イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

緑に花映えて美しい森をラヴェルナ修道院へ

緑に花映えて美しい森をラヴェルナ修道院へ_f0234936_20132566.jpg
 6月25日土曜日に、ラヴェルナ修道院(Santuario della Verna)を頂く岩壁の下に向かって、

緑に花映えて美しい森をラヴェルナ修道院へ_f0234936_18460674.jpg
Santuario della Verna, Chiusi della Verna (AR), Toscana 25/6/2022

草が生い茂る野原を横切って歩くと、

緑に花映えて美しい森をラヴェルナ修道院へ_f0234936_18495562.jpg

聖ヨハネの日の翌日でもあり、聖ヨハネの草(erba di San Giovanni)とも呼ばれるセイヨウオトギリソウ(iperico)が、たくさん咲いていました。

緑に花映えて美しい森をラヴェルナ修道院へ_f0234936_18560231.jpg

 そうして、ラ・ベッチャ(La Beccia)の駐車場から参詣路をしばらく歩くと、赤いひなげし(papavero)の花も、まだたくさん咲いていました。アッシジの聖フランチェスコの壁画を通り過ぎた先にある石垣に咲く、このひなげしの花は、年々花の数が増えて、咲く場所が広がっているように思います。

緑に花映えて美しい森をラヴェルナ修道院へ_f0234936_19001634.jpg

 参詣路から、石の門の脇を通って中に入ると、この紫色の花が、たくさん咲いていました。もう何年もの間、幾度となく通っている道ですが、この花を見るのは初めてであるように思います。

緑に花映えて美しい森をラヴェルナ修道院へ_f0234936_19335306.jpg

 苔むす岩とブナの葉の緑が美しいラヴェルナの森(Bosco della Verna)の中でもまた、清楚なピンクの花に出会いました。自生の白い蘭に似ているけれども、花がピンク色で、色と姿はグラジオラスにも似ていますが、それにしては花が小さいように思います。

 上の紫色の花にしても、このピンクの花にしても、不思議なことに、見かけたのは撮影した場所だけでした。雨が降らず、ひどく暑い日が続いていたのに、思いがけずまだ咲く花に出会えて、うれしかったです。

緑に花映えて美しい森をラヴェルナ修道院へ_f0234936_19383592.jpg

 若干急な坂道を登り終えると、お気に入りの風景が、わたしを優しく迎えてくれます。風情ある岩が両側に並んでいて、森の神殿の入り口のようです。

緑に花映えて美しい森をラヴェルナ修道院へ_f0234936_19452517.jpg

 咲く花に、蝶たちもうれしそうです。

緑に花映えて美しい森をラヴェルナ修道院へ_f0234936_19461397.jpg

 この日、森であちこちに咲いていて、一番よく見かけたのは、こちら、フウロソウ属の花です。つぼみが鶴のくちばしのように長いのが特徴だと、2015年に通った薬草学講座で教わったのですが、似た花も多く、品種まで特定する自信がないため、ただ今、花の名前について、講座の仲間や先生に問い合わせているところです。

緑に花映えて美しい森をラヴェルナ修道院へ_f0234936_20010865.jpg

 まだ咲いている蘭(orchidea)の花もありました。

緑に花映えて美しい森をラヴェルナ修道院へ_f0234936_20015792.jpg

 かつて6月半ばに、黄花藤が一面に咲いていて、それは美しい場所を、ちょうど花盛りのときに通ったことがあり、山にある森の中だからひょっとしたらと期待していたのですが、もう花は終わっていました。その代わり、同じように日の光の色をした星の形の花が、地面にたくさん咲いていました。

緑に花映えて美しい森をラヴェルナ修道院へ_f0234936_20070486.jpg

 もうかなり長い間、毎朝のウォーキングコースでも花盛りのチコリ(cicoria)の花が、ラヴェルナの森でも、日当たりのいいところに咲いていました。優しい蝶が、わたしが撮影を終えるまで、動かずにいてくれました。

緑に花映えて美しい森をラヴェルナ修道院へ_f0234936_20132566.jpg

 ようやくラヴェルナ修道院の境内に入り、教会の傍らを歩くと、ちょうどそのとき、教会の中で合唱団が歌う『Fratello sole, sorella luna』の歌が聞こえてきたので、感動しました。アッシジの聖フランチェスコの人生を描く同名の映画の主題歌です。





“Dolce è capire che non son più solo
ma che son parte di una immensa vita
che generosa risplende intorno a me
dono di Lui, del Suo immenso amore
Ci ha dato il Cielo e le chiare Stelle,
Fratello Sole e Sorella Luna
La Madre Terra con Frutti, Prati e Fiori,
il Fuoco, il Vento, l’Aria e l’Acqua pura
fonte di Vita per le Sue Creature
dono di Lui, del suo immenso amore
dono di Lui, del suo immenso amore”


「もうひとりではない、僕の周囲で惜しみなく
輝きを放つ、無限の生命の一部なのだと分かると、
穏やかな喜びに胸が満たされる。
神から、その無限の愛情から授かった贈り物。
神は、私たちに空を、そして光り輝く星、
兄弟である太陽、姉妹である月を贈ってくれた。
母なる大地を果実、草原、花々と共に。
そして、火・風・空気に清水、被造物にとっての生命の源をも。
神から、その無限の愛情から授かった贈り物。
神から、その無限の愛情から授かった贈り物。」(石井訳)


 自然を、そして弱き者をことさらに愛した聖フランチェスコが、きっと慈しんだであろうひなげしの花が、このとき、右手の石垣の上にたくさん咲いていました。

緑に花映えて美しい森をラヴェルナ修道院へ_f0234936_20274341.jpg

 この日は歌をよく聞こうと、このまま足早に教会入り口の前まで歩いて、歌がもう終わろうとしていたので、中には入らずに、扉の前で耳を澄ませて、最後まで聴きました。そのあとは、境内から駐車場へと坂道を下っていきました。

緑に花映えて美しい森をラヴェルナ修道院へ_f0234936_20302419.jpg

 参詣路の傍らにある石垣を、涼やかな色をしたツリガネソウが彩っていました。

 翌週の土曜日、同じ森を歩いたときには、わずか1週間だというのに、かなりの花が姿を消し、森の緑がいっそう深くなっていました。けれども、歌が聞こえてきたとき、境内の石垣の上に咲いていたひなげしは、まだたくさんの花がきれいに咲いていました。いつかまた、その写真もご紹介できればと考えています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:5月20日は森林(もり)の日
by milletti_naoko | 2022-07-11 20:36 | Toscana