イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

畑で採れたアーティチョーク揚げ 残りの衣でパンケーキ

畑で採れたアーティチョーク揚げ 残りの衣でパンケーキ_f0234936_22322159.jpg
 今年も畑で元気に育つアーティチョーク(carciofo)のつぼみを、

畑で採れたアーティチョーク揚げ 残りの衣でパンケーキ_f0234936_22280113.jpg

お義父さんが時々収穫しては、わたしたちにも分けてくれます。おとといだったか、「今年はこれが最後だよ」ともらった五つのつぼみを、

畑で採れたアーティチョーク揚げ 残りの衣でパンケーキ_f0234936_22300908.jpg

昨日の昼、てんぷらの衣をつけて揚げました。貴重なオリーブオイルだからと、量を惜しんで使って揚げたために、泡がたくさん出ていますが、

畑で採れたアーティチョーク揚げ 残りの衣でパンケーキ_f0234936_22322159.jpg

からりとおいしく焼けました。わたしはふだん、衣には塩を入れずに、揚がってから塩を上からふりかけるのですが、食べてみて少し塩気が足りないように思ったので、次回からは、カルチョーフォをもう少し小さめに切って揚げるか、衣自体、あるいは衣をつける前にカルチョーフォ自体に、塩を少しふっておいた方がいいなと思いました。とにもかくにも、食にうるさく、アーティチョークも苦手な夫が、おいしいと言って食べてくれたので、よしとしましょう。

 一つひとつ花びらを外から取り除いていったり、酢水につけて黒くならないようにしたりと、下準備にひどく時間がかかるため、料理する前のアーティチョークを撮影するのを、うっかり忘れてしまったため、グーグルフォトで2013年のなんと今日、6月2日に撮影していた畑のアーティチョーク(イタリア語ではカルチョーフォ)の写真を、冒頭に載せました。

畑で採れたアーティチョーク揚げ 残りの衣でパンケーキ_f0234936_22430332.jpg

 昨日は有給休暇を取って、朝は畑仕事をした夫が収穫してくれたサニーレタスも、おいしかったです。

 鍋で炊いたばかりの玄米ごはんがあったので、やはり自家製の卵で、卵ごはんにして食べました。左上に写っているのは、夫が苦手なそら豆をおいしく食べてもらおうと作ったそら豆カレーです。

畑で採れたアーティチョーク揚げ 残りの衣でパンケーキ_f0234936_22463546.jpg

 さて、お義父さんからもらったカルチョーフォは、大きいつぼみが二つ、小さめのつぼみが三つでした。というわけで、てんぷらの衣は、小麦粉をいつもの半分の量を使って作ったため、卵の割合が多い衣となりました。

 そうして、余った衣がもったいないからと、ふくらし粉と砂糖少々を加えて、パンケーキを焼きました。牛乳ではなく、水を使ってはいるのですが、バターとジャムを載せて食べた夫が、おいしかったよと言ってくれました。

 ちなみに、お義母さんは、揚げ物の際には卵は使わずに衣を作っていたのですが、最後に余った衣だけをフライパンで焼いて、と言うよりは揚げていました。



 そうして、それは、ウンブリアでは、アルヴォルトロ(arvoltolo)、あるいはブルステンゴ(brustengo)と呼ばれる伝統的な料理の一つでもあります。

 さて、カルチョーフォと言えば、

畑で採れたアーティチョーク揚げ 残りの衣でパンケーキ_f0234936_22575030.jpg
23/5/2022

実はわたしが、最近よく歩く小道の脇にもあって、ずいぶん前から、つぼみが育っています。

畑で採れたアーティチョーク揚げ 残りの衣でパンケーキ_f0234936_23001503.jpg
2/6/2022

 最近では、先の写真の大きなつぼみの他にも、小さなつぼみがいくつもできているのですが、こんなふうにペルージャ大学工学部の敷地のすぐ外の、けれども前に畑が広がる場所にあり、周囲には雑草が茂っているので、誰かが育てているわけではなさそうです。

 このまま放っておいたら花が咲いてしまうのではないかしら、それももったいないけれども、誰かのものかもしれないしと思いながら、ほぼ毎日、そばを歩いて通り過ぎているわたしです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:5月7日はコナモンの日
by milletti_naoko | 2022-06-02 23:03 | Gastronomia