。リードをつけて散歩する飼い主や、つながれていなくても飼い主のそばを離れず、人に向かって吠えたりしない犬が大半なのです。
Commented by milletti_naoko at 2022-05-06 23:17
メイフェさん、すぐ近くに緑のコースがあり、なんと歩いてトラジメーノ湖まで行けるということで、興味津々です。こんなふうにずっと緑の道だといいのですけれども。ふだんは人が多くても、そういう場所や機会は避けて撮影するようにしているのですが、こんなふうに遠ければ顔も判別できまいと、集会があったことが分かるようにと撮ってみました。

なんと自然公園でカラオケ大会が催されることが多いとは! 日本でも花見のカラオケにおいおいと思うことはありましたが、年中では困りますね。確かに大音量で音程のはずれた歌が、緑の中で聞こえ続けては、雰囲気が壊れますよね。

下半身を動かす有酸素運動ですか。ありがとうございます。今後暑くなったり、ひどい雨になったりするようであれば、またぜひみてみたいと思います。運動に関しては三日坊主にならないようにと、とりあえず1か月は最低30分の散歩を続けたいのですが、できるかなできるかな。姿勢も整えるための3、40分の体操も、並行して毎日しようと考えていたのに、1日で挫折してしまったわたしです。どうやら、下半身や脂肪燃焼に特定した運動がいいらしいとは聞いているので、こちらも暑くなったら歩くのは難しいでしょうから、ぜひ見てみますね♪
Commented by milletti_naoko at 2022-05-06 23:33
結うさん、こんにちは。野にも山にも庭にも、花が咲いて、まさに「春が来た」なあと、散歩が楽しいです。

おさるの蘭は、イタリア語名もラテン語の学名でもそういう名がついているのですが、一つひとつの小さな花が一匹のおさるさんに見えるからです。きれいで、かわいらしい花ですよね。
Commented by milletti_naoko at 2022-05-06 23:48
ciao66さん、ありがとうございます。

広瀬川の清らかな水が流れ、緑が多く、遠くまで見渡せる見晴らしのいい散歩道もすてきですが、こんなふうに町中にあっても、緑の木がうまく建物を隠して、自然の中にある雰囲気がある散歩道もいいなあと思いました。この頃では野バラにひなげしと咲く花が増えていき、歩く楽しみになってありがたいです。
Commented by milletti_naoko at 2022-05-06 23:54
katananke05さん、せっかくだからと少し足を伸ばして、さらに向こうへと歩いてみることにしました。万歩計がちょっと見当たらないのですが、距離的にはちょうど健康にいいくらいだと思います。最近イタリアのラジオで、毎日歩く量の目安としては、1万歩より7千歩の方が健康にはいいと言っていたのですが、裏づけがあるかはどうかはまた、詳細を調べてみたいと考えています。

そうなんです。うちにだけいると、ついつい運動不足になりますよね。感染下でオンラインの仕事が増え、この2年で増えた体重を落とすためにも、歩き続けられるよう、頑張ります!

Commented by sunandshadows2020 at 2022-05-13 01:23
木々の緑が綺麗な季節ですね。
至る所に素敵な散歩道があるのが羨ましいそちらです。
医者達は言います、一度に沢山の運動をするより毎日少しでも繰り返すのが良いと。
私も次回の医者の予約が来月あるので運動しなければならないのに寒くて。ダメですね。
Commented by milletti_naoko at 2022-05-15 05:05
お転婆シニアさん、時々30分だけしか歩かないことがあるのですが、できれば毎日1時間歩けるように心がけています。なるほど、運動も一度にたくさんよりも、毎日少しでも繰り返す方がいいのですね。語学学習といっしょですね。なんだかんだ言いつつ、フランス語学習の再出発が遅れているわたしです。

そちらはまだそんなに寒いんですね! こちらは急に日中暑くなったので、夕方も歩くと暑いほどです。
by milletti_naoko | 2022-05-05 20:28 | Umbria | Trackback | Comments(12)