イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

遠来の友とペルージャ中心街へ

 スイスとの国境に近いコモから訪ねてきてくれる友人たちと、今日は久しぶりに再会し、トーディの義弟夫婦ともいっしょに、皆でペルージャ(Perugia)の中心街で、食事を共にする予定です。

遠来の友とペルージャ中心街へ_f0234936_23150158.jpg
Perugia, Umbria 17/8/2022

 写真は、先週水曜日に、ミラノから来た友人たちと久しぶりに出会い、イラン料理を楽しんだ晩に撮影したものです。夜明かりに照らされた大噴水(Fontana Maggiore)プリオーリ宮殿(Palazzo dei Priori)がとてもきれいでした。

遠来の友とペルージャ中心街へ_f0234936_23195118.jpg

 コモの友人たち姉妹の家族も、夫の家族同様に、かつて長い間、夏になればリミニの北方にある同じ浜辺で、海での休暇を楽しんでいたため、30年以上前に知り合って以来、共に夏の日々を過ごすことが多かったのだそうです。そのため、今になっても、コモの友人たちがイタリア中部・南部を旅行するときには、こんなふうにペルージャに立ち寄ってくれて、いっしょに食事やおしゃべりを楽しむことが時々あります。

遠来の友とペルージャ中心街へ_f0234936_23253040.jpg

 皆がそんなふうに、人とのつながりを大切にしていることが、すばらしいと思います。

遠来の友とペルージャ中心街へ_f0234936_23264900.jpg

 友人の一人がセリアック病で、「この三つのレストランなら安心して食べられる」と書き送ってきたペルージャ中心街の店、三つの中から、ここがよさそうだという店を選んで、今夜は皆で食事をします。

遠来の友とペルージャ中心街へ_f0234936_23292601.jpg

 初めての店で、値段が張るかもしれないという心配の声も聞きますが、なかなかおいしそうなので、楽しみです。実は、リミニの夫の親友のお兄さん夫婦も、今トラジメーノ湖畔を旅行中で、そのため、今夜はこの二人ともいっしょに食事をすることになるかもしれません。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

Commented by cut-grass93 at 2022-08-26 08:02
聴いたことのない病名なので調べたら一種のアレルギーみたいなものですね。いろいろな病気があるものです。

歴史的なスゴイ建物が並んででいますね。
素晴らしい。
Commented by meife-no-shiawase at 2022-08-26 13:04
以前のコメントにも書きましたが、20代の若い頃に
イタリア旅行をしてコモ湖ほとりのホテルに宿泊しました。
あの美しさが今も忘れられません。
コモに住んでいらっしゃるなんて素敵だわ~♪
トラジメーノ湖もそうですが、やはり湖のあるところって良い所がいっぱいですね♪

お写真の建物すごく面白いですね。
窓の形がオシャレ♪こういう建物を見て歩くだけでもあっという間に時間が過ぎそうです。
Commented by milletti_naoko at 2022-08-27 05:44
草刈真っ青さん、近年では小麦粉にグルテンが占める割合が増えてきたことも原因であるようですが、こちらは小麦粉が食事に占める割合が多く、時には食べる物が命に関わることさえあるようで、大変だと思います。

数百年前から変わらぬ建造物や町並み、紀元前から建つ城壁や門を、こんなふうに身近に見られること、ありがたいですよね。
Commented by milletti_naoko at 2022-08-27 05:55
メイフェさん、なんとコモ湖のほとりのホテルに泊まられたことがおありなんですね! わたしも初めてイタリアを訪ねたとき、船でコモ湖を観光したことがあるのですが、ほとりの宿なら風景を愛でる機会もきっと多かったことでしょう。すてきな思い出ですね♪

中世の頃、自治都市となったペルージャの政治の舞台だったプリオーリ宮殿が、今もこうして町にあって、市役所や国立美術館として使われていて、美しい装飾を町を歩きながら楽しめるのですから、ありがたいですよね。
Commented by harupita at 2022-08-27 14:03
naokoさん

こんにちは💛


私も思わず病名から検索したら
こちらでも同じような症状の人のことを
聞いたことがありました。

グルテン、、パスタ、パン確かにイタリアでも日本でも
良く食べますから、気をつけないといけないので
お店もきちんと考えてその中から
行かれたのですね。

確かに夜の照明の灯された宮殿や噴水は
美しさも雰囲気もアップですね。

30年以上も友情が続き
食事や、お喋りたのしめるのは
素敵な事ですね。

人との繋がり、もともとそこまで濃くなかったのに
コロナになってさらに希薄になった気がします。

イタリアは人と人の心の距離が
近いように感じます。
Commented by milletti_naoko at 2022-08-27 20:48
葉流さん、こんにちは。
日本でもパンやパスタなど、小麦粉を使った食べ物を口にする機会が増えてきているために、日本でもこういう症状に苦しむ方が出てこられているんですね。

同じ場所でも時間帯によって見せる表情がかなり違ってきて、夜照明に照らされると、とりわけ美しいなあと感嘆しました♪

感染下になってから、会うことや移動することが難しい時期が続いただけに、今はなおさら、その分も取り戻すかのように、久しぶりに会う機会が増えているように思います。
by milletti_naoko | 2022-08-25 23:35 | Umbria | Comments(6)