イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

空とみどり映すトラジメーノ湖あかあかと染め夕日ゆく

 6月19日日曜日に、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)の南の岸にある村、サンタルカンジェロ(Sant'Arcangelo)の桟橋へと、夕日を見送りに行くと、

空とみどり映すトラジメーノ湖あかあかと染め夕日ゆく_f0234936_21295768.jpg
Tramonto al Lago Trasimeno, Magione (PG), Umbria 19/6/2022

沈みゆく夕日に、空も湖も赤く染まり、それは美しい夕景を見ることができました。

空とみどり映すトラジメーノ湖あかあかと染め夕日ゆく_f0234936_21354719.jpg

 車で到着した頃は、まだ太陽がまぶしく輝いていました。

空とみどり映すトラジメーノ湖あかあかと染め夕日ゆく_f0234936_21363613.jpg

 穏やかな湖面が、周囲の草木や空を、鏡のように映し出しています。その湖面に、日本ではフランス鴨、台湾アヒルなどとも呼ばれるらしいカモ科の鳥、目の周囲が赤いノバリケン(anatra muta)がいます。

空とみどり映すトラジメーノ湖あかあかと染め夕日ゆく_f0234936_21435325.jpg

 保護区の猫たちの視線を浴びながら、駐車場から桟橋へと歩いていきます。

空とみどり映すトラジメーノ湖あかあかと染め夕日ゆく_f0234936_21443217.jpg

 桟橋から右手を見ると、空も湖もまだ青く、水鏡がきれいです。

空とみどり映すトラジメーノ湖あかあかと染め夕日ゆく_f0234936_22063270.jpg

 西の湖畔にあるカスティッリョーネ・デル・ラーゴの町並みの右手に沈んでいくまばゆい夕日を、さらに近くから見ようと、

空とみどり映すトラジメーノ湖あかあかと染め夕日ゆく_f0234936_22080394.jpg

桟橋の先端へと、さらに歩いていきます。

空とみどり映すトラジメーノ湖あかあかと染め夕日ゆく_f0234936_22085002.jpg

 すぐ近くにヌートリアがいることに、夫が気づいて教えてくれました。

空とみどり映すトラジメーノ湖あかあかと染め夕日ゆく_f0234936_22093942.jpg

 この頃は、まだ地平線近くに、サハラ砂漠から飛来した砂の層があったようです。

 雲がないのに、空が夕日に色づくのをを見ることができたのは、そのおかげでしょう。

空とみどり映すトラジメーノ湖あかあかと染め夕日ゆく_f0234936_22112172.jpg

 右手を見やると、東の空は桜色に染まり、近くの丘の向こうに、テッツィオ山が青く見えています。

空とみどり映すトラジメーノ湖あかあかと染め夕日ゆく_f0234936_22121913.jpg

 湖面に伸びる金色の光の帯が長くなっていきます。水位が低くなってしまったために、トラジメーノ湖の水面には、今ではあちこちに水藻が育っています。

空とみどり映すトラジメーノ湖あかあかと染め夕日ゆく_f0234936_22143231.jpg

 刻々と移り変わる空と湖の色が美しく、完全に沈んでしまう少し前まで、ついカメラを手に取っては、撮影しました。

空とみどり映すトラジメーノ湖あかあかと染め夕日ゆく_f0234936_22160731.jpg

 夕日が沈んだあと、空がたそがれていく様子も美しいのですが、もう午後9時になろうとしていたため、桟橋から駐車場へと引き返しました。こちらを見やる猫が、かわいらしいです。

空とみどり映すトラジメーノ湖あかあかと染め夕日ゆく_f0234936_22173737.jpg

 葦の向こうでは、地平線近くの空と湖が、桜色を帯びています。

空とみどり映すトラジメーノ湖あかあかと染め夕日ゆく_f0234936_22185453.jpg

 名残を惜しみつつ、ペルージャへの帰途につきました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:6月1日は写真の日
by milletti_naoko | 2022-07-06 22:20 | Umbria