イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

8月も雪積もるモンブランで雪合戦 幻のシャクヤクが植物園に

8月も雪積もるモンブランで雪合戦 幻のシャクヤクが植物園に_f0234936_04404132.jpg
 ヴァッレ・ダオスタ州を友人たちと旅して、もっぱら登山を楽しんでいた2016年8月、ロープウェイでモンブラン(Monte Bianco、4810m)を、標高3446mの高みまで登りました。

8月も雪積もるモンブランで雪合戦 幻のシャクヤクが植物園に_f0234936_23425713.jpg
Nella vicinanza del Rifugio Torino (3,335m) 16/8/2016

 アルプスの山あいの町や歩いて登った山さえ暑い夏の日でしたが、標高3335mの山小屋から外に出ると、一面の雪が積もり、たくさん着込んでいてさえ寒いほどで、夫は友人と雪合戦を楽しんでいました。

8月も雪積もるモンブランで雪合戦 幻のシャクヤクが植物園に_f0234936_23551662.jpg

 ひどく暑い日が続くので、涼しい写真をと、このときの夏の雪景色をご紹介しようと、写真を見ていたら、

8月も雪積もるモンブランで雪合戦 幻のシャクヤクが植物園に_f0234936_23562534.jpg
Giardino Botanico Alpino Saussurea, Pavillon du Mont Fréty (2173m)

このとき訪ねた高山植物園で撮影した写真の中に、南ヨーロッパの山に自生するシャクヤク、ペオニア・オフィシナリス(学名 Paeonia officinalis、イタリア語名 peonia selvatica)の写真があったので、驚きました。

8月も雪積もるモンブランで雪合戦 幻のシャクヤクが植物園に_f0234936_23590483.jpg

 今年6月にシビッリーニ山脈では、すでに花の季節が過ぎていたので、残念に思ったその花が、標高2173mの高みでは、8月半ばにも咲いていたのです。そうして、その花をわたしも見たことがあったのです。

8月も雪積もるモンブランで雪合戦 幻のシャクヤクが植物園に_f0234936_00133799.jpg

 この高山植物園は、ロープウェイの乗り換え中継地点にあったので、ロープウェイが通っていくのを見ることもできました。

8月も雪積もるモンブランで雪合戦 幻のシャクヤクが植物園に_f0234936_00245288.jpg

 この日、わたしたちが乗ったロープウェイは、このSkyway Monte Biancoです。

8月も雪積もるモンブランで雪合戦 幻のシャクヤクが植物園に_f0234936_03433433.jpg

 ロープウェイ、スカイウェイ・モンテ・ビアンコの乗り場は、クールマイユール(Courmayeur、1300m)にあり、途中、パヴィヨン(Pavillon、2173m)で乗り換えて、エルブロンネル展望台(Punta Helbronner、3446m)まで登っていきます。

 わたしたちが乗った6年前は、切符売り場で購入したら、大人料金が往復48ユーロだったのですが、現在は、オンラインで購入すれば55ユーロ、切符売り場で買えば59ユーロと値上がりしています。(詳細はこちら

8月も雪積もるモンブランで雪合戦 幻のシャクヤクが植物園に_f0234936_03544132.jpg

 このクールマイユール駅(stazione di Courmayeur、1300m)で、長い列に並んで切符を購入し、ロープウェイに乗りました。駐車場前には順番を待つ車の長い列、駅の切符売り場の前にもやはり長い列があったので、男性陣は車に乗って駐車場への列に並び、わたしたち女性陣は、切符売り場に並んで切符を購入したように覚えています。

8月も雪積もるモンブランで雪合戦 幻のシャクヤクが植物園に_f0234936_04274150.jpg

 登りは、中継地点では乗り換えただけで、そのままさらに高みへと登っていきました。ロープウェイが360度回転しながら登っていくので、これまで登ってきた方向も、そして、前方に切り立つ岩壁や雪を頂く高峰も見ることができて、眺めがすばらしいです。

8月も雪積もるモンブランで雪合戦 幻のシャクヤクが植物園に_f0234936_04321892.jpg

 エルブロンネル展望台(Punta Helbronner、3446m)がある駅に到着すると、駅の下方に、トリノ小屋(Rifugio Torino、3335m)が見えます。わたしたちも、駅からエレベータで下り、長いトンネルを通って、このトリノ小屋に行って、食事をしました。

8月も雪積もるモンブランで雪合戦 幻のシャクヤクが植物園に_f0234936_04404132.jpg

 けれども、駅に着いてすぐに、まず直行したのは、エルブロンネル展望台です。四方の見晴らしがすばらしく、モンブラン(Monte Bianco、4810m)の頂上の前で、皆で記念撮影をしました。

 山頂はしばしば雲に隠れたのですが、このときは少しだけ白い山頂が見えていました。夫のフリースジャケットの胸にあるピンクの三角形の上の方に、雪に覆われたモンブランの山頂が写っています。

8月も雪積もるモンブランで雪合戦 幻のシャクヤクが植物園に_f0234936_04494361.jpg
Vetta del Monte Bianco (4810m)

 ちょうどこの前日に、山を登って、モンブランの山頂が間近に見えるはずの場所まで歩いたのに、山頂が雲に隠れて見えなかったので、この日こうして見ることができて、うれしかったです。

8月も雪積もるモンブランで雪合戦 幻のシャクヤクが植物園に_f0234936_04561127.jpg

 エルボンネル展望台からはまた、ロープウェイの駅とその左手にあるトリノ小屋はもちろん、前方の渓谷や雪を頂くアルプスの山並みも、見ることができました。

8月も雪積もるモンブランで雪合戦 幻のシャクヤクが植物園に_f0234936_04593785.jpg

 昼食には、ポレンタを添えた肉料理を食べました。

 冒頭2枚の写真は、トリノ小屋での昼食のあと、雪の山をしばらく歩いたときに撮影した写真です。上から2枚目の写真で、前方に見える建物はトリノ小屋で、このときわたしたちは、短い散歩と雪合戦を終えて、まずは小屋へ、それから駅へと戻っているところでした。

8月も雪積もるモンブランで雪合戦 幻のシャクヤクが植物園に_f0234936_05041132.jpg

 そうして、駅で順番を待って、ロープウェイに乗り込み、360度の風景を楽しみながら中継地点、パヴィヨン(Pavillon)に戻り、帰り道には駅の周囲を歩き、近くにあった高山植物園で、シャクナゲやエーデルワイスなど、アルプスに咲く花を見ながら、散歩しました。それから、ロープウェイでクールマイユールまで戻り、モンブランでの冒険が終わりました。アルプスの緑の山で、花や風景を楽しみながら歩きたいと考えたわたしは、ロープウェイでのモンブラン行きには反対だったのですが、提案してくれた友人のおかげで、いい思い出がまた一つできました。

 旅行が数日にわたると、旅行中も帰ってからも慌ただしいので、まとまった旅行の記録を書く余裕がなく、このモンブラン訪問も、時々言及はしていたものの、きちんとご紹介できずにいました。今回の記事も、忘れかけていることも少なくない中、旅行中に撮った写真を見て、こちらの記事やロープウェイ、Skyway Monte Biancoのサイトを参照にしながら、思い出して、ようやく書くことができました。このときは、たとえば植物園などでも、他にもたくさん写真を撮っているので、また機会をとらえて、ご紹介できればと考えています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:6月1日は写真の日
by milletti_naoko | 2022-07-23 23:59 | Valle d'Aosta