イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

オルヴィエート・湖へ15ユーロで旅できるUmbria GO

 先週久しぶりに訪ねたオルヴィエート(Orvieto)では、青空の下、大聖堂のモザイクの金色が、日の光に輝いて、まぶしいほどでした。

オルヴィエート・湖へ15ユーロで旅できるUmbria GO_f0234936_22194391.jpg
Duomo di Orvieto, Orvieto (TR), Umbria 18/7/2022

 結果的には、土曜日に夫と二人で、わたしが車を運転して行ったのですが、実は、わたし一人で、観光客が少なめであろう前日の金曜日に、電車で行くつもりでいました。7月1日に、在外投票のために電車でローマに行って以来、電車の便利さを改めて感じたからでもありますし、ほぼ毎朝、ウォーキングでしばらく線路沿いを歩いてみて、どの電車も時刻にほぼ正確に運行されていることに、感心したからでもあります。

オルヴィエート・湖へ15ユーロで旅できるUmbria GO_f0234936_05022451.jpg
Passignano sul Trasimeno (PG), Umbria 15/8/2018

 そして、ウンブリア観光周遊1日切符、Umbria GO1を購入すれば、15ユーロで、地方普通列車の二等車で、ペルージャとオルヴィエート間を往復できる上に、オルヴィエートの鉄道駅と岩壁の上にある歴史的中心街を結ぶケーブルカー(funicolare)も、この切符、Umbria Go1があれば、別に料金を払わずに、何度でも利用できるからです。上の写真は、この観光周遊切符を利用して、トラジメーノ湖を船で周遊したときに、撮影したものです。

 いつもは車で中心街や岩壁の下まで行っているため、ケーブルカーには乗ったことがないので、いつか乗ってみたいと、ずっと考えています。

オルヴィエート・湖へ15ユーロで旅できるUmbria GO_f0234936_23063975.jpg
Nihori Ristorante Giapponese, Orvieto (TR), Umbria 23/4/2022

 そうして、一人で行こうと思った最大の理由は、いつもの店で久しぶりに日本料理が食べたい、おいしい鮭の刺身が食べたいと思ったからでした。

 低地にあるオルヴィエートは夏は暑いからというもっともな理由で、近頃では週末には、夫が標高の高いラヴェルナや山に行きたがり、もう1か月もオルヴィエートには行っていませんでした。この店は、テーブルとテーブルの間に空間がしっかりと取られていて、トイレなども清潔ですし、開店したての12時に行けば、客もまだ少ないはずです。一人で食べる人もよく見かけますし、店の人とはもう顔なじみなので、一人でも昼食を十分に楽しむことができるでしょう。

オルヴィエート・湖へ15ユーロで旅できるUmbria GO_f0234936_23212909.jpg
https://www.google.com/maps/

 調べてみると、鉄道駅から店までは1kmで、歩くと12分ほどかかることが分かりました。それほどの距離ではありませんし、バスの便もあり、Umbria GOの切符があれば、ウンブリア州の公共交通機関は、有効期間内であれば、乗り放題です。

 ガイドつき地中ツアーも含む、オリヴィエート歴史的中心街の観光名所、10か所を、1年間にそれぞれ一度ずつ訪ねることができるお得なオルヴィエート観光カード、Orvieto Carta Unicaを持っていて、まだ訪ねていないところが2か所あるので、猛暑でも、カードを利用して、屋内で涼みながら、観光を楽しもうと考えていました。

オルヴィエート・湖へ15ユーロで旅できるUmbria GO_f0234936_23550496.jpg
9/7/2022

 結果的には、それならぼくもいっしょに行きたいと夫が言うので、土曜日に夫と車で行くことになり、土曜は観光客が多いので、屋内ではなく屋外を歩いたのですが、最近はガソリン代が1リットル2ユーロ近くすることもあり、一人で行くなら、駐車場もいらない電車の方がお得ですし、何より、運転をしなくて済むので、気が楽です。

オルヴィエート・湖へ15ユーロで旅できるUmbria GO_f0234936_02190661.jpg

 調べてみて、車を使わずに自分でもふらりと行って帰って来られることが分かったので、気軽に、そしてお得にウンブリア州内を旅行できる観光周遊券の存在がありがたいです。

オルヴィエート・湖へ15ユーロで旅できるUmbria GO_f0234936_05132555.jpg

 参考までに、わたしが前夜遅くまで、一人で行こうと時刻表を調べて、乗ろうと考えていた電車の発着時刻は、次の通りです。(先週調べていた情報はもうサイト上にないので、発着時刻が同じ今週金曜日の便の情報に代えて、ご紹介しています。)

オルヴィエート・湖へ15ユーロで旅できるUmbria GO_f0234936_00172423.png
https://www.fsbusitalia.it/

 ペルージャの家を朝ゆっくりと出て、オルヴィエートに正午前に着く、ちょうどいい便があるのです。1時間29分かかるのですが、ペルージャ・オルヴィエート間は約80kmあり、車でも1時間以上かかりますし、エアコンが必要な今は、ガソリン代も電車代と同じくらいかかりそうです。

 途中で乗り換えがありますが、マスクを外して外の空気を吸い、体を動かせるいい機会になりそうです。上の時刻表中、料金が10ユーロを超えるものは、特急列車も利用しているため、Umbria GOでは乗ることができません。ちなみに、わたしはローマに行ったときと同様に、

オルヴィエート・湖へ15ユーロで旅できるUmbria GO_f0234936_00571302.jpg
1/7/2022

ミニメトロの終着駅、ピアン・ディ・マッシアーノ駅(Stazione di Pian di Massiano)から、ミニメトロで鉄道駅に近いフォンティヴェッジェ駅(Stazione di Fontivegge)に行って、鉄道駅まで歩いて行って、電車に乗ろうと考えていました。ピアン・ディ・マッシアーノは我が家から近い上、広大な無料駐車場があって、そのただ中に駅があるからです。Umbria GOの切符があれば、ミニメトロの料金を別に払う必要はありません。ただし、最初に利用するときに、必ず刻印機で刻印をしておく必要があります。

 ペルージャ・オルヴィエート間の往復のように長距離になると、Umbria GOを使って旅した方が料金面でもお得なのですが、たとえば、ペルージャ中心街からアッシジや、トラジメーノ湖に行くという際にも、通常は、ペルージャ市内移動のための切符、ペルージャ・アッシジ間、あるいはペルージャ・トラジメーノ湖間のバスや切符、そして、アッシジ鉄道駅から中心街までのバスの切符やトラジメーノ湖の島行きの船の切符などを、別々の場所でそれぞれに購入する必要があるために、そのたびに列に並んだり、乗車・乗船の際に切符を刻印したりする必要があります。Umbria GOを購入しておけば、一度購入して刻印しておけば、あとは再び刻印する必要もなく、様々な交通機関に乗ることができるので、時間の節約にもなって便利です。

オルヴィエート・湖へ15ユーロで旅できるUmbria GO_f0234936_05301634.jpg
Isola Maggiore, Tuoro sul Trasimeno (PG), Umbria 10/8/2018

 たとえば、4年前の夏、通訳としてトラジメーノ湖に同行したときも、前日話をして、あらかじめUmbria GOをペルージャ鉄道駅で購入しておいたので、お客さまの希望に合わせて、島行きの船や近隣の湖畔の村へのバスや電車を、その日のうちであれば、好きなだけ利用できるようになっていました。

オルヴィエート・湖へ15ユーロで旅できるUmbria GO_f0234936_04525530.jpg
Assisi (PG), Umbria 3/4/2014

 一方、2014年に、やはり通訳としてアッシジに同行したときには、まだUmbria GOがありませんでした。そのため、ペルージャからアッシジへは電車、アッシジ駅からアッシジの中心街へはバスで行ったのですが、交通手段が変わるたびに、新たに切符を買って、乗車のたびに3人のお客さまが皆、切符を刻印されたかどうか確認しなければならず、慌しかったように覚えています。

オルヴィエート・湖へ15ユーロで旅できるUmbria GO_f0234936_02074661.jpg
https://www.google.it/maps/

 閑話休題。ペルージャからオルヴィエートへと車で行くときは、東回り、ペルージャやオルヴィエートに対して東の方にあるデルータやトーディを通る無料高速道路を通り、高速道路を降りてからは、テベレ川に沿ってオルヴィエートに向かいます。

 一方、電車で行くときには、西回り、ペルージャから、まずは西にあるトラジメーノ湖の北西にある駅まで行って、それから南へと下って、オルヴィエートに向かいます。

オルヴィエート・湖へ15ユーロで旅できるUmbria GO_f0234936_02330720.png
https://www.trenitalia.com

 そこで、この日は、せっかく湖の近くを通るのだからと、北の湖畔にある美しい村、パッシンニャーノ(Passignano)に寄ろうと考えていました。鉄道駅からも、歩いてトラジメーノ湖の岸辺や、中世の町並みが美しい中心街に行くことができるからです。

オルヴィエート・湖へ15ユーロで旅できるUmbria GO_f0234936_05335034.jpg
Stazione di Passignano sul Trasimeno (PG), Umbria 10/8/2018

 中世の古城で猫の写真展が開催されていたので、その写真展も訪ねられたらと考えていました。

オルヴィエート・湖へ15ユーロで旅できるUmbria GO_f0234936_02521105.png
https://www.trenitalia.com/

 結局は、夫と車でオルヴィエートに行ったので、パッシンニャーノに寄ることはなかったのですが、時刻表を見ると、しばらく湖畔や村を訪ね、さらに夕食を食べて夕日を見送ってから、ゆっくりとペルージャに帰れる便もあります。ただし、わたし自身は、午後7時発の電車で、ペルージャに戻るつもりでいました。

 先週土曜日こそ、オルヴィエートには夫と行きましたが、オルヴィエートにもトラジメーノ湖にも、そして、アッシジやスポレートなど、ウンブリア州の他の町にも、車を運転せずとも、電車やバスで気軽に行けることが分かったので、最近は、朝のウォーキングコースで、走る電車や駅を見るたびに、電車に乗って、ふらりとあちこち訪ねてみたい気分に誘われています。

参照リンク / Riferimenti web
- BUSITALIA - Umbira. GO
- BUSITALIA - Norme generali di utilizzo dei titoli di viaggio "Umbria Go" (pdf)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

Commented by cut-grass93 at 2022-07-19 09:11
最近のガソリン代が2ユーロもするんですね。( ;∀;)
日本では税金を二重にとられても170円+アルファ程度ですが。
車か公共交通機関、どちらで行くか悩ましいところですね。
Commented by nonkonogoro at 2022-07-19 09:42
私は運転できないし
夫も鉄道大好きなので
旅行は ほとんど列車です。

私一人でも 
電車で日帰りできるエリアでは
ふら~と 一人歩きしています。

誰かに合わせなくてもいいのは
とても気が楽だし
風景や その地の人との出会いを
じっくり感じることができて いいですよね。

それにしても 
今 ヨーロッパは暑いのですね。
以前は 日本よりだいぶ涼しかったので
各家庭には クーラーなどついていないのでしょうね。
私は扇風機しなない時代に育ちましたが
今では 熱中症の不安もあるので
やはり暑い時だけ
クーラーは使用しています。

Commented by ririrouzu at 2022-07-19 09:42
気持ち良き分かりますよ
日本で言う『青春切符のつかいかたですね
Commented by bondgirl333 at 2022-07-19 14:08
こんにちは^_^

私が食べたデパ地下のお寿司より美味しそうです。

まだまだ、世界情勢も安定しないし、コロナも収束しませんがイタリアマイラブ❤️
早く旅行に行きたいですね。
Commented by ciao66 at 2022-07-19 17:29
いつも車で行っているとケーブルカーには乗る機会はないですね。
ガソリンが上がって、毎日ウォーキングで電車を見ていると、電車の旅もいいねと思われたのですね。
さらにUmbria GOだと市内交通付きでお得に乗れて、切符も楽ちんでいいですね。あれこれ電車のダイヤを調べるのも楽しいかもしれません。
私が行ったときは電車でしたので、ケーブルに乗りましたよ。
乗っているときに空中から街が次第に下に見えて、ケーブルカー自体が観光になりますしね!
Umbria GOを使った、いつもとは違う旅のレポートを楽しみにしています♪
Commented by meife-no-shiawase at 2022-07-19 18:06
お得に回れる周遊切符を活用するのはいいことですね。
特に外国人には切符を一回一回買うのは結構大変ですし。

ヨーロッパだと電車は遅延のイメージがありますが(笑)
正確に運行されているのであれば、上手に使ったら効率がいいですよね。


トマトと玉子のお料理。
食材が新鮮だけにすっごく美味しいのだろうなーと
想像するだけでお腹がグーグーいいます。

こちらにもすごく似たお料理があるのを、以前、
コメントにも書いた記憶がありますが、
玉子とトマトとを使いますが、こちらは油はごま油で
炒める時に生姜もいれます。

イタリアではごま油はお料理に使ったりしますか?
台湾に来てからごま油の消費量がすごいです。笑。
Commented by milletti_naoko at 2022-07-19 21:05
草刈真っ青さん
円安の今、円で考えるとさらに、恐ろしく高いですよね。イタリアはもともと、お隣のフランスやスイスに比べて、ガソリンが高くはあったのですけれども。
Commented by katananke05 at 2022-07-19 21:49 x
ガソリン高くなりましたね、、
うちは買う時にディーゼル車をかったので その点だいぶ助かってはいますが、、
列車が運行時刻正確だと  使えますね〜
乗ってる間はのんびりできるし 外の景色もゆっくり楽しめますし〜
こちらももう結構前ですが
pasmoや suicaができて
乗り継ぎなど うんと楽になりました〜バスも使えますしね〜
Commented by milletti_naoko at 2022-07-20 04:33
のんさん、なんとだんなさまも鉄道がお好きで、お二人でよく利用されるんですね。日本では鉄道網が発達していて、電車も時間に正確ですよね。

イタリアでは、駅や電車のトイレが汚かったり、電車が時間に遅れたり、あるいはストがあったりといろいろ問題も聞いていて、あるいは自分でも経験して、つい敬遠していたのですが、必要に駆られて乗ってみて、バスにはない便利さがあるなあと思いました。

わたしも、働き始めて、構造上どうしても2階が恐ろしく暑くなる、確かエアコンは最初からついていたように思う教職員住宅に暮らすようになって、初めてエアコンを使いました。ここまで暑くなるとやはり、健康に過ごすためには、あると便利ですよね。
Commented by milletti_naoko at 2022-07-20 04:39
ririrouzuさん、確かにそういう感じですね。
できるだけたくさんウンブリア州を回ってくださいという切符なのですが、実際、切符のおかげで、こんな使い方をして、こんなところにも行けるなあなどと、旅の構想が広がったりします。
Commented by milletti_naoko at 2022-07-20 04:42
bondigirl333さん、こんばんは。
安くて新鮮でおいしいので、うれしい店です♪
いつか早くイタリアに再びお越しになれる日が早く来ますように。
Commented by milletti_naoko at 2022-07-20 04:51
ciao66さんは、ケーブルカーを利用されたことがおありなんですね! そうなんです。ペルージャにも似たようなガラス張りのエレベーターがあって、高野山のケーブルカーも思い出しながら、きっと眺めがいいだろうなあ、一度は乗りたいなあと思っていました。同じ州内でも、ペルージャはペルージャ市内、アッシジはアッシジ市内だけ友好のバスなどの切符を売っている場合が多く、船の切符売り場ではバスの切符が買えないなどということもあったので、一度買って刻印してしまえば、それで大丈夫というのは、時間と手間を考えても、便利だなあと思います。

楽しみにしてくださって、ありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2022-07-20 05:03
メイフェさん、そうなんです。ペルージャ市内であれば、同じ切符で電車もミニメトロもバスも、公共交通機関なら、刻印してから70分以内は乗り換えても利用できるのですが、アッシジに行くとまた、アッシジ市内用のバスの切符を買わなければいけなかったりして、意外と不便なので、この周遊切符はとても便利だと思います。

そうそう、電車が大幅に遅れて、困ったこと、わたしもあります。ただ、最近は車でも、特にペルージャ近辺は、時間帯や曜日にもよりますが、道路工事や事故なので渋滞で時間が必要以上にかかることもありますし、基本的にペルージャ周辺を走る電車は、ペルージャが州都でありながらマイナー路線で、他の遠い地域との間を結ぶ特急があまり走らないこともあって、走行区間が短く、他の路線との待ち合わせなどというのも少ないので、時間の遅れが生じにくいのかもしれません。

メイフェさんが教えてくださった、卵とトマトとごま油と生姜のレシピもとてもおいしそうなのですが、夫には邪道と言われそうなので、いつか一人のときに、こっそり試してみますね。もともとイタリア料理の食材ではなかったと思うのですが、最近は健康志向のためもあってか、有機のごま油がスーパーでも売っています。ほぼ透きとおっていて、日本で慣れたごま油と少し違うのですが、料理に使うと、だいたい行けるような。
Commented by milletti_naoko at 2022-07-20 05:08
katananke05さんもディーゼル車ですか。うちの夫の車もです。ただ、ディーゼル車にせよ、メタンガスで走る車にせよ、今回の戦争の影響で、イタリアではどちらの燃料も、ガソリンと同じくらい高くなってしまい、ガソリンスタンドによっては、ディーゼル車用の燃料の方が高いことさえあって、燃費がいいからと思った買ったのに、その恩恵が得られず困っている人が大勢います。

日本ではそういう便利なカードがずいぶん前から発達しているようですね。
Commented by uto2317 at 2022-07-20 17:39
 お寿司、美味しそうですね!
 イタリアは美味しいものがたくさんあって、いつも写真が素敵です。
 外国に住むということは、日本人にとって不便な事も多いと思いますが、
感動もたくさんあるのでしょうね。
 オルヴィエートという観光地は、初めて聞きましたが、美しくて可愛い街ですね。
Commented by milletti_naoko at 2022-07-20 19:04
utoさん、最近はイタリアでもスーパーで寿司が売られたりするようになりましたが、新鮮な刺身が、おいしくてお手頃価格で食べられる店が、車で1時間余りで見どころの多い町の近くにあるので、ありがたいです。

ありがとうございます。オルヴィエートは、古代遺跡も興味深く、町並みも風情があり、大聖堂も美しく、崖下を回るトレッキングコースもあるんですよ。
by milletti_naoko | 2022-07-18 23:56 | Umbria | Comments(16)