イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

カステッルッチョ 高原の花と観光に響く猛暑・水不足

 シビッリーニ山脈の高みにあるカステッルッチョの高原は、夏は、ヒナゲシやヤグルマギクなどの野の花が彩る様子が、冬は雪景色が美しく、また春には水仙の花が咲き、秋と共に山歩きがしやすい季節であることから、夫とつきあい始めた18年前から、しばしば訪ねています。



 一面に咲く花が美しい時期に訪ねるのを、いつも楽しみにしていたのですが、近年は、高原の野の花が美しい季節になると、感染下で野外で過ごそうと考える人も多いためか、あまりにも大勢が訪れて、環境汚染が問題になるほどであり、路上駐車の車の列が延々と続き、渋滞でなかなか目的地に近づかないというほどの混雑ぶりとなってしまっていました。

カステッルッチョ 高原の花と観光に響く猛暑・水不足_f0234936_22331886.jpg
Piani di Castelluccio, Norcia (PG),Umbria 18/6/2021

 そのため、3年前から、わたしたちは、ヒナゲシが咲き始めて観光客でにぎわうその季節は避けて、その前後、あるいは天気がひどく悪いときに、カステッルッチョに行くようになりました。

 去年6月に訪ねたときには、ウンブリア州側の高原、ピアン・グランデ(Pian Grande)では、ヒナゲシは路傍にあるばかりで、畑一面に黄色い花が咲いていたのですが、こういう風景もまたきれいです。

カステッルッチョ 高原の花と観光に響く猛暑・水不足_f0234936_22451564.jpg

 高原の中に島のように浮かぶ丘の上に建つのが、カステッルッチョ・ディ・ノルチャ(Castelluccio di Norcia、1452m)の村です。

カステッルッチョ 高原の花と観光に響く猛暑・水不足_f0234936_22464044.jpg

 幸い、マルケ州との州境近くには、もう咲き始めたヒナゲシやヤグルマギクの花もありました。

カステッルッチョ 高原の花と観光に響く猛暑・水不足_f0234936_22480230.jpg
16/7/2021

 去年は、高原での収穫が終わって、花がほとんど見られなくなってからも、カステッルッチョの高原に戻ってみました。

カステッルッチョ 高原の花と観光に響く猛暑・水不足_f0234936_22501180.jpg

 まだヤグルマギクの花が残っていて、一面の青紫色が美しい畑もあったので、

カステッルッチョ 高原の花と観光に響く猛暑・水不足_f0234936_22511777.jpg

このときは、その花の近くを通る道を歩きました。

カステッルッチョ 高原の花と観光に響く猛暑・水不足_f0234936_22515941.jpg

 今年の夏も、花の季節が過ぎた頃に訪ねたいと考えていたのですが、そうしたら、夫がテニスの試合やいとことの登山で疲れていたり、友人を訪ねて山に行ったり、そうして、わたしの方もちょうどその頃に急に仕事が入って慌ただしくなったりしたために、結局行けずじまいとなってしまっています。

 6月終わり頃、花がちょうど美しい頃に、カステッルッチョに行きたいと思いつつ、人が多かろうと避けていたため、行き損なったわけなのですが、ところが、先日、地方ニュースを聞いていて驚きました。

 今年はカステッルッチョの高原では、雨が降らず晴れた日が続いたために、花が例年ほどにはきれいに咲かずに終わってしまい、しかも猛暑であるために、観光客がひどく少なかったと、村の店の人たちが語っていたのです。2千メートルを超える高峰に囲まれていても、高原自体の標高は1350mで、日が高いと高原には日陰がまったくないために、30度を超える日が続いたようです。今日も、ペルージャでの最高気温が34度、カステッルッチョの最高気温が33度ですから、同じくらい暑くなっています。




 周囲に眺めも花も美しい登山道もいくつかありますので、そのニュースを聞いて、またできるだけ早く、カステッルッチョを訪ねてみたいと、そう思いました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:5月16日は旅の日
by milletti_naoko | 2022-08-02 23:18 | Umbria