イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

なおも来るクラシックカー パノラマ ペルージャの町

なおも来るクラシックカー パノラマ ペルージャの町_f0234936_21374877.jpg
 ベレー帽もTシャツも、色までおそろいの二人が、ペルージャ歴史的中心街を、クラシックカーで

なおも来るクラシックカー パノラマ ペルージャの町_f0234936_21134356.jpg
Perugia, Umbria 22/5/2022

さっそうと走っていきます。

なおも来るクラシックカー パノラマ ペルージャの町_f0234936_21155245.jpg

 車も二人も、後ろ姿もとてもいい感じです。

なおも来るクラシックカー パノラマ ペルージャの町_f0234936_21190116.jpg

 日曜日、ジェラートを片手に公園へと歩き始めたら、こうしてクラシックカーが次々に目の前を走っていくので、しばらく立ち止まって車を眺め、撮影したのですが、「この車いいなあ」と思って、構えている間に走り去ってしまうことも少なくありません。

なおも来るクラシックカー パノラマ ペルージャの町_f0234936_21214748.jpg

 広場でジェラートを食べ終わってからは、まずは町の見晴らしを楽しもうと、こちらの眺めのいい場所へとやって来ました。

なおも来るクラシックカー パノラマ ペルージャの町_f0234936_21232432.jpg

 とんがり屋根の鐘楼が小さく見えるサン・ピエートロ教会まで、中世の町並みが続いていて、その左手、写真の左端に、青く霞んむスバージオ山(Monte Subasio)とその中腹にあるアッシジ(Assisi)中心街の町並みが小さく見えています。

なおも来るクラシックカー パノラマ ペルージャの町_f0234936_21261831.jpg

 下を見やれば、教皇パオロ3世が16世紀に、ペルージャ有力貴族の館や周囲の住宅を破壊し、かつてあった住宅街や館を覆い尽くすように建造したパオリーナ要塞(Rocca Paolina)の入り口と、その上にはめ込まれた古代エトルリア時代の門、マルツィア門(Porta Marzia)が見えます。

 そうして、わたしたちが立っていた歩道の脇に建つ塀の下方には、どこからか飛んできた種から育った花が、たくさん咲いていました。

なおも来るクラシックカー パノラマ ペルージャの町_f0234936_21352311.jpg
 天然の花畑だねと、夫が言います。

なおも来るクラシックカー パノラマ ペルージャの町_f0234936_21370046.jpg

 そうして、音を聞いて後ろをふり返ると、眺望を楽しむわたしたちの後方を、またもクラシックカーが走っていきます。

なおも来るクラシックカー パノラマ ペルージャの町_f0234936_21374877.jpg

 運転者も同乗者も、クラシックカーが活躍していた当時のものと思われるヘルメットをかぶっています。

なおも来るクラシックカー パノラマ ペルージャの町_f0234936_21394884.jpg

 イタリアの古いパトカーも走っていて、夫や友人たちが、懐かしがっていました。

なおも来るクラシックカー パノラマ ペルージャの町_f0234936_21425950.jpg

 最後尾の車が走り過ぎるのを見送ってから、せっかくなので、ペルージャの町を散歩することにしました。

なおも来るクラシックカー パノラマ ペルージャの町_f0234936_21435491.jpg

 上の写真で、クラシックカーが周囲をぐるぐる回っていたのは、こちらのペルージャ県庁舎です。

なおも来るクラシックカー パノラマ ペルージャの町_f0234936_21450235.jpg

 この後も、歩いていると、007が身を乗り出して、銃撃戦が始まりそうな車などが、

なおも来るクラシックカー パノラマ ペルージャの町_f0234936_21464017.jpg

日曜で人も多い目抜き通りを、ゆっくりゆっくりと

なおも来るクラシックカー パノラマ ペルージャの町_f0234936_21473155.jpg

前を歩く人が道を開けるのを待って、走っていきました。

 晴れて日中は暑いほどなので、通りの中央には、レストランやバールの屋外席があり、日除けの大きなパラソルが並んでいます。この車などはひどく大きいので、果たして通り抜けることができるのだろうかといぶかりながら、4人で後ろ姿を見送りました。

 かつて、中心街の大噴水のあたりに、ずらりと並ぶクラシックカーを見たことはあったのですが、町を走っていくクラシックカーを見るのは、また別の風情があっていいなあと思いました。

関連記事へのリンク



Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/32681230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by koito_hari616 at 2022-05-25 11:46
こんにちは

クラッシックな都市にクラッシックカ―!
素敵な美しい街並みですね~♪
Commented by katananke05 at 2022-05-25 21:36 x
石造りの美しい建物に
クラシックカーは合いますね〜
ネットなどで集合がかかったのでしょうね〜
わたしも たまたま出かけた東京原宿で クラシックカーの 集まり走行を 見かけましたよ〜
だいたいは 中高年でしたけどね〜 可愛く美しく絵になるなつかしい 車ですよね〜

赤い果実のスモージーのところにも ちょっと入れてるよ〜
Commented by meife-no-shiawase at 2022-05-25 22:18
これは・・・なにかのイベントですか?
それとも日常の風景なのでしょうか?
私には映画のワンシーンにしかみえません。笑。

ポリスもなんだか私の中でのイタリアのイメージ。
なんだか楽しそう。笑。

こんなに次々と色々なクラシックカーが来ていたら
車好きにはたまりませんね。
そうでなくても一台一台、運転している方も含めて興味津々に見てしまいます。
Commented by milletti_naoko at 2022-05-26 05:45
結うさん、こんばんは。ありがとうございます。

古代エトルリア時代から古代ローマ、中世、ルネサンスと、いろいろな時代の名残が残るペルージャの町を、一昔前のクラシックカーが走っていく。いいなあと思いました♪
Commented by milletti_naoko at 2022-05-26 05:50
katananke05さん、街並みによく合っていて、いいなあと思い、夢中で写真を撮りました。

新宿でクラシックカーが集まって走っているのを、ご覧になったことがあるんですね! 皆さん、ロマンを持って、大切にされている車なんでしょうね。

遅くなりましたが、スムージーの記事のコメントにもお返事いたしました。
Commented by milletti_naoko at 2022-05-26 06:09
メイフェさん、実はこれは特別なイベントがあってのことだったのですが、友人たちはそれを知っていたものの、わたしたちはたまたま訪ねたら、クラシックカーが走ってきたので、びっくりしました。乗っている人たちも、見る人も、皆が楽しんでいたように思います。

車が好きな方には車種やいつ製造されたものかということまで分かって、楽しみがさらに多いようです。
Commented by yuta at 2022-05-29 07:51 x
クラッシックレースですか。
日本でも行われますよ。
当時の車は会社ごと車種ごとに個性があり魅力的です。
今は世界どこの車も似たようなのばかりで面白味がありません。
Commented by milletti_naoko at 2022-05-29 22:11
yutaさん、そうなんですね。
確かに昔の車の方が、それぞれの個性や特色がかなりありますよね。こんな形、色の車があるのかと、この日も見ていて驚きました。
by milletti_naoko | 2022-05-24 21:57 | Umbria | Trackback | Comments(8)