イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

秋の幸甘くとろとろ日本の味熟した渋柿

 今朝のわたしの朝食は、懐かしい日本の味。

秋の幸甘くとろとろ日本の味熟した渋柿_f0234936_18113831.jpg

 柿の実を半分に切って、スプーンですくって食べました。甘くとろとろになった実がおいしかったです。

 渋柿が、十分に熟すと甘くなり、こうしておいしく食べられることを、わたしはイタリアに来て初めて知りました。熟すまで待っていると、鳥などがつついてしまうからと、まだ青いうちに収穫して、りんごといっしょに袋に入れておくと、赤く熟して柔らかくなるということも、義父母から聞いて、初めて知りました。今朝のこの写真の柿は、夫が同僚からもらったもので、義父はもう少し柿がオレンジ色に色づいてから摘んでいるように思います。


 近年でこそ、柿の実がスーパーなどの店頭に並ぶようになったものの、イタリアでは今も柿を、もっぱら観賞用に町や庭に植えてあるところも多いようで、晩秋から冬は、出かけた先でこんなふうに、すっかり熟したオレンジ色の柿の実がたわわに実っているのに、収穫されて食べられることもないのを見て、もったいないなあと思うことも少なくありません。上の記事の写真の柿は、オルヴィエートで2019年の12月半ばに撮影したものです。

 そうして、近年になって食卓に上るところが増えてきたためか、柿のイタリア語名を、間違ったままに呼んだり書いたりしているのを、聞いたり見たりすることが時々あります。イタリア語には、日本語名から外来語として入ったため、イタリア語では柿を、cachiあるいはkakiと言い、外来語から入った他の多くの名詞と同様に不変化で、単数形も複数形も同形です。



 一方、イタリア語では、名詞の語尾が-iとなるのは、単数形が-oである男性名詞の複数形である場合が圧倒的に多いのです。例えば、日本でもご存じの方が多いと思われるバーチチョコレートの名は、「キス、口づけ」を意味するイタリア語、bacioから取られているのですが、口づけもバーチチョコレートも一つであれば単数形なので、bacioですが、二つ以上になると複数形となり、baciとなります。おっと、これは-oが-iとなる代わりに、-iが落ちる数少ない例でした。



 生クリームを間にたっぷりはさんだマリトッツォは、今でも日本で人気があるのでしょうか。このマリトッツォも、イタリア語では男性名詞で単数形はmaritozzoなのですが、複数形では語尾が-oから-iに変わってmaritozziとなります。



 そうして、cachiは日本語から入った外来語なので、単複同形であるにも関わらず、まだまだ新しい言葉できちんと定着していないために、男性名詞で複数形がcachiだから、単数形はcacoだろうと思って、そう言ったり書いたりしてしまう人が今もいるのです。つい先日、シチリアで柿を栽培する農家の方が、cacoと言っているのをテレビで見て、驚いていたところです。

 何はともあれ、今日は朝から、おいしい柿を食べることができて、うれしかったです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:秋の食材
by milletti_naoko | 2022-10-01 18:54 | Gastronomia