イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

そら豆とパンチェッタのパスタ エルバ島の旅思い出し畑の豆をむきむき

そら豆とパンチェッタのパスタ エルバ島の旅思い出し畑の豆をむきむき_f0234936_22553371.jpg
 昨日、お義父さんが、畑で摘んできたそら豆とえんどう豆を、わたしたちにもたくさん分けてくれたので、今朝はまずひたすら、そら豆(fave)えんどう豆(piselli)をさやから出して、

そら豆とパンチェッタのパスタ エルバ島の旅思い出し畑の豆をむきむき_f0234936_22374867.jpg

そら豆とえんどう豆を分けながら、容器や皿に入れていきました。

 義父は畑で、以前からずっと、えんどう豆も育てていたのですが、えんどう豆はお義母さんが収穫して、特に日曜の大家族での昼食用にと料理していました。そのため、わたしは、畑で取れたさや入りのそら豆は見たことがあっても、さや入りのえんどう豆は見たことがありませんでした。

そら豆とパンチェッタのパスタ エルバ島の旅思い出し畑の豆をむきむき_f0234936_22420915.jpg

 上の写真で、右の二つがそら豆、左の二つがえんどう豆のさやなのですが、お義父さんがどちらも混じったまま、豆を分けてくれたとき、最初わたしは、えんどう豆のさやは、単にまだ小さいうちに摘んだそら豆のさやだと思い込んでいました。

 それで、義父の言葉に、「ああこれは、えんどう豆だったんですね」と言ったら、あきれられてしまいました。

そら豆とパンチェッタのパスタ エルバ島の旅思い出し畑の豆をむきむき_f0234936_22472068.jpg

 えんどうは、中に時々、緑がそれはきれいな豆があって、畑の緑の宝石だなあと思いました。

そら豆とパンチェッタのパスタ エルバ島の旅思い出し畑の豆をむきむき_f0234936_22484276.jpg

 ただ、以前はお義母さんがちょうどおいしい頃に収穫していたえんどう豆が、わたしも夫も義弟夫婦も今まで採ったことがないために採らずにいたら、育ちすぎてしまい、収穫されないまま炎天下で乾燥し始めてしまった模様です。というわけで、イタリアの料理の本に、硬さに応じて15分から30分間、沸騰した湯に塩を入れてゆでると書いてあるえんどう豆を、30分ゆでてもまだ硬いので、さらに20分ゆでたら、ようやく皮が何とか柔らかくなりました。

そら豆とパンチェッタのパスタ エルバ島の旅思い出し畑の豆をむきむき_f0234936_22333742.jpg

 そら豆の方も、やはりかなり育ってしまった豆が多かったので、沸騰した湯に塩を入れ、30分ゆでました。ゆでたそら豆は、さらにその薄皮をむきました。

 そうして、玉ねぎ少々をオリーブオイルで少し炒めてから、パンチェッタを加えてさらに炒め、くたくたになるまでゆでて薄皮から取り出したそら豆、塩とコショウ少々を加えました。そうして、火を止めてから、このソースの上にパルミジャーノチーズをすり下ろして加え、オリーブオイルを上から回しかけて、ゆで上がったパスタを加えて混ぜて、そら豆とパンチェッタのパスタができ上がりました。育ちすぎて、薄皮を取っても少し癖のある苦味が残るそら豆が、パルミジャーノとパンチェッタのおかげで、独特のおいしいソースとなり、そら豆は苦手な夫も、おいしいと喜んでくれました。

そら豆とパンチェッタのパスタ エルバ島の旅思い出し畑の豆をむきむき_f0234936_23050826.jpg
Ristorante Cacio e Vino, Isola d'Elba (LI), Toscana 24/5/2010

 実はわたし自身も、そら豆は昔から苦手だったのですが、かつてトスカーナのエルバ島(Isola d'Elba)を旅行中に、島のレストランで、そら豆とパンチェッタのそれはおいしいパスタを食べたことがあって、それ以来、時々自分でも、その味を再現しようと何度か作っているのです。

 夫は記憶にないようなのですが、今この記事を書くにあたって、調べてみたら、なんとそのときのレストランのそら豆入りのパスタの写真が見つかりました。

そら豆とパンチェッタのパスタ エルバ島の旅思い出し畑の豆をむきむき_f0234936_23130234.jpg

 このCacio & vinoというレストランです。この名前の店は今もこの場所にあって、評判もいいようなのですが(リンクはこちら)、わたしたちが食べたのは12年前のことですから、経営者やシェフが変わっている可能性もあります。

 そら豆をこんなにおいしく食べられるパスタがあるのだと感嘆したことを、殊更に覚えていたこの店は、当時の旅行の写真を見ると、このメニューを書いた黒板の向こうに、

そら豆とパンチェッタのパスタ エルバ島の旅思い出し畑の豆をむきむき_f0234936_23165593.jpg

青い海と緑の山、海岸線も見える、とても見晴らしのいい店でもあったようです。

そら豆とパンチェッタのパスタ エルバ島の旅思い出し畑の豆をむきむき_f0234936_23185520.jpg

 記憶にはなかったのですが、こういう前菜も食べていました。

そら豆とパンチェッタのパスタ エルバ島の旅思い出し畑の豆をむきむき_f0234936_23222195.jpg

 そうして、ひょっとしたらと思って探してみたら、この旅行のときにはまだ日記をつけていて、店について、こんなふうに書いてあります。

「たまたま風景が気に入って出くわした店で食べたのだけれど、値段が高いものの、とくにパスタがとてもおいしかった。店の主人夫婦の話を聞くのも、町の暮らしや島の産業についてよく分かり、興味深かった。主人マッシモが、待ち時間にと持ってきてくれた『Come eravamo』というエルバ島のかつての暮らしを語る写真集もおもしろかった。どうも昔はイルカもとっていたようだ。」

そら豆とパンチェッタのパスタ エルバ島の旅思い出し畑の豆をむきむき_f0234936_23254880.jpg

 ブログを書き始めてからも、何度か日記を書き始めたものの、結局途中でやめてしまうことになり、最近ではもう日記を書こうともしなくなってしまいましたが、写真や日記を通して、こんなふうに自分自身では忘れてしまっていた旅のことを思い出せるのはいいなあと思いました。

そら豆とパンチェッタのパスタ エルバ島の旅思い出し畑の豆をむきむき_f0234936_23270804.jpg

 せっかくなので、わたしも写った写真もご紹介しておきます。相変わらず目をつぶってしまっていますが、二人とも若かったなあ、あれからもう10年以上時が流れたのだなあと、自分たちの写真を見て、改めてそう思いました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:5月16日は旅の日
by milletti_naoko | 2022-05-20 23:29 | Gastronomia