イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

マンモスと噴水と夕焼けをラクイラで

マンモスと噴水と夕焼けをラクイラで_f0234936_04304387.jpg
 昨日、土曜日に、グラン・サッソの高みにある山の村を下って、ラクイラ(L'Aquila)に到着しました。いつもの郊外の宿に泊まると、宿の人が、今なら特別に、マンモス展があって、再建中で入れない城の一部に入ることができると、教えてくれました。

マンモスと噴水と夕焼けをラクイラで_f0234936_04415254.jpg
Mammut del Castello, L'Aquila, Abruzzo 7/8/2022

 幸い、第一日曜日で、入場料も無料とのことで、今朝さっそく訪ね、同じ入場券で入れると聞いた駅近くのアブルッツォ国立博物館にも行きました。

マンモスと噴水と夕焼けをラクイラで_f0234936_04300402.jpg
Fontane delle 99 Cannelle, L'Aquila, Abruzzo

 博物館自体は興味深いものの小さかったのですが、そのすぐ近くに夫が以前からずっと訪ねたがっていた99の噴射口の噴水(Fontane delle 99 Cannelle)があり、

マンモスと噴水と夕焼けをラクイラで_f0234936_04302477.jpg

思いがけず、ようやく見ることができました。

マンモスと噴水と夕焼けをラクイラで_f0234936_04304387.jpg
Piazza Duomo, L'Aquila, Abruzzo 6/8/2022

 昨日は夕方、宿でしばらく休んでから、久しぶりにラクイラの中心街を歩くと、夕日に燃え上がる雲がとてもきれいでした。

 日曜で平地は暑くなりそうだった今日は、宿の人が進めてくれた遠方の森を、ダム湖から歩いて食事もできる山小屋まで行くはずが、

マンモスと噴水と夕焼けをラクイラで_f0234936_04313647.jpg
Lago di Provvidenza (1068m), L'Aquila, Abruzzo 7/8/2022

最初は登山口を通り過ぎて、かなり先まで行ってしまいました。引き返して登山口まで車で戻ると、駐車場がないので、山道をしばらく車で進み、ようやく駐車できる場所を見つけて歩き始めたら、夫が財布を車に忘れたと言います。そこで、雷が鳴り始め、雨もぱらつき出したので、すぐに引き返すと、雨がどしゃ降りになりました。

 それで、見つけたバールでハンバーガーを食べて、宿に戻り、今も雷鳴がとどろいていますし、疲れもたまっているので、休憩中です。

マンモスと噴水と夕焼けをラクイラで_f0234936_04321663.jpg
Lago di Campotosto, Mascioni, Campotosto (AQ), Abruzzo

 昼食を食べたバールの近くの展望台から見えた背の高い木に、

マンモスと噴水と夕焼けをラクイラで_f0234936_04324051.jpg

運動靴がいくつも吊り下げられていて、不思議でした。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

Commented by nonkonogoro at 2022-08-08 09:40
マンモスの化石?
再現されたものかな?
すごく大きいのですね。

靴を木に吊るす~
不思議な光景だなと思って 検索したら
二つ 出てきました。

「シュートゥリー」
亡くなった人を慰める

「シューフィティ」 shoefiti
アメリカ発
電線に たくさんの靴がぶら下げてある画像が
アップされていました。

木にしても
電線にしても
一体どうやって ぶら下げるのでしょうね。。。

Commented by katananke05 at 2022-08-09 09:41 x
マンモス、、この辺りで出た骨でしょうね〜 でっかいですね〜

99の噴出口もこれは ローマ時代のもの??すごい建築物です〜
最後の運動靴
こんな高い木に どうやって吊り下げた?
何か意味があるのでしょうか、、
Commented by milletti_naoko at 2022-08-11 06:17
のんさん、このあたりで見つかった骨を補強したりもして再現したマンモスです。アブルッツォの隣にあるモリーゼ州でも、数年前にマンモスの化石の像を見たことがあるのですが、それと比べてもはるかに大きいので、大きさに驚きました。

この靴、夫は、わたしたちがいた展望台から、誰かが放り投げて木に引っかけたのだろうと言うのですが、それも難しそうですし、登るのも大変そうです。いったいどうやって、なぜ靴をかけてあるのか、木になるところです。世界にはいろいろな意図から靴を木に下げるところがあるのですね。
Commented by milletti_naoko at 2022-08-11 06:22
katananke05さん、そうなんです。この辺りで発掘された骨から組み立てたそうです。わたしたちも、大きさに驚きました。

噴水は中世、13世紀に造られたもので、噴射口が99ある理由もとても興味深いので、またいつか機会をとらえて、詳しくご紹介できたらと考えています。

運動靴、不思議ですよね。しかも、広場に立つ一本の木ではなく、ごちゃごちゃと他の木々の間に、展望台の下方に立つ高い木なのですもの。
Commented by sunandshadows2020 at 2022-08-11 14:08
運動靴を電線に吊るすのは良く見るこちらです。
単なるお遊びで靴の紐を結んで放り投げうまく電線に引っ掛けたらどうかと言うことかなと思っていましたが、特別な意味があるのでしょうか?
急に気になり出しました。
明日隣人に聞いてみます。
Commented by milletti_naoko at 2022-08-11 15:55
お転婆シニアさん、アメリカでは電線に吊るすんですね! 危険がないかしらと、そういう心配があるようにも思うのですが、電線にかかったままの靴をあちこちで見かけられるということは、そういうことはないのでしょうね。

お隣の人のお返事、楽しみにしています。
by milletti_naoko | 2022-08-07 23:50 | Abruzzo | Comments(6)